INFORMATION試合情報

2022明治安田生命J3リーグ第17節
ギラヴァンツ北九州
VS
FC岐阜

2022.7.17SUN18:00

ミクニワールドスタジアム北九州

HOME

試合終了

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

-

前半

後半

-

FC岐阜

FC岐阜

 

  • スタジアム
  • 入場者数
  • 天候/気温/湿度
  • 主審
  • 副審
  • 第四の審判員

MEMBERメンバー

REPORT試合経過

DATAデータ

COMMENT監督コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

[試合総括]
岐阜さんは個人として力のある選手が揃っていて、横山監督に変わられてから7戦負けなしで来ていました。ただ直近の2試合で負けているということで、今日は相当な覚悟で我々のホームスタジアムに来るだろうなと予想していました。我々も最近は試合内容と結果がついてきた中で、今日は是非とも勝ちたい。前半戦ラストの試合で勝って後半戦に向かうということで準備してきたゲームでした。

1点目はPKで得た点ですけど、狙っていたことがしっかり出たシーンで、相手の左の裏の背後をついてPKを取った良い得点だったと思います。その後も相手の中盤が結構空いていて、我々のプレーの質が伴っていればもう少し点数が取れたり決定的なチャンスを作れるかなと見ていたんですけど、そこの質が足りなかった部分がありました。失点シーンは一瞬の隙でボランチから田中選手への1発のパスで取られたようなシーンだったので、もったいなかったです。その後選手が慌てた部分もありましたけど、ハーフタイムにもう1回自分達の狙いを共有して入りました。

2つ目のPKのシーンは残念ながら外してしまったんですけど、あれも意図通りに左サイドに進行してPKを取ったシーンなので、意図がある選手たちのプレーが見られたかなと思っています。PKを外してしまい嫌な流れになりかけたんですけど、選手達がしっかり最後まで走ってやるべきことを遂行した中で、2点目は左サイドの乾がインターセプトしてショートカウンター。これも狙い通りで、今日はカウンターを繰り出して得点をするということも1つの狙いだったので、素晴らしい得点だったと思います。途中から出た選手がチームにパワーを与えてくれて、ゴール前の厳しいシーンもありましたけど体を投げ出して守るところも、すごく逞しくなってきたと思っています。
この勝利をしっかり次につなげるべく、次は藤枝、その次に沼津。前半戦で僕らが悔しい思いをした相手なので、今選手にも話しましたけどここを勝って自分達の勝点を伸ばしていけるように頑張っていきたいと思います。
そして、今日は暑い中、サポーターの皆さんもたくさん来てくれて後押ししてくださったことをすごく感謝しています。ありがとうございました。

Q:前半戦を振り返ってください。

A:結果的に5勝7敗5分で、十分な勝点は実際には得られていないと思うし、期待には応えられるような前半でなかったことは間違いないです。ただ勝てなかった苦しい時期をしっかりチームがバラバラにならずに乗り越えて力をつけてきた結果が、最近の結果だと思っています。この結果をもって後半戦に逆襲できるように、全てのチームの中で後半戦に1番勝点を取れるチームになるように努力していきたいです。サポーターの皆さんの期待に応えられるように、皆で喜べるように頑張っていきたいと思います。

Q:最近はシュートまで行けるシーンが多いですが、1番の要因は何ですか?

A:やっているコンセプト自体は大きくは変わっていなくて、実際に開幕してから今治戦まではよい流れでした。そのあと少し負けが込みましたが、あの辺りも実際には良い攻撃ができていてチャンスで決められないという試合が何試合かあったと思うんですよね。あのあたりで点が取れれば上手くやれたと思うんですけど、点が入らないことで自信をなくしたり悪循環に入ってしまったところがあります。そこからメンタル的なところも含めて修正して質の向上を図り、今の状態になっていると思っています。 コンセプト自体は変わっていないし、選手達がより相手を見えるようになってより良いスペースを突けるようになってきたとか、そういう変化だと思います。選手達が自信を持ってやり出しているということが1番大きいのかなと思っています。やっぱり積み上げが大事なので、もっともっと質を上げて魅力的なものにしたいと思っています。

COMMENT選手コメント

PLAYER

前川大河Taiga MAEKAWA

18

Q:今日の試合を振り返ってください。

A:僕がPKを外してしまって苦しい展開になりましたけど、全員で良い試合ができたと思います。1点取って取られてという展開でしたけど、諦めず全員がハードワークをして良いゲームになったのかなと思います。

Q:前半戦を振り返っていかがですか?

A:良い時も悪い時もありましたけど、前半戦の最後の方は後半戦に繋がる試合ができたかなと思います。段々調子も良くなってきていますし、このまま自分達のサッカーを続けていければ結果もついてくると思うので、このまま続けて全員でやっていければと思います。

PLAYER

佐藤 亮Ryo SATO

18

Q:今日の試合の振り返ってください。

A:前半戦ラストを連勝で締めくくって後半戦に勢い持って入ろうという中で、うまく勝ち切れました。苦しい時間帯もありましたけど、チームとして耐えてチャンスをしっかり決めて勝つことができたので、後半戦に勢いをもたらす勝利だったと思います。

Q:得点シーンを振り返ってください。

A:チームとして奪った後に前に行くというのは意識としてあったので、その中で自分は結構開いて受けるポジションだったんですけど、どうしても点を取りたかったし時間がない中で自分がゴール前に入っていけば得点のチャンスは増えると思っていました。それがうまく自分の感覚とマッチして池髙選手から良いボールが来たので、それをゴールに結びつけられて良かったと思います。

Q:前半戦を振り返っていかがですか?

A:前半戦は本当にもどかしい試合も不甲斐ない試合も多かったですし、その中でチームとしてうまく形が見えてきた前半の終盤戦。それがうまく形になってきている今、勝ち切る事も出来ているので、後半戦に継続させていかないといけないと思います。チームでもう1回競争をしながら、怪我人も少し出てしまっていますが、できる選手が最大限チームのために尽力するということを徹底して、また明日からやっていければ後半戦はもっとよい形で試合が出来ると思うので、そこを自分も含めてチームに浸透させられたらと思います。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

HIGH LIGHTハイライト