ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2018
第18節

2018.7.15(日)

17:00KICK OFF

ニッパツ三ツ沢球技場

試合終了

Y.S.C.C.横浜

Y.S.C.C.横浜

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  Q:試合総括

                  A:今日はこの暑さの中で選手達が90分間しっかりやってくれたと思います。ただボールを奪ってから最後のクロスボールやシュートの精度についてはまだまだだと思います。インターバルがあるのでまたコンディションをしっかり整えて鹿児島戦に向けて準備していきたいと思います。次のゲームまでに約1ヶ月空くので、やることや目指していることは変わらないので、クオリティを上げるためにはもう少しフィジカルをしっかり上げて、もうちょっと鍛えていかないと、息が上がってしまって酸素が頭に行ってなくて判断のミスが出てしまうということにつながっていると思っています。やっぱりサッカーというのは苦しい中でもやるかやらないかというとこで、プロの世界は厳しくお互いにギリギリの戦いがあると思うので、そこに至るためにはしっかりとしたコンディションを、僕的にはまだ足りないと感じているので、しっかり今回休ませて疲れをとってまた上げていければなと思います。それと同時にポゼッションのところも含めてもう少し遅攻でも修正ができればと思います。

                  選手コメント

                  GK21 高橋 拓也 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:4年間すごくお世話になったクラブだったので活躍して勝っていいところを見せたかったんですけど、最後のところで点が取れず勝ちきれずにもったいないゲームだったかなと思います。無失点で抑えることができているのは、チームのディフェンスが整理されて4バックがしっかり機能しているのと、全員がハードワークをしているので枠内シュート自体が少ないのでこれからも継続してやっていければと思います。次の鹿児島戦まで1ヶ月近く空いて時間があるので、しっかりコンディションを整えてチームでやることをもう1回整理して、ホームでしっかり勝てるように準備したいと思います。

                  DF4 川上 竜 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:後ろを任される選手としては、失点をゼロで抑えられたというのは最低限の仕事ができた中でまだまだ課題もあるしもっと突き詰めないといけないことも多いですけど、2試合連続ゼロで抑えられたというのは少しずつ成長している部分かなと思います。チームとしては、前後半ともにチャンスがあった中で決めきれないという点はもっと攻撃の部分も突き詰めないといけないと思います。ゲームコントロールの部分も最終ラインとボランチを中心にもっとうまくやっていく必要があると思います。

                   

                  Q:次の試合へ向けて取り組んでいきたいこと

                  A:今やっているように攻撃も守備も常に自分達からアクションを起こして奪いに行ってカウンターからチャンスを作るというやり方を、もっとそのカウンターを得点に繋げるとか、もっともっとカウンターの迫力を出すように単純に走力の部分とか、中断期間に走り込みもすると思うのでそこで強くなって、それをもっとレベルを上積みしてやっていく必要があると思います。

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:前節の勝ちをどう生かせるか今日の試合が非常に大事だったので、勝ちきりたかったっていうのは率直な気持ちです。負けなくて良かったというゲームの展開じゃなかったし、勝ちきれなかったという印象だったですが、そこをうまくポジティブに捉えてしっかりいい状態で中断期間明けを迎えられたらと思います。これまで勝ちきりたかった試合が多かったし、そういうところも含めてこれから強化していかないといけない部分というのは、今日の試合でよりはっきり分かった部分も多かったので。この暑い中でどう戦うか、どうチームとして上げていくか、90分間通した戦い方を含めてしっかり詰めていって良い状態にしたいです。本当に一つ一つ勝ち続けていくことが必ず必要になってくるので、中断期間を使ってそういう流れや勢いをつけていけるだけのチームになっていかないといけないと思います。

                  DF2 有薗 真吾 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:今日は勝ち点2を失ったゲームだったと思います。こういう試合を当たり前のように勝ち点3を積み重ねていかないと今の順位から上に行くことはできないと思うので、もっとお互いに高め合ってやっていかないといけないと思います。でも、2試合連続で失点ゼロに抑えられているのは、全員の意識が高くなったことや距離感も良くなっていて、全員が自分のマークプラス周りの選手のカバーを意識できていることが失点ゼロに繋がっているのかなと思います。これを当たり前にしていかないと上には行けないと思うので、ここ2試合が失点ゼロだったことは良かったですけど、これを続けていかないと意味がないと思うので、当たり前にやっていきたいです。これから5連休あるので、ここでしっかりリフレッシュすることが大事だと思うので、後半戦は今日も含めてですけど上を目指してしっかりやっていくだけだと思います。そのためには厳しいトレーニングもあると思うので、みんなで乗り切れるように8月18日の鹿児島ユナイテッドFCとの試合に向けてやっていきたいと思います。

                  MF8 安藤 由翔 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:勝てなかったことが1番悔しかったです。3-0とかで勝ってもおかしくないくらいにチャンスはあったので、最後のところの攻撃をしっかり中断期間に精度を上げていくことが必要なので、そこを意識してやっていきたいと思います。自分が得点に絡むプレーでチャンスは増えると思うし、中に入ってシュートとかを期待されていると思うので、その期待に応えられるようにもっと得点に絡んだり自分が得点できるようなプレーを増やしていきたいと思っています。

                  フォトギャラリー

                  pagetop