ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2017
第18節

2017.7.22(土)

17:00KICK OFF

味の素フィールド西が丘

試合終了

FC東京U-23

FC東京U-23

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  試合総括

                  まず最初にたくさんのサポーターがここまで足を運んでくださったこと、そしてJR小倉駅のパブリックビューイングで応援して頂いて、その中で勝利を届けることができて本当に良かったと思います。ゲームの内容については前半の立ち上がりと後半の終了間際に、時間帯としてはいい時間帯に点は取れたと思うんですけど、ただその後の戦い方については色んな課題が出たかなと思っています。ただ、今の北九州の状況ではどんな形でも、どんな状況でも、勝ち点3が絶対に必要ですし、そういった意味では勝ち点3が取れたことと後期の最初のスタートで勝てたというのは非常に良かったと思っています。

                   

                  Q:「攻めきる」「守りきる」という点についてこの中断期間でどういう風にアプローチしようとお考えですか?

                  A:まずフィジカル的なことも含めて、それから戦い方のところも含めてもう一度整理をして、きちんと選手達にも伝えないといけないと思っています。それプラス競争の中で選手選考も含めて、よりチームがレベルアップできるためにやっていきたいなと思っています。

                   

                   

                  選手コメント

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:今日の試合について

                  A:1点目を取ってからの2点目というのは前からの課題だったし、チャンスはありながらなかなか決められなくて、その中で相手のペースになっていたと思いますし難しいゲームになったかなと思います。

                   

                  Q:1点取った後の選手の気持ちはどういう感じなんですか?

                  A:今日だけじゃなくて、どの試合もそういうのは課題になっていたので、なかなか決めれず嫌な感じはありましたけど、その中でもみんなでなんとか前向きにプレーしようとしたと思うし、狙い通りの形も何度か出たのでそこはプラスに捉えて、あとはやはりハーフタイムを過ぎてからもなかなか自分達のペースに持っていけなかったので、勝てたのは良かったですけど課題はまだまだ多いかなと思います。

                   

                  Q:ご自身のゴールを振り返っていかがですか?

                  A:タイミングよく聖(花井選手)からボールが出たので落ち着いて決めることができて良かったです。キーパーがズレて動いていたのでダイレクトのタイミングなら入るかなと思っていました。

                   

                  Q:この中断期間はどういったことに取り組んでいきたいですか?

                  A:やはり前半戦を振り返って同じような課題が多かったですし、攻撃の形は徐々にチームとしてできてきたと思うので、そこの質をもっと上げて確率を上げていく必要があると思うし、またこういう夏場のタイミングでナイターだけじゃなくなるし、そういう部分で戦い抜ける力も必要になってくると思うし。そういうところをしっかり強化できればと思います。

                   

                   

                  DF6 西嶋 弘之 選手

                  Q:途中交代での出場について

                  A:いつも通り準備していつも通り試合に入っていこうと思ったので、いつも通りな感じでは入れました。とりあえず後半の最後の方の時間帯の失点が多いというのがうちの課題でもあったので、その辺は練習から監督にもだいぶ言われていたし、チームとしても意識している部分ではあったので、そこを注意はしていたんですけど、結局2点取った後にセットプレーから1点やられてしまったので、そこはチームの反省点としてまた後半戦に繋げないといけないなという部分があります。ただ1番の目的はとにかく勝ち点3を取ることだったので、これが引き分けで終わるのと、負けで終わるのと、勝ちで終わるのでは全然違うので、とにかく次に繋げることができたという風にしっかりポジティブに捉えて、また1ヶ月間しっかり準備をして後半戦につなげていきたいなと思います。

                   

                   

                  MF20 花井 聖 選手

                  Q:今日の試合の感想

                  A:立ち上がりに点を取ることができて少しは楽になったんですけど、90分間通して自分達のリズムでやれていたかというとそうではなかったので、点を取った後の戦い方だったり、後半の疲れてくる時間帯でのプレーの選択だったり、そういう所はもっともっとやっていかないといけないのかなとは思います。

                   

                  Q:ここ数試合好調に見えますが

                  A:そうですね、今いい原因は自信を持ってプレーできているというのがかなり大きいと思うので、試合に出させてもらって監督にはすごく感謝してますし、その中で得るものだったり、プレーの落ち着きだったりが出てきているので、夏場の厳しい中でも運動量だったりをもっと上げていければプレーの質も上がると思うので、そういうところは1ヶ月あきますけどしっかり体力作りして後半戦を迎えたいなと思います。

                   

                  Q:去年の終盤戦に出場機会が限られたということへのポジティブな意味でのリベンジという気持ちがあるんじゃないかと思いますが?

                  A:そうですね、降格した瞬間も寮でみんなで見てましたし、そこに絡めない悔しさも責任も感じているので、本当にJ2に戻したいという気持ちも強いですし、今年1年は本当に勝負の年だと思って自分の中でやっているので、結果もそうですしプレーの内容にもこだわって1年間やりたいです。

                   

                  Q:3列目の選手がどんどん攻撃に絡んでいるというのは、チームがコンパクトにやれているかあるいは花井選手が運動量が多いのかどちらかという、良いことだと思うんですがどうですか?

                  A:夏場はあまり正直運動量は多くないので顔を出すタイミングだったり裏に抜け出す回数は多くなくても効果的に抜け出したりはできているので、そういうところが多分チームとしてうまく、攻撃になった時に僕が絡めればいい攻撃が多少はできると思うのでその回数はもっともっと増やしていきたいなと思います。

                   

                  Q:攻撃に一工夫というか創造性を加えようというのは考えているんですか?

                  A:J3の舞台はそんなにプレッシャーも激しくないですし、落ち着いてボールを持てる時間も長いので、そういうところで自分の良さは今まで以上に生きやすいと思うので、そういう回数はもっともっとチームでもそうですし、僕も欲求して増やしていければ攻撃のバリエーションだったり、アイデアだったり、厚みは増してくると思うので、もっともっと攻撃に絡めるようにそういうところも意識してやっていきたいなと思います。

                   

                  Q:得点とアシストのシーンを振り返って下さい。

                  A:1点目は咄嗟にこぼれてきたボールで狙い通りにいったんですけど、あんなに狙い通りにいくと思わなかったので正直ラッキーな部分も多いですけど、そういうセカンドボールへの反応だったり、準備は常に狙っているので、チームとしてもセットプレーはチャンスだと思ってましたし、そういうとこで立ち上がりに点を取れたので非常に大きかったかなと思います。アシストに関しては相手の背後に走る動きからの、相手も多分集中力が切れていた中で前を向けた時に、シュートの選択肢もあったんですけど、相手が3人くらい囲んできたので、そのタイミングで神崎選手も池元選手もいいタイミングで抜けてくれたので、あれはイケさん(池元選手)のシュートがやっぱり、僕はちょんと出しただけなので。感謝しています。

                   

                   

                  DF3 福森 健太 選手

                  Q:今日の試合の感想

                  A:とりあえずはまず勝てたことが良かったっていうのと、あとはもっと決めるとこを決めていればもっと楽な試合展開になったかなという印象ですね。

                   

                  Q:古巣相手にここに立った感想はいかがですか?紹介の時にも拍手があったり、皆さんから愛されているなと感じました。

                  A:FC東京で育ててもらったのでそれは凄く感謝してるし、FC東京で育ててもらったので多分プロになれたと思っているのでそこは凄く感謝している部分ではあるんですけど、今はギラヴァンツの選手なので、そういう応援してくれる人はありがたいですけど、今日の試合もリーグの1試合として捉えています。

                   

                  Q:今日から後半ですが、後期に向けての意気込みをお願いします。

                  A:まずチームとしてJ2に昇格できるようにその為に自分が勝利に貢献できように自分の持ち味を出して、あと半年間くらいあるのでトレーニングを積みながら自分自身も成長して、もっとチームへの貢献度を上げられればなと思います。

                   

                   

                  フォトギャラリー

                  pagetop