INFORMATION試合情報

2022明治安田生命J3リーグ第31節
カマタマーレ讃岐
VS
ギラヴァンツ北九州

2022.10.30SUN14:00

Pikaraスタジアム

AWAY

試合終了

カマタマーレ讃岐

カマタマーレ讃岐

-

前半

後半

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム
  • 入場者数
  • 天候/気温/湿度
  • 主審
  • 副審
  • 第四の審判員

MEMBERメンバー

REPORT試合経過

DATAデータ

COMMENT監督コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

[試合総括]
2-2の引き分けということで、終盤にまた追いつかれる展開となり非常に残念に思います。我々は前節の鳥取さんとのゲームで2-0とリードしながら、最後2-3まで持っていかれるというショッキングな敗戦だったんですけども、そこから立ち直った姿を今日見せようということで1週間準備してきました。

讃岐さんは少しスタイルの変更があり、前半戦に我々が対戦した時はしっかりボールを保持しながら相手を崩していくという、攻撃的な所をすごく押し出してきたチームだったと思います。ここ数試合は守備ブロックを引いてハイプレッシングと中盤以降で構える守備ということで、ボールを持ってからのカウンターを仕掛けてくる凄く危険なチームということで準備をしました。今日、我々はそれほど良い立ち上がりではなかったですが、少しずつ相手のプレッシングのかけ方、プレーの仕方を選手達がピッチで感じながら流れを取り戻しつつチャンスを作るシーンがあり、前半は0-0での折り返しでしたが悪いゲームではなかったという風に思っています。

ハーフタイムを迎えて、もう1度相手のロングボールに対しての対応を話しました。我々がプレッシングに行くと松本選手めがけてボールを蹴ってきて、それを2列目の選手が拾い、そこから攻撃するというのはスカウティングでも当然準備はしていましたが、前半少しやられていた部分があったのであの辺を修正したり、あとは相手のプレッシングに対してどういうポジションをとってボールを前進させてチャンスを作るかというところを確認し後半に入ってきました。良い形で1点目が取れ、その後も選手交代をしながらピッチ上でのパワーを保ち、2点目をセットプレーで取れたところまでは非常に良かったと思います。問題なのは立て続けに最後の所のセットプレーでの失点です。ここのところセットプレーの失点も増えていますし、ラストの時間で点を取られる悪い癖がついてしまっていると思います。

5試合連続で先制点を取れるようになりました。そこはすごく良いところだと思いますし、チームが前進しているところではあると思いますので、そこは大事にしながら、取った点数をさらに加点していくところとしっかり粘り強く守っていくところ、セットプレーも含めてもう1度修正して残り3試合やりたいと思います。

今日も北九州から沢山のサポーターに来て頂いて感謝しています。次はホームでできるので、我々の良い姿が見せられるように準備をして頑張りたいと思います。

Q:今日は先発に平原選手を起用した意図を教えてください。

A:平原は今年高卒のルーキーで入ってきた選手で、1月からトレーニングを積んできて非常に伸びてきているというのは感じていましたので、使うタイミングだろうということで起用しました。すごく良いプレーをしてチャンスメイクも出来ていたし、堂々とプレーしていて非常に良かったと思います。これを続けていってたくましくて特徴のある選手に成長していてほしいし、そういう成長を促していきたいと思っています。

COMMENT選手コメント

PLAYER

平原隆暉Ryuki HIRAHARA

18

(今日の試合を振り返ってください。)デビュー戦かつスタメンで使われるというのは少しビックリした部分があったんですけど、すごいチャンスなので自信を持って楽しんで絶対に勝とうという気持ちで試合に入れたかなと思います。

(練習通りに動けていたように見えました。手応えはいかがですか。)自分の良いところは出せたと思いますが、決定機があったのでそういうところで決めきれないと試合に勝ちきれないとすごく感じたので、しっかり修正していきたいと思います。

(サポーターに向けてメッセージをお願いします。)3試合苦しい形になってしまいましたが、次はホームなので絶対勝つためにみんなで1週間練習して全力で戦いたいと思います。

 

PLAYER

井野文太Bunta INO

18

(久しぶりの出場となりました。)試合展開的に0-2で勝っている試合で出場して、ああいう形で2失点してまだまだ自分の力不足と感じた試合でした。

(次の試合に向けた意気込みをお願いします。)直近の3試合は先制して追いつかれたり追い越されたりしているので、最後まで気を抜かずに2点ではなくて3点4点取れるようにチーム全体で頑張っていきたいと思います。

 

PLAYER

上形洋介Yosuke KAMIGATA

18

(今日の試合を振り返ってください。)立ち上がりはどっちつかずの内容で、その中で徐々にペースを握ってきて前半の中でも決め切れるチャンスは何本かありました。後半に良い形で先制点が取れて、2点目もとれた中での試合の終わらせ方と言うか。ジャッジの部分もあって少し浮き足だった部分もありましたが、守り切るということ。1点取られても1-2で勝っていましたが、ピッチの中で少し慌てた感じもありましたので、そういうところをしっかりやっていかないと勝点を取るのは難しいと感じました。

(ゴールシーンを振り返ってください。)(永野)雄大が抜け出すタイミングで抜け出せると思ったので、僕はクロスが上がってくる準備を早い段階でできました。あのゴールは(藤谷)壮と雄大の連携のおかげで取れたと思いますし、雄大から素晴らしいボールが来たので角度はあまりなかったんですけど、うまく決められて良かったです。

(サポーターに向けてメッセージをお願いします。)最近は自分達の良いゲームができている中で勝点だけがなかなか取れていないという状況です。良くなっている所は良くなっているし、ただ本当に際の部分で勝点を落としたという部分があると思います。そういうところを練習の中からしっかりやって、ホームには心強いサポーターがいるのでしっかり勝てるように頑張りたいと思います。

 

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

HIGH LIGHTハイライト