INFORMATION試合情報

2022明治安田生命J3リーグ第5節
アスルクラロ沼津
VS
ギラヴァンツ北九州

2022.4.10SUN13:00

愛鷹広域公園多目的競技場

AWAY

試合終了

アスルクラロ沼津

アスルクラロ沼津

-

前半

後半

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム
  • 入場者数
  • 天候/気温/湿度
  • 主審
  • 副審
  • 第四の審判員

MEMBERメンバー

REPORT試合経過

DATAデータ

COMMENT監督コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

[試合総括]
悔しい敗戦となりました。なかなか準備してきたものが出せず、相手の狙いにはまってしまったなというゲームです。この悔しさを次のホームゲームに持っていって、ファン・サポーターの方に悔しい思いをさせてしまっていると思うので、次取り返せるように頑張りたいと思います。
沼津さんは岐阜戦を2-0で勝利しているということ、新型コロナの影響で1週間ゲームが開いたということはありましたけど、すごくハングリーに我々に対してプレッシングをかけてカウンターを狙ってくる、もしくはロングボール、セカンドボール、球際で戦ってくる。そういう戦いを予想していました。我々はそれをはがして得点できるように準備してきたんですけど、ミスがすごく多くて失点してしまったことによって、ピッチの中で自信を持ってプレーできていない選手が何人か見受けられました。

その中で少しピッチの中で役割ややり方を変化した中でボールが動くようになり、前半終了後にメンバーを2人替えて攻撃面で少しリズムが出てチャンスは作れていたと思うんですけど、質が足りず結局カウンターからまた失点してしまうという悪循環のゲームでした。そこの質を上げられるように次のホームゲームに対して準備していきたいと思います。

Q:持ち運びはできていた中で、その後のプレーの精度の問題は大きかったですか?

A:本来だったら通さなきゃいけないボールをなかなかうまく通せない。いつもだったら通せるところが色々な環境の影響、1点取られたことによって少し焦りが出たり、そういったものの影響で普段ならやれるプレーがいくつか出来なかった部分は感じています。

Q:沼津相手に準備していたこと、注意していたことは?

A:相手の守備の仕方は予想してきた通りでした。それに対して自分達はどういうポジショニングをとってどういう風にどこを起点にしてボールを運ぶかというところは準備してきたんですけど、相手の質が良かったというよりかは、自分達の質が出せなかったということかなと思っています。先程も話しましたけど、アウェイだとか、ピッチのせいにはできないので、そういう全ての環境ですよね。その環境下で出せる質が我々になかったという風に捉えています。

COMMENT選手コメント

PLAYER

前川 大河Taiga MAEKAWA

Q:今日の試合を振り返ってください。

A:まず、立ち上がりの部分でバタバタしてしまったのと、その流れのまま1点入れられてしまって。そこからもうまく立ち直ることができなくて、正直自分達のせいでさらに悪い流れになってしまったと思っています。

Q:監督もミスが多かったと言っていました。環境面の影響もあったという話でしたが、その辺りはピッチ内でも感じていましたか?

A:アウェイということもありますし、ピッチも多少ありますけど、まずミスしたことによってチームの雰囲気がマイナスの方向にいってしまって。それが一番の要因かなと思います。
立ち上がりの戦い方と、ミスした後にどれだけ立ち直る事ができるかというのと、次節に向けてそこが大事かなと思います。

Q:攻撃は結構攻められてる部分もあったのではないかと思いますが、ゴールまであと一歩つながらなかった部分で感じている課題はありますか?

A:相手も堅い守備で、先制して想定通りと言うか、やりたいことをやられたなと思います。そこでクロスだけではやっぱり難しくて、中から攻めるのとサイドチェンジだったりサイドで攻めるのを織り交ぜていかないと難しいかなと思います。

PLAYER

藤川 虎太朗Kotaro FUJIKAWA

18

Q:試合を振り返っていかがですか?

A:入りが悪かったというのはチームとしてもう1回修正していかないといけないところです。自分自身、最初からもっと積極的にシュートを打てば良かったなと思います。

Q:藤川選手は攻撃面で違いを見せていてチャンスもつくっていたと思いますが、自分のパフォーマンスはどうみていますか?

A:ゴール前でのプレーは自分の中でも得意としている部分なので、まずたくさんボールをもらうことを意識してプレーしています。
2試合連続ゴールを決めていたので決めたかった気持ちもあったし、そこで決められなかったというのは何か足りない部分があったからだと思います。自分自身今は楽しく出来ていますし、それは継続しながらもっと自分の力を上げていきたいなと思います。

Q:次節に向けて。

A:0-4という結果はとても悔しいですが、もう終わってしまったことなので、愛媛戦に向けてまた練習からしっかり頑張っていけたらと思っています。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

HIGH LIGHTハイライト