ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2018
第27節

2018.10.13(土)

17:00KICK OFF

相模原ギオンスタジアム

試合終了

SC相模原

SC相模原

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  Q:本日の試合を振り返って

                  A:スピードアップするところがなくて、最後のところでミスが出てしまう、だらしのないゲームだったなというのが私の感想です。この何試合かで1番だらしのない情けないゲームだったという感想です。まずは一番肝心なところで選手をファイトさせることができない自分自身が情けないと思います。サポーターやファンの皆さんには本当に申し訳ないゲームでした。今までの中で1番悪い内容で、とても悲しく、とても残念なゲームでしたが、これは全て僕の責任であるし、責任がある以上、しっかり立て直して次のホームゲームでいいゲームをちゃんと見せていきたいと思います。

                   

                  Q:ロッカールームではどういった話をしましたか

                  A:ミスもあって決定的なチャンスも掴めず、フリーランニングもなくてファイティングスピリットも感じなくて、非常にだらしないということを伝えました。こういう時こそフリーランニングをして、やっぱりみんなの活動量がないとダメなんだと伝えました。だから、裏のボールに出て行く、前からプレッシャーをかける、というこれまでやってきたことに対して本当に原点を忘れちゃダメだと伝えました。それをやらないとこのまま何もない1年になってしまう。ファイトすることやランニングすることは当たり前のことで、それにプラスαサッカーをしようとしている。そのベースがあってこそ、僕らがやりたいサッカーがある。それをかけ離れて格好をつけちゃう。そういうところやメンタルも含めてまだまだ向上していかないといけないと思います。ただ、下を向いたら終わりなので、ここからみんなで何を変えていかないといけないかと選手たちに問うと、「やっぱり自分達で変えよう」という素晴らしい意見が出てきました。僕はそのとおりだと思います。フットボールをしっかりとやろう、走らないとダメだよと。みんな土台ができているはずなのに何が原因か分からないようでは困るよって。これをしっかりと自分達で直そう、そうでないと何も変わっていかないと思う。こんなゲームは2度とあってはいけない。自分達で変えていけたらいいと思います。

                  選手コメント

                  DF4 川上 竜 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:決定機もありながら今日もまた相手の1本のチャンスで失点してしまって、その中で取り返すチャンスがありながら点が取れなかったというのはここ最近の課題です。でも後ろが失点しなければ負けることはないので、また失点しなければ前線の選手の気持ちもストレスなくもっと気持ち良くやれると思うので、そこは全部僕の責任だと思います。

                   

                  Q:決定機もありましたが、今日は前に行くパワーが足りないように感じました。

                  A:柱谷監督が来た当時は、前線の守備から入って攻撃もシンプルにフォワードにどんどん入れていくというやり方で、今はそれにプラスαボランチも使いながら丁寧にビルドアップしていくということにもトライしているんですが、ただ今日に関してはそれがちょっと締まりのないゲームになりました。前節はそれがいい方向に向いていたんですが、今日はそれが悪い方向に行って、1人1人の足も止まって前に行くパワーが無かったという結果になったんだと思います。トライしていることが今日はちょっと悪い方向にいったのかなという印象で、スピードアップする場面ももっと最初の頃を思い出さないといけないなということを今日みんなで話し合ったので、次に向けてみんなで改善していきたいと思います。

                  DF6 福田 俊介 選手

                  Q:2試合連続スタメン出場、今日の試合を振り返って

                  A:試合は残念でした、勝ちたかったです。ディフェンス面では1失点とはいえ失点をしているので、もうちょっと集中力や、まだ細かいところをやっていかないといけないかなとも思います。選手同士の距離感や、単純なところで言うと、走ることをもうちょっとしっかりしたら点を取ることができるんじゃないかなと思いますので、走ることをベースにしてしっかりとやっていかないといけないと思います。連敗をしている中で次はホームなので、もう負けられないので絶対に勝ちたいと思います。

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:なかなか攻撃の形が出来なかったので、それは1人1人の精度の部分などがまだまだ課題だなと改めて思う試合でした。次はホームですし、しっかりと全員で何とか連敗を止められるように次の試合に懸けたいと思います。

                  FW16 佐藤 颯汰 選手

                  Q:プロ初スタメンでしたが今日の試合を振り返っていかがですか?

                  A:初スタメンということはすごく嬉しかったんですけど、チームとしては悪い形で負けてしまって2連敗ということで悔しい気持ちでいっぱいです。試合への入り方としては、自分が求められていることは、一瞬のスピードというか裏への抜け出しとかだったので、それがあまり生かされなくてシュートまでのチャンスの回数も少なかったので、そこはもっと反省しないといけないと思いました。

                  ゴールは常に相手ディフェンダーの裏とか、キーパーの位置とかを見て狙っていたんですけど、もっと強くパスを要求出来なかったり、自分がもっと他の選手を活かすという面であまり頭を使えていなかったので、そういうところを改善していきたいです。

                   

                  Q:今後に向けて

                  A:チームでもさっきロッカールームで話したんですけど、本当にこの状況を変えるには1人1人が上を向いて強い気持ちを持ってやっていくしかないので、僕自身もそうですけど、先輩に対してももっとアグレッシブにプレーをして、試合に出られたらゴールを決める気持ちでいきたいです。

                  DF24 川島 將 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:今日も遠方まで足を運んでくださったり、北九州ではパブリックビューイングで応援していただきありがとうございました。

                  今日の試合は個人的には久しぶりの出場ということもあり、強い気持ちを持って挑んだのですが、結果が伴わずに本当に悔しく残念な気持ちでいっぱいです。でも、もう下を向いてられる状況でもないので、またしっかりと気持ちを作って、日頃のトレーニングからチーム全体で意識を変えて取り組んでいきたいと思います。

                  右サイドバックということもあり攻撃時にはチャンスがあれば積極的に上がって攻撃に厚みを作ることは意識していました。今日の失点は自分のサイドからやられてしまったので、守備に関してももっと突き詰めてやっていきたいと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop