INFORMATION試合情報

2022明治安田生命J3リーグ第14節
ギラヴァンツ北九州
VS
カマタマーレ讃岐

2022.6.26SUN18:00

ミクニワールドスタジアム北九州

HOME

試合終了

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

-

前半

後半

-

カマタマーレ讃岐

カマタマーレ讃岐

 

  • スタジアム
  • 入場者数
  • 天候/気温/湿度
  • 主審
  • 副審
  • 第四の審判員

MEMBERメンバー

REPORT試合経過

DATAデータ

COMMENT監督コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

[試合総括]
4月3日の今治戦を最後に、長く勝利から遠ざかり、その中で選手達は勝つためにもがきながら頑張ってきたというところです。ファン・サポーターの方々やスポンサーの企業の皆様、地域の皆様にも悔しい思いや残念な思いを長くさせる事になってしまったんですけど、今日1つの勝利を得ることができてすごく嬉しく思っています。勝てない時期にもいろいろなゲームがあったんですけど、選手達はブレることなく1つの方向性の中で厳しいトレーニングを積んできてくれたので、以前の我々よりもだいぶたくましく強くなった状態で、今日の1勝を飾れたんじゃないかなと思っています。

ゲームの内容としては、讃岐さんは攻守において組織的でハードワークをするチームで、パスワークも非常に素晴らしいものがありますし、プレッシングに関しても組織的にかけてくるということでそれに対して準備をしてきました。選手達はすごく落ち着いて相手のプレッシャーを外しながら前進してくれたと思いますし、記録的にシュート数は少なかったかもしれないですが相手のプレッシャーをかいくぐり、1点目のシーンは相手の守備組織を分解して最後は相手のキーパーと2対1になるところまで崩したというのは素晴らしかったと思います。欲を言えば2点目を取って突き放す形ができれば良かったんですけど、そこまでは至らなかったです。後半に関しては1点負けている讃岐さんが前にどんどんプレッシャーに出てきたり、攻撃的になってきたりしているところをもう1つかいくぐって追加点を取れたら、すごく力のあるチームと言えるだろうなと思いますけど、まだそこには及ばなかったです。押し込まれる時間もありましたけど、守備も最後まで粘り強くできましたし、0点で抑えて1-0で勝てたというのは次に繋がるゲームだったと思います。
次は上位の鹿児島戦、天皇杯で負けていますしその悔しい思いもありますから、勝ってホームで2連勝できるように準備していきたいと思います。

COMMENT選手コメント

PLAYER

六平 光成Mitsunari MUSAKA

18

Q:試合を振り返って。

A:前半は入りが良くて先制点も取れて、その後に少し守りに入っちゃった訳ではないんですけど少し押し込まれて流れを戻してしまったのはもったいなかったし、そこで相手にまた自信をつけさせてしまったのももったいなかったと思います。後半も入りが良くて、最初に抜けてチャンスを作れそうなところもあったし、ラストのところでもう少しできればもっとチャンスになりそうなシーンもあったので、もっと精度を上げて追加点が取れるように次はやりたいです。ただ、皆でしっかり0点に抑えて勝てたのは本当に良かったなと思います。

Q:先制点を奪ったシーンはチームとして狙っていた?

A:立ち位置的に数的優位を中盤で作れるという話で、そこでうまく(前川)大河のヘディングが(髙澤)優也に渡ったタイミングで相手の守備が崩れているのは分かっていたので、後はタイミングよく走って抜けてという感じで、本当に良かったです。

Q:六平選手と永野選手は前節からボランチを組んでいますが、うまくやれているという感覚もあるのでは?

A:距離感も良くやれていますが、もっと良くなると思うし、もっとできることもあると思います。さらに関係性を良くできれば、もっとポンポン間に入ったり、安定して回せるようになるかなと思います。

Q:サポーターの方にメッセージをお願いします。

A:次もホームでできますし、連勝することがすごく大事です。また勝てるように頑張るので、引き続き応援をよろしくお願いします。

PLAYER

佐藤 亮Ryo SATO

18

Q:今日の試合を振り返って

A:本当に嬉しい気持ちと、やっと勝てたという安堵の気持ちでいっぱいです。ここ最近先制点が取れていなかったので、チームとして先制点を何としても取ろう、前半で先制点を奪って自分達の試合運びをしようと試合前に話していました。それがうまく実現できて、1点しか取れなかったですけど、その1点をチーム全員で守り抜いてやっと掴んだ勝利だったので、本当に嬉しかったです。

Q:先制点のシーンを振り返って

A:ディフェンスラインからうまく繋いで、シンプルだけど技術が詰まった繋ぎから全員が足を止めることなく走り抜いて、最後は六平選手から決めるだけのボールを頂いたので、後はゴールに流し込むだけでした。あそこまで信じて走っていけたので、それがゴールに繋がって良かったかなと思います。

Q:無失点での勝利も大きかったのでは?

A:やはり点を取った後にどうしても構える時間が多かったので、そこはチームとして改善していかなければいけないところですけど、キーパーとディフェンスを含めて0点で抑えてくれたし、最後の最後まで体を張ってきつい時間がずっと続きましたけど、それでも0点で抑えてくれました。本当に後ろの選手に感謝しないといけないし、フォワードの選手も前から追ってくれて、11人が集中を切らすことなく戦い抜いて0点に抑えることができたので、自信になる無失点だと思います。

Q:今後に向けての意気込みを。

A:これで次に負けてしまったり、この流れが途絶えてしまっては今日の勝利は意味がなくなってしまいます。これから自分達がどうやってこの勝利を繋げていくかというのは明日からにかかっていると思いますし、気を引き締めて次の勝利に向かってチーム全員でやっていきたいと思います。また、今日も反省点は多いのでそれを次回以降に繋げて、しっかり課題を修正して勝利につなげていきたいです。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

HIGH LIGHTハイライト