ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2019明治安田生命J3リーグ
第34節

2019.12.8(日)

13:00KICK OFF

藤枝総合運動公園サッカー場

試合終了

藤枝MYFC

藤枝MYFC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  前節のガイナーレ鳥取戦は、最高のホーム最終戦になりましたね。もちろん勝利を収めていればさらに良かったとは思いますが、多くのサポーターの皆さんとともに優勝の歓喜を分かち合えたことを選手たちは心から喜んでいたようで、今までに見たことがないほどの、はじける笑顔にその充実感が表れていました。

                  クラブにとってのJリーグ初タイトルではありましたが、ほとんどの選手にとっても優勝は初体験のこと。小林伸二監督が「これまで地味に積む重ねてきた日々の努力がこういう形で報われることの喜びを味わえたことは本当に幸せなことです。この喜びを知ると、もっと上の喜びも知りたいと思うようになり、さらなる努力を惜しまなくなる」と話していました。J3というカテゴリーにおけるものではありますが、タイトルの獲得はクラブと選手を大きく成長させるエネルギーになることを指揮官は指摘しているのでしょう。

                  昇格も決めたし、優勝も決めた。でも残り1試合がある。監督や選手たちはどんな気持ちで今節の藤枝MYFC戦に臨むのでしょうか。小林監督はこう言いました。

                  「われわれは目標を達成しましたが、リーグとしての状況は混とんとしています。2位のサズパクサツ群馬はその座を維持してJ2昇格を果たしたい。4位のロアッソ熊本にも昇格の可能性は残されています。そして藤枝は2位に入っても(J2ライセンスを保有していないため)昇格はできないけれども、2位に入ることで来季以降のチームづくりにおいて様々なチャレンジができるはずですからその位置を狙いたい。そしてJ2の鹿児島ユナイテッドFCも2位に藤枝が入ればJ2に残留することができる。ですから12月8日のJ3最終節は、それぞれのクラブの立ち位置が決まるという意味で特別な日になるわけです。そんな日にわれわれもゲームに臨むわけですから、最高の準備をして最高のサッカーをピッチ上で表現することに全力を尽くさなくちゃいけないんです」

                  小林監督と同様な言葉を残したのが加藤弘堅選手です。

                  「最終節はしっかりと勝利で締めたい。自分たちの目標は達成しているけど、熊本、群馬、藤枝、それからJ3というリーグに対してのリスペクトをプレーに表さなきゃいけない。僕らが群馬とか熊本の立場なら、『おい、ちゃんとやってくれよ』と思うはずですから」

                  今季のJ3リーグにおける最終戦の価値、意味合いを考えて、気を抜いた試合をしてはいけないというのが2人の考えですが、小林監督は自分たちにとっても意味のある試合になると話します。

                  「もちろんわれわれにとっても大事な最終戦です。勝ってトータル『20勝』として、しっかりと今季を締めくくることがきっと来季のJ2での戦いにつながるからです。藤枝との最終戦は、シーズンを通して積み重ねてきたものをしっかりと表現することに努めます。確かに2つの目標を達成して解放一歩手前の状態で迎えるゲームですから、選手はメンタルコントロールが難しくなると思います。でも、良い試合をするには選手のメンタルはとても大事。ですから藤枝戦はモチベーションの高い選手を優先的に起用していくつもりです」

                  先発メンバーにも注目したい藤枝との今季最終戦はしっかりとした内容のゲームが期待できそうですね。では、藤枝の情報を整理しておきましょう。第21節から第30節までの5勝5分け、10試合負けなしの好調もあって第27節から第32節まで2位をキープしていたのですが、前節の17位・Y.S.C.C.横浜との一戦でまさかの0-3の敗戦、3位に後退しました。とはいえ、2位の群馬との勝点は「60」と同じ、得失点10差で3位になっている状態。群馬の試合結果もかかわりますが、引き分け以上でも順位を逆転できる可能性が残されています。

                  前節でYS横浜に完封負けを喫した藤枝ですが、内容的にはスコアほどの差はなかったと小林監督は見ていました。

                  「藤枝は経験豊富な選手が多いから試合運びもうまい。うまさだけではなくて球際もしっかり戦える良いチーム。前節はYS横浜の勢いにやられましたが、前半もしっかりチャンスをつくっていたし、内容的には0-3のゲームではありませんでした。ちょっとしたところで点が取れずに、相手にペースを持って行かれた試合でした。良いチームであるということはわれわれが前回対戦した試合(第13節)でも感じたことです。ボランチの松岡亮輔選手に縦パスのコースをうまく消されて良い攻撃の形がなかなかつくれませんでしたし、森島康仁選手には本当に危ない場面をつくられました。そこでミスをしてくれて、ウチは相手に助けられる形で勝点1を手にした(0-0の引き分け)わけですからね」

                  16ゴールを挙げて藤枝のチーム内得点王となっている森島選手の高さと強さをいかに抑えるか、その得点源へのパスの出どころ、例えば左サイドから鋭いクロスを入れる、昨季北九州に所属していた安藤由翔選手にどれだけの圧力を掛けられるか、というあたりが守備のポイントになりそうです。攻撃では、5バックとしてつくる藤枝の守備ブロックを崩すための、個人とグループによる仕掛けができるか、またはスキをつくるための緩急を含めた変化のあるボールの動かし方ができるか、そのあたりがポイントになりそうです。

                  攻撃に関して言えば、フィニッシャーも気になるところです。現在のチーム内得点王は前節で同点ゴールを決めて通算8ゴールとした町野修斗選手。2位にはいずれも7ゴールで、池元友樹選手、北川柊斗選手、レレことディサロ燦シルヴァーノ選手、髙橋大悟選手の4人が並んでいます。レレ選手は今季のオープニングゴールを決めているので最後も締めるのではないか。髙橋選手は第27節のアスルクラロ沼津戦で期限付き移籍元の清水エスパルスのサポーターが大挙して応援に駆け付け、決勝ゴールを決めた前例があり、同じ静岡県でのゲームとなる今回も同様のストーリーとなるのではないか。町野選手はここまで連続得点が2試合止まりだが、最後に3試合連続を果たすのではないか。北川選手は前々節で2ゴールを奪って感覚を取り戻しているし、当初の目標「7」を超える「8」に意欲を見せるのでは。そして今季まだ1試合での複数ゴールがない池元選手が2ゴール以上を奪って逆転トップとなるのではないか。

                  と、まあ、いろんな空想ストーリーを描きながら楽しめそうな最終節はアウェイゲームですが、パブリックビューイングが実施されます。入場無料、北九州国際会議場で行われる今企画の詳細はこのHP上のバナーで確認していただきたいのですが、キックオフ前にはミュージック・ライブも予定されていますので、ぜひお誘いあわせの上、ご来場願います。最後も勝って、笑って、締めましょう!

                  [文:島田 徹]

                  前節のハイライト

                  監督コメント

                  Q:試合の総括をお願いします。

                  A:予想通り前からかかってきて、2トップに1枚のサイドハーフがかかってくる、そしてアンカーが押してくるというところで、もう少しつけるところ、アンカーがかかってきた裏を取るというのがもう少し柔軟にできたら楽だったと思います。ただ久しぶりに入った選手と初めてのスタメンの選手がいたので、そういう意味では前半については悪くないのかなと思います。今までやっている選手はやっぱり球際のところをもう少しできるようになればよかったのではないかなと思います。
                  後半については、メンバーを変えたところでもう一つレベルアップしなかったというところでいくと、ゲームに飲まれたというところがあると思いますし、そこのところはもう1個攻撃のスタイルが上がるようなことにならないと厳しいのではないかなと思っています。球際の厳しいところで自分が持っている技術がどう生きるかというところが大事だと思うんですよね。緩い中で何かができるというのは、上のカテゴリでは厳しいと思うので、今日のゲームは上のカテゴリではおそらく下位の方のグループになると思いますから、厳しくかかって入っていかないと通用しないのかなという風に今日は感じました。もう少し一つ一つの質を、良い感じなんだけど選択肢がないとか、パスが雑だとか通らないというところが、もう少し良ければゴールの匂いがすることが増えるのではないかなと思います。前半の一本だけなんですよね、ゴールの匂いがするのは。ただ、藤枝さんはすごく堅くて、球際もすごく厳しいので、そういう中で個人のパフォーマンスが光ったり、グループでやっていることが出てくれば良いと思いますけど、なかなか厳しいゲームとレベルの高い相手だなと今日は感じました。
                   

                  Q:シーズン全体の事を2つ聞きたいのですが、リーグの中で最小失点となった背景と、選手がピッチの中で自主的な判断ができるようになってきてそこが成長だったと言う選手が多かったのですが、監督はどのような指導をしたのでしょうか?

                  A:ボールを持つ時間が長くなると、それは主導権を持つということですから、必然的に点が取れる可能性と失点が少なくなるというところです。切り替えを早くしてボールを奪うということ。後はどうしても速い選手がいて裏に蹴られるというところの最終ラインのコントロールですね。ボール保持者にどういうプレスがかかって、ラインをどうコントロールをするかというところが最終ラインには問われるところだと思います。そこは意外と上手くいったと思います。
                  あと、個人の判断ができるようになりました。組織があっての個人なので、組織で何をやるかというところで持ち出すのか抜くのか、左に持っていくのか右に持っていくのかというところで個人の判断のバリエーションが増えたと思うんですよ。色々なサッカーがある中で、個人の選択肢を先行させると多分自分のやりたいことになってしまうので、例えばボールを持てる人が持つことになるとサッカーが遅くなるし、そこは矯正しつつその中で判断をさせていくというところがグループだったり全体像を描いた中であって、その中でそのポジションで自分が何をするというところになると思います。
                  例えば今日の左サイドバックは右利きです。じゃあ右利きの選手はどう活きるかというのがだんだんわかってきたと思うんです。右足をどう活かすか、外側に持って行くと左足で蹴らなくちゃいけないので、右足でどういうパスコースが生まれるか、というようなことが少しずつ言っていることが、なるほどというようなことが出てきたと思うんですよね。そういうのがあって全体像があるというのが少し見えてきたのではないでしょうか。自分を生かすためにそのポジションで何ができるか、というところだと思うんですよね。バラバラではなくて組織の中に自分が入っている、その中で自分の選択肢が増えてきたということだと思うんですよね。そこが自分の判断だけに先行すると攻撃が遅いし、今日でもボールを持っている選手が後ろでさばいたところで何も効果的にならないじゃないですか。早いのがあってそういうリズムを変えるということでないと、自分がそこをやりたいからでは難しいと思うんですよね。今日はそういうところが見えて、サッカーが重いんですよね。もっと活動的になるというところでいくと、隙があったらすぐに攻める、隙があったらピンポイントで合わせる、でもないからボールを回すのとは違うと思うんですよ。そこは少し間違えないように、色々な経験で引き出しが増えたんですが、そこは状況に応じたプレーになっているのかというのは今から問われると思うんですよね。
                  もう1つ上になるので、判断だったりスピードだったりフィジカルだったり、1つグレードが上がりますから。その中で何ができるか。ゆっくりできることはできますけど今日みたいに点が取れないですから。そこは良いこと、それは駄目だという判断を今度私たちが示さなくてはいけない番になるのかもしれないですね。
                   

                  Q:来季はどんなサッカーでJ2を戦おうと思いますか?

                  A:今までやっているサッカーを土台にして挑戦していきたいと思います。切り替えが早くて前からプレッシャーをかけるというところは、通用する部分と通用しなかったらやっぱりどうやって守るかというところにはなると思うんですよね。そういうところができるように、今のサッカー選手というのは技術的なレベルが高いですから、それをどういう風に活かしていったらいいのかというのは考えながら、挑戦者なのでそんなに簡単ではないと思うんですけどチャレンジしていきたいと思います。
                   

                  選手コメント

                  DF24 生駒 仁 選手

                  Q:今季初のスタメン出場でした。

                  A:最初は緊張するかなと思ったんですけど、みんなが声をかけてくれたので全然緊張せずに入れました。試合に勝てなかったのは悔しいです。
                   

                  Q:手応えを感じられる部分もあったのではないですか?

                  A:そうですね。最初に早い時間にボールが触れたのがうまく試合に入れた要因かなとは思います。
                   

                  Q:逆に、もう少しこうしておけばよかったなというようなことはありますか?

                  A:攻撃の時はもっと攻撃参加と言うか、ボールをもらう位置が低かったので、相手の脇に入る侵入だったりそういうところをやっていければよかったなと思ったのと、守備でクロスボールから一本チャンスを作られたので、その対応はしっかりやりたいです。失敗したのは課題だと思います。
                   

                  Q:これで2019シーズンは終わりますが、個人的に来シーズンはこういう風にしていきたいというようなことはありますか?

                  A:今年はシーズン序盤に怪我をしてしまったので、まずは怪我をしないこと。あと来年はプロ3年目ですけど、2年間は試合に絡むということがなかなかできなかったので、シーズンを通して試合に出続けるということを目標にやっていきたいなと思います。
                   

                  DF26 打越 大樹 選手

                  Q:久しぶりのスタメン出場となりました。

                  A:失うものは何もないと思って、とにかく楽しんで勝ちたかったですけど、思い切りやれたかなとは思います。
                   

                  Q:左サイドでやりにくい部分もあったのではないかと思いますが。

                  A:でも戦術的に右足で持てるような感じだったので、特にガッキー(新垣貴之選手)も外にいてくれましたし、パスコースは色々あったので僕がどのコースをチョイスするかというのが難しかったと言うか、もっと多く見られたらよかったのかなと思います。
                   

                  Q:守備面でさすがだなというところも多くあったと思います。

                  A:そうですね、守備ではやられないというところ、チームに貢献したいというのはありました。
                   

                  Q:現時点で来季はこうしていきたいというような思いはありますか?

                  A:来季はできるだけ怪我なくフルタイムで出場できるように、自分の長所を伸ばしていけるように、そして短所を直していけるように努力していきたいです。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop