INFORMATION試合情報

2022明治安田生命J3リーグ第21節
ギラヴァンツ北九州
VS
松本山雅FC

2022.8.21SUN18:00

ミクニワールドスタジアム北九州

HOME

試合終了

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

-

前半

後半

-

松本山雅FC

松本山雅FC

 

  • スタジアム
  • 入場者数
  • 天候/気温/湿度
  • 主審
  • 副審
  • 第四の審判員

MEMBERメンバー

REPORT試合経過

DATAデータ

COMMENT監督コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

[試合総括]
相手はルカオ選手と横山選手という強力な2トップがいて、そこを起点に堅い守備からカウンターを狙ってくるというチーム。後ろから意図的に繋いでくるというよりは、長いボールを蹴り込んでそこのセカンドボールからのクロスなどの攻撃、あとはセットプレーというところで、結果的に後半にセットプレーでやられたのは非常に残念でした。 今日は先発メンバーを前節と入れ替えたんですけど、選手達は力を出し切ってくれたと思っています。5バックでカウンターを狙っている相手を、カウンターをケアしながら崩すというのはなかなか大変な作業ではありながら、そこにチャレンジをして意図のあることを選手達はやってくれたと評価しています。前半は攻撃の時のバランス感覚が少し悪かった為に決定的なカウンターをいくつか食らってしまったというのは反省点ですが、加藤(有輝選手)を中心に守ってくれました。

後半は攻撃のバランス面を整えリスクを管理しながら、相手の守備網を破って行こうということで送り出しました。選手も代えながらパワーアップしていきましたけど、なかなか決定的なところまでは行けなかったと思っています。ただ、選手達は意図があることをやり続けてくれているので、そこの精度を上げることをやっていかなくてはいけないですし、相手を破るところの質の向上、失った後の切り替えの精度、そういうところをまたトレーニングから取り組んでいきたいと思います。ただセットプレーでの失点というのは非常に残念なところで、ファーの折り返しからの失点という警戒してトレーニングをしていた中で、結局スペースを空けてしまっている選手がいるということで、そこは問題点かなと思います。
ただ、選手達はチームとして共有したことを最初から最後まで諦めずにやってくれたし、そこは評価したいと思うので、次の長野戦に向けてもう1度一丸となって頑張っていきたいと思います。

Q:今日はギラフェスということで、その中で勝利したかったと思います。

A:暑い中たくさんの方に今日は集まっていただいて、良い雰囲気を作っていただいたことにすごく感謝しています。なんとか我々が一丸となって相手を倒しにいくところ、実際に倒すところを見せたかったんですけど、見せられなくて非常に申し訳ないと思っています。先ほども言いましたけど、選手達は目指したことを一生懸命やってくれたのでそこは次に繋げていきたいと思っています。引き続き応援して頂けるとありがたいです。今日は本当にありがとうございました。

Q:上形洋介選手と藤川虎太朗選手の縦関係のコンビネーションについてはいかがですか?

A:上形は相手の3バックのギャップに対して非常に鋭いランニングをして裏に起点を作ってくれていたと思うので、あそこは狙い通りで非常に良いプレーだったと思います。藤川に関しては、上形が背中を取りに行ったところをサポートしに入って、右サイドの攻撃によく絡んでいて2人とも非常に効果的だったと思っています。その流れの中で、後半に新しい組み合わせの髙澤(優也選手)と前川(大河選手)に対しても同じタスクを与えて、左サイドに藤川を持っていったという流れでした。意図を持ってトレーニングしたことを選手達はやってくれたと評価しています。

COMMENT選手コメント

PLAYER

加藤有輝Yuki KATO

18

松本の選手も前節の失点のシーンは見ていると思いますし、ああいう失点があったからミドルシュートも打ってきて、そこは自分の中でも理解して慌てずに対応できたと言うか、弱い姿を見せたらそこで押し込まれていくので、カウンターを食らってもディフェンスも対応してうまくコースを限定してくれていましたし慌てずに対応できました。立ち上がりの1本目をセーブできたのもあったので、試合には落ち着いて入れたかなというのはあります。

前節の失点を引きずらないかと言ったら、人間ですし切り替えられない時もありましたけど、週初めの練習になったら切り替えて、1週間良い準備ができました。それに、ああいうプレーをした中でも自分を使ってくれた監督・キーパーコーチの為にではないんですけど、信頼してくれて使ってくれているので、そういったことを理解しながらいつも通り自分のプレーをすれば問題ないと思っていました。
相手のセットプレーはやっぱり怖いというのはあったので、自分自身ももうちょっと中のメンテナンスや、1本目のクロスに対して飛び出す、飛び出さないの判断を映像で見直して、自分のキーパーボールじゃないかなという反省もあったので、そこは積極的にやっていかないといけないところです。自分のスタートポジションとディフェンスラインの高さというところは、もう少し工夫してやっていけたら良いかなと思います。

PLAYER

上形洋介Yosuke KAMIGATA

18

前半で潰れるくらいの気持ちで立ち上がりにチームに勢いをつけたかったので、ハードワークをしてあわよくば点も取りたかったんですけど仕留めきれなかったので、そこは反省したいです。
攻守にわたって僕自身がスイッチを入れると言うか、攻撃の始まりでもあるし守備の始まりでもあるので、そこを意識しました。あと前半は特にゴール前まで押し込んだシーンがあった中で、パスの出し手とのタイミング、相手は高さもあったので相手の前でもっと触るような意識が少し足りなかったかなと思います。

カウンターで何度かピンチを作られたんですけど、僕達もそのリスクを負って前半はハードワークをしようという話をしていたので。ピンチはありましたけど、僕達にもチャンスはありましたし、そういった中でどちらに点が入ってもおかしくないような展開でしたけどスコアレスという形になったという感じです。守備のところはカウンターのところの修正。攻撃も押し込んだ中でそこからもう1つエネルギーを出して行こうということを話していたんですけど、それが結果に結びつかなかったのは悔しいです。

自分の長所を出せた中でしたが、求められていたのはゴールだと思うしチームの勝利だと思うので、結果的に敗戦してしまい、僕自身も点を取ることができなかったので、今日のプレーをベースにしながらしっかり数字を残せるようなプレーをしていきたいと思います。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

HIGH LIGHTハイライト