ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2017
第9節

2017.5.21(日)

13:00KICK OFF

藤枝総合運動公園サッカー場

試合終了

藤枝MYFC

藤枝MYFC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  Q:試合の総括について

                  A:結果は、負けたことに関してしっかり受け止めなきゃいけない部分がたくさんあると思います。ただ、1点目のPKのシーンでゲームプランが狂ったかなとは思います。ただ、90分までしっかり時間があったのでその中で再度修正をやりたかったのですが、なかなかこのコンディションで選手達の足も重く、1点が重いゲームになってしまったかなとは感じています。

                   

                  Q:普段のサッカーと比べて今日はできてなかったと感じる点について

                  A:まず1つは、今まではボールをしっかり動かすことが十分にできていたと思うのですが、あの時間帯で先に点を取られてしまったことと、藤枝さんはこのホームで圧倒的な強さを持っているということでやることが後手後手になってしまったということを含めて、あとは自分らの準備の段階と、この天候に対してまだ対応できていないのかなというところがあったんじゃないのかなと感じてます。

                   

                  Q:藤枝と対戦してみて改めてこのチームはどんなチームだなと感じましたか。

                  A:点を先に与えてしまうと非常に堅いチームだなという風には感じました。それとやっぱりホームとアウェイという違いも非常に感じました。ただやっぱり相手がどうのこうのということもあると思うんですけど、まずは自分らが次のゲームに向けてもう1回改善をしていきたいと思っています。

                   

                  Q:ハーフタイムのコメントで相手の嫌がることをやっていこうという話がありましたが、具体的にはどんなことか。

                  A:トレーニングでも相手が3バックの場合だったら、ポケットだったりバイタルを使いながらその背後ということをトレーニングからやってきまして、非常にそういう所ができていたので十分やれるという手応えも感じていました。ただ、そこに対するポケットに入れるボールだったりが非常に中途半端になってしまって、ロスがあったり、あとはランニングが普段できてるところが今日はなかなか効果的なランニングができなかったというところだと思います。

                  選手コメント

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:やはりチャンスがありながら決めきれなかったのが負けた大きな要因だと思います。前半から細かいミスがすごく多かったと思いますし、どの試合もそうですけどもう少しずつ精度を上げていかないと決定的なシーンも増えないし結果も出ないと思いますので、そういうところをもっと突き詰めてやっていかないといけないと思います。

                  MF17 加藤 弘堅 選手

                  Q:遠藤選手が楽しみにしていましたが、遠藤選手(藤枝 FW 8)とマッチアップしてみて

                  A:癖も知ってますし、特徴も知っていたので怖さはなかったですけど、実際点やられてるんで、PKですけど。それ以前の僕達の問題で、やっぱり決めるところは決めるべきですし、確実にチャンスっていうのは僕達もありましたから、そこが今僕らの課題といいますか、もう少し突き詰めなきゃいけないところなので、もう少し改善していかないとなと思ってます。

                   

                  Q:失点した後の試合の運び方という点ではどういうところが課題について

                  A:失点する前もそうですけど、僕らが点を取るべきところで取らなきゃいけなかったですし、失点は僕のファールでPKを取られてしまったので申し訳ない気持ちが強いんですけど、ボールを持てる時間はありましたので、その中で勝負するここぞという時の質をもう少し上げられたらと思います。

                   

                  Q:改めて遠藤選手と久しぶりに戦った感想を

                  A:もちろん今まで一緒にやってきた選手、久富(藤枝 DF 22)もそうですし、枝本(藤枝 FW 7)もそうですし、他の選手とやるときよりは思い入れがあるので、楽しみな部分も強いのでこの借りはホームで返したいと思います。増嶋コーチも高校の同級生なので。

                  本当に悔しいです。なおかつ僕が失点に絡んでしまったので。本当に悔しいです。

                  MF20 花井 聖 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:立ち上がりで失点してしまって、入り方としては良くなかったし、前半の早い時間で0-1というスコアの中でも、残り80分くらいあると分かっていたんですけど、なかなか自分達の形も作れずに最後も前に出た結果失点してしまって難しい試合になってしまったかなと思います。

                   

                  Q:自分の形が作れなかったというのはどういうところですか。

                  A:今日は相手が3バックで5バックになるときもあって、そういう時に裏だけじゃなくて足元で受ける動きだったり、もっともっと自分達でボールを持てる時間帯っていうのも自分達で作らなきゃいけないと思いますし、ちょっと攻撃が単調になってしまったかなというのもやってて感じたので、そういうところは選手1人1人の意識で変わると思うので、しっかり来週に向けてまた1週間準備をしたいです。

                   

                  Q:失点は不運だったと思いますが、それぐらいは取り返す力は当然あるんですよね。

                  A:はい。そうですね、失点した後も普通にやれば点を取れると思ってましたし、でもその中で1点も取れなかったというのはまだまだ自分達の力不足だと思います。勝って当たり前と思われていたと思うんですけど、J3も厳しいリーグですし、簡単に勝てる試合は本当に1試合もないと思うので。サポーターの方もたくさんの方が来てくれましたけど、本当にまた一からその人達に勝利を届けられるようにまた1週間準備して頑張りたいです。

                  DF28 福田 俊介 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:怪我が長くてなかなかピッチに立つことができなかったんですけど、こうやってリーグ戦でも初めてピッチに立って嬉しかったですけど、ただアウェイで勝ってないですし結果を出すためにピッチに入ったので、それができなかったので非常に残念でした。ただリードされた時でもチームの雰囲気が沈んで行かないように、ピッチ内でもベンチからでもチームのために盛り上げていきたいと思います。次まだずっと続くので、必ず勝たなきゃ昇格できないと思うので頑張っていきたいです。

                  フォトギャラリー

                  pagetop