ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2021明治安田生命J2リーグ
第7節

2021.4.10(土)

14:00KICK OFF

JIT リサイクルインク スタジアム

試合終了

ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  開幕2連敗のあと1勝3分、4戦負けなしというチームの現状を皆さんはどうとらえていますか?
                  物足りない? もどかしい? そういう声があっても不思議ではありません。そう思っているのは、小林伸二監督と選手も実は同じですからね。ただし、決してネガティブにはなっていません。

                  小林監督は「ハイプレスのために足は動いているけれども、連動性が足りません。攻撃ではボールの運び方がまだスムーズではないし、背後と幅という使い分けがまだ不十分です」と課題を挙げます。前節のモンテディオ山形戦がスコアレスドローによる勝点1の獲得に終わったことを考えても、当然の反省だと言えます。まだまだ改善すべき点が多いのは事実です。

                  しかしそれを理解した上で小林監督は「ハイプレスに行ってはがされてもめげずにもう一度追いなおすことができているし、プレスが効かない時の引き込んでの守備のレベルが上がって、ここ2試合は無失点という結果につながっています。攻撃も十分ではありませんが、自分たちの時間をつくり、決定的な場面もつくれています」と、攻守両面での向上も認めています。

                  そういうレベル向上の実感は選手のメンタル面にも表れているようで、主将の村松航太選手はこう話しています。

                  「山形戦では今季ホーム初勝利と今季初の連勝を逃しましたが、あと一歩のところまで来ている、と選手は実感できているので、試合を前にして不安を感じることがありません。だから練習の雰囲気はとても良いし、士気は確実に上がっています」

                  「どんな練習でもアラートさを保っているし、みんなギラギラした目をしているんですよね」と、小林監督の目にも選手たちの姿勢はとても意欲的に映っているようです。そして、指揮官と主将はともに「一つの連勝で大きく流れが変わると思う」と、前向きな予感を抱いています。

                  二人が言う連勝とは、今節のヴァンフォーレ甲府と次節の京都サンガF.C.を相手にする2試合連続のアウェイゲームでの勝利です。昇格候補のライバルである2チームから勝利を挙げれば、確かに一気に波に乗れそうです。

                  特に、今節の甲府戦は使い古された言葉で申し訳ありませんが「絶対に負けられない戦い」なのです。なぜなら、昨季連敗、しかもホームで0-3、アウェイで2-3と、計6失点を喫して敗れた相手だからです。特にCBを務める村松選手は単なる敗戦では収まらない悔しさを感じている様子で「絶対に勝ちたい」とかなり意気込んでいます。

                  その甲府は第5節でFC町田ゼルビアに0-1、前節はV・ファーレン長崎に1-2と2連敗中。開幕から4試合を3勝1分けと、好スタートを切りましたが、ここにきてやや失速ぎみ。しかし、小林監督はそのチーム力を高く評価しています。

                  「去年よりもさらに個のレベルが上がっていますし、組織力も上がっているので、いまは連敗中ですが、すぐに立て直せるだけのチーム力を備えていると思います。昨年の主軸の何人かがチームを離れたようですが、去年われわれが苦労させられた泉澤仁選手はいますし、新戦力も実績十分な選手たちですから」

                  小林監督が言う実力ある新戦力というのは、サンフレッチェ広島から期限付き移籍で加わっているMF野津田岳人選手、長く大分トリニータの攻撃をけん引してきたFW三平和司選手たちのことです。新加入ということでチームになじむのに少し時間はかかったようですが、三平選手は前節・長崎戦で加入後初ゴールを挙げ、そのことで周囲との信頼関係も増すはずですから、今節で警戒すべき選手に一人となります。

                  昨季、北九州から2試合で6点を奪った甲府の攻撃力は、選手は入れ替わってもやはり強い警戒心を持って抑えなければならないことに間違いありません。ディフェンスリーダーである村松選手は甲府の攻撃陣の特徴を踏まえた守備のポイントを次のように話しています。

                  「甲府の攻撃陣は、例えばドリブラーの泉澤選手のように、個性が立った選手が多いので、選手によって対応を変える、考える必要があると思います」

                  組織的に連動した守備をしながら、でも局面に目を移した時は、対峙する選手に応じた守り方を個々の選手で判断する重要性がより増すということで、守備の質が向上している現状とはいえ、非常に難しい作業になりそうです。

                  難しいからこそ、焦れずに対応することも必要になりそうで、そのあたり、経験豊富な岡村和哉選手は十分に理解した上で、こんなふうに話してくれました。

                  「ここ2試合は無失点に抑えることができました。つまりあとは点を取れば勝てる、ということ。でも言うほど点を取るのは簡単ではなくて、得点の確率が上がるような攻撃の形をつくろうとチーム全体でトライしている最中で、まだ十分な成果は上がっていません。それが成績にも表れているわけですが、こういう状況だからこそ、僕ら後ろの選手がまずは失点をゼロに抑えることが大事になるんです」

                  苦しい状況だからこそ、3試合連続無失点を甲府戦で実現ができれば、チームの一体感はより高まるのではないでしょうか。そして、攻撃的なスタイルを志向するギラヴァンツ北九州ですが、手ごたえを感じつつある守備でさらなる良い結果を残すことで、きっと攻撃にも良い効果が出るはずですから、この甲府戦では守備が大事になりますし、ぜひ注目してほしいポイントでもあるのです。

                  小林監督と村松選手が言う、練習時の雰囲気の良さと緊張感は、出場機会を得ようとする選手たちの前向きなアピールも大きくかかわっています。もしかしたら、現状打破、好調に転じるきっかけは、そういう選手たちの好パフォーマンスによってもたらされるのかもしれません。「ここで出てきたか!」「その位置でプレーするのか!」。もし、そんな驚きとともにピッチに立った選手がいれば、彼らのプレーにも注目してください。

                  [文:島田 徹]

                  【4/10甲府戦へ向けて】吉丸 絢梓選手インタビュー

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  前半は圧をすごく感じてボールを持ち出せなかったということに尽きると思います。守備については、うまく我々の右サイドからのクロスについては対応ができた。後半はもう少し、そこをやられていないんですけど、修正をかけて運び方を、あまりにも圧を感じて回らないので、立ち位置を変えてボールを運んだというところはいい形になったと思います。
                  ものすごく厳しいゲームでしたけど、勝点1を取って帰れるということは良いと思っています。
                   

                  Q:後半に立ち位置を変えたというお話がありましたが、狙いを教えてください。

                  A:いかにボールを持ち出すかということですね。左サイドで言えば、ガキ(新垣貴之選手)を高い位置に置いて、縦の関係で2対1を作る。前半はタク(永田拓也選手)がプレスを受けていたので、そういうところの回避とボール保持者のオカ(岡村和哉選手)との関係で、相手の横で2対1を作るというような感じで、立ち位置を少し高い位置と横で2対1を作る、縦で2対1を作るという感じが、うまくシステムを変えたので(相手も)対応が難しかったのではないかなと思います。
                   

                  Q:次節に向けて。

                  A:少し運ぶという所に難点を感じているので、少し考える必要があると思っています。ボックスで運ぼうとしましたけど、圧を受けて中央を刻めなくて、中央を刻めないのでサイドに逃げるとサイドも捕まってしまっているので、そこはもう少し運ぶ工夫をしないとなかなか難しいなというふうに思っています。ラインを超えるとちょっと形になりそうな所があるので、そこを来週に向けて頑張りたいと思っています。
                   

                  選手コメント

                  MF14 新垣 貴之 選手

                  Q:今日の試合の振り返りをお願いします。

                  A:前半は終始押し込まれていたんですけど、前半は特にやりづらくて修正が上手く効かなかったです。後半はポジションなども変えて、うまくいくところといかないところがあったんですけど、追いつけてよかったかなというゲームです。
                   

                  Q:小林監督も立ち位置を変えたというような話をされていました。どういったことを意識しながら後半プレーされていましたか?

                  A:ボールを持ったら仕掛けるというところはあったんですけど、縦だけじゃなくて中に行くことで相手の視線というかマークもずれが生じると思ったので、中にドリブルしてということ、チャンスメイクは意識していました。
                   

                  Q:同点ゴールにつながった場面は結果的にはアシストは付きませんでしたが、新垣選手らしいプレーでした。あの場面を振り返ってください。

                  A:トップ下とかも練習ではやっていたので、真ん中の位置で僕がボールを持ったら走ってくれるというのは分かっていたので、しっかり走ってくれたので出しやすかったかなと思います。
                   

                  Q:後半にポジションを修正して、うまくいったところうまくいかなかったことがあったということですが、具体的にはどういうところですか?

                  A:僕とダイゴ(髙橋選手)が後半は(サイドに)張ったということで、相手のサイドバックが出て来れなくなったというのが、真ん中がうまくいきだしたことに繋がったと思っています。ただ、後ろのボール回しだったりビルドアップのところで全然まだまだうまくいかないことが多くて、ショートカウンターも何本も食らっていたし、シュートも相手の方が多かったのでそこはうまくいかなかったなと思います。
                   

                  Q:この展開での勝点1は価値ある勝点1だと思うのですが、ここまで引き分けが多いというチーム状況で、引き分けを勝利に変えるために必要なことはどういうことだと思いますか?

                  A:粘り強い守備、ゴール前の守備は全員でできていますが、もっと僕らも前からボールを奪いたいので、そこをもっと細かいステップだったりというのは、1人1人がどの位置にいるのかというのを見直してやっていければ、今日甲府さんにやられたショートカウンターとかもどんどん増えてくると思うので、それが僕たちの良さでもあるのでそういうところをやっていきたいなと思います。
                   

                  Q:次もアウェイでの戦いですが、意気込みをお願いします。

                  A:勝ちがない試合が続いているので、なんとか勝点3を、内容どうこうよりまずは勝点3をつかみにいきたいなと思います。
                   

                  FW18 富山 貴光 選手

                  Q:今日の試合の振り返りをお願いします。

                  A:立ち上がりから難しい試合展開で、攻められることが多く、序盤の方は耐えれてよかったんですけど、最後失点してしまって難しい前半でしたが、1点で抑えられてということがまず良かったと思います。その後、後半しっかり耐えてワンチャンスをものにできて価値ある勝点1を取れたのかなという風に思っています。
                   

                  Q:富山選手にとっては開幕戦以来のゴールになりましたが、ゴールシーンを振り返ってください。

                  A;後半はボールが回るようになってきて、そこから裏に抜け出して大河(前川選手)がキーパーと1対1になった場面で後ろにいたんですけど、もしかしたらこぼれてくるんじゃないかなと思って走っていたら本当にこぼれてきたので、シュートの場面もヘディングで面を作ってミートだけ意識して決められたのでよかったかなと思います。
                   

                  Q:前半は特に前線の選手としてはフラストレーションがたまる難しい展開だったと思いますが、後半を臨むにあたって、どういうところに勝機を見出してピッチに入ったのか教えてください。

                  A:前半は耐える時間が長かったですし、でも必ずワンチャンスはくると思っていたので、それをしっかり決められたことは良かったです。逆にもう1点追加点が取れたらもっとよかったと思うので、そういうワンチャンスをものにできるようにこれからもやっていきたいなと思います。
                   

                  Q:チームとしてもワンチャンスを狙うというようなことだったんでしょうか?

                  A:前半が終わってからもベンチで今は我慢の時間だからと。1点で済んでよかったですし、1点取ればまた流れが変わるというふうにロッカールームでも言っていたので、本当にそれが実って得点ができたと思います。さらに追加点が取れれば良かったですけど、一歩一歩前進していけているのかなと思います。
                   

                  Q:次もアウェイでの戦いとなりますが、意気込みをお願いします。

                  A:今日も負けてないですし、しっかり勝点は積み重ねていけているので、次は勝点3が取れるように今日出た課題をしっかり修正して、チームが一歩一歩前進していけるようにやっているので、しっかり次は勝点3が取れるようにやっていきたいなと思います。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop