ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2021明治安田生命J2リーグ
第39節

2021.11.13(土)

14:00KICK OFF

維新みらいふスタジアム

試合終了

レノファ山口FC

レノファ山口FC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  前節は4位・甲府との対戦でしたが、0-1のスコアでの敗戦となりました。これで9戦未勝利、最下位・松本山雅FCに勝点で並ばれることになりました。さらに降格圏外の18位・ツエーゲン金沢との勝点差は5ポイントです。

                  残り4試合で手にできる最大勝点は12ポイントですから、残留の可能性は十分に残されているのですが、厳しい状況に置かれていることも事実です。ここからは毎試合、必ず勝点を手にしなければならない、緊迫感のある試合が続くことになりますので、これまで以上に皆さんの力強い後押しが必要になります。

                  さて、皆さんは甲府とのゲームをどう評価していますか。守備に関しては小林伸二監督が「まずまず」との評価を下した通り、得点力に優れる甲府の攻撃陣を1点に抑えたことはプラスにとらえられる点でした。

                  特に警戒していた甲府の1トップ2シャドーを抑えるチーム戦術が徹底され、前半を無失点に抑えることができたのは、甲府と同じ[3-4-2-1]システムを敷くレノファ山口との今節のゲームに向けての収穫にもなるはずです。

                  ただし甲府戦での攻撃は良い出来とは言えませんでした。公式記録によるシュート本数は甲府の13本に対して3本。特に前半は1本のみに終わりました。

                  甲府の前からの圧力によりボールを前に運ぶビルドアップが十分にできませんでしたし、甲府戦の前の水戸戦で効果的だった、亮選手と颯汰選手の『佐藤コンビ』を裏のスペースに走らせてボールを相手陣内に運ぶ戦術も、甲府が5バックとし、さらにラインも微調整することで佐藤コンビの裏狙いを制限されました。

                  最少スコア差での敗戦ではありましたが、局面での個人とグループで表現するプレーの質と強度は、さすが昇格争いを演じている上位チームのもので、そこに大きな差があったことは認めざるを得ないゲームでした。

                  しかし、その中で各選手とチームの『覚悟』が見て取れたことに安堵したというか、「勝負はまだこれからだ」と思えたサポーターの方も多かったのではないでしょうか。

                  かなりの準備をしてきた甲府の1トップ2シャドー対策でしたが、失点は警戒していた2シャドーのコンビプレーを止められずに喫したものです。

                  相当な労力を割き、動きを制御してきたからこそ、あの失点によるショックは大きかっただろうと想像することができますし、だからこそ見る側としては連続失点に対する不安がかなり高まったはずです。

                  しかし、そこで大きく崩れることなく失点は1にとどめて、同点とする可能性を最後まで残したのです。『苦しい状況になってもあきらめず最後まで気持ちを切らさずに戦い抜く』。それは甲府戦に限らず、残り試合に向けてのチームと各選手の覚悟の表れであるように映りました。

                  さて、今節の山口とのゲームについて話を進めましょう。チーム状況がどうあれ、ただ勝利だけを目指して心を燃やさなければならないダービー戦、『関門海峡ダービー』です。

                  今季の山口はギラヴァンツ北九州同様にかなり苦しい戦いを強いられて、9月末で渡邉晋監督が辞任、ヘッドコーチから昇格した名塚善寛・新監督の下で10月からリスタートを切りました。

                  新指揮官の下、2連敗という厳しい船出になりましたが、第34節・水戸ホーリーホック戦、第35節・京都サンガF.C.戦、第36節・ジェフユナイテッド千葉戦と上位チームとの3ゲームをいずれも引き分けて勝点を積み上げると、第37節・FC琉球戦と前節の大宮アルディージャ戦で2連勝、5戦負けなしの好調ぶりで順位を14位に上げて残留争いから一歩抜け出すことに成功しています。

                  山口は甲府と同じ[3-4-2-1]システムを敷くチームなので、前節の戦いは生きてくるはずです。1トップ2シャドーへの対応やビルドアップ時のプレッシングの回避方法など、甲府戦での収穫と課題を分析して継続、あるいは改善して臨めば、攻守の質を上げて試合を優位に進められるはずです。

                  ただし、甲府と同じ1トップ2シャドーといっても選手の特徴が異なるので、そこをしっかりと認識することが必要だと小林監督は話しています。

                  「甲府の1トップを務めたリラ選手はスペースにも動きますが基本は中央にいてポストプレーで2シャドーとの飛び出しなどを生かすタイプでした。でも、山口の1トップを務める草野侑己は小柄で裏に抜けるスピードが武器の選手なので異なる意識とアプローチも必要になるでしょうね」

                  「甲府の2シャドーはどちらかと言うと中央に絞って狭いエリアでボールを受けてターンするなどのプレーが多いのですが、山口の高井和馬選手や池上丈二選手は外に開いてプレー、ウイングバックとのコンビプレーに絡むことも多いので、そこも頭に入れておかないといけません」

                  山口は右の高木大輔選手、左の桑原海人選手ら両ウイングバックの縦への突破力を生かしたサイドアタックも売り物としているので、サイドの守備も大事なポイントになりそうです。

                  ただし、サイドからのクロス対応にギラヴァンツ北九州は自信を持っているところで、甲府戦と同様にあえてサイドに追いやる守備をするので、山口が両サイドでボールを持つ場面が多くなるかもしれませんが、見る側として必要以上に緊張する必要はないでしょう。

                  とはいえ、「サイドチェンジに対して横のスライドを素早く行うこと、サイドチェンジを行う田中渉選手や佐藤健太郎選手、あるいは佐藤謙介選手といったボランチにそういうボールを蹴らせない、またクロスを入れる選手に対してしっかり詰めるなど、丁寧な守備をする必要があります」と小林監督は話します。

                  攻撃に関しては、甲府同様に山口は前からのプレスをかけてくるので、その圧力を回避してうまくボールを前に運べるかがポイントになります。前記したように甲府戦の前半は佐藤コンビがボールを受けるのにかなり苦労しました。その反省点として佐藤颯選手が挙げたのが「背後で受けることに固執し過ぎた」ことです。

                  佐藤颯選手は続けます。

                  「僕と亮君の特徴の一つは背後に抜けて前向きな状態でボールを受けてゴールに向かうこと。でも相手もそれは研究して抑えようとしてくるので、そういう時には僕と亮君のどちらかが後ろに下がって、縦関係になって足下と背後という二つの受けどころをつくれば相手の対応は難しくなるし、味方の後方の選手もパスの選択肢が二つできるのでボールを出しやすくなるはず」

                  小林監督も佐藤颯選手の考えに近いものを山口戦のポイントに挙げています。

                  「チームとしての狙い、準備してきたものはあるが、試合の中で相手もそれに対応してくるので、狙いがうまく行かない時もある。そういう時に、個人として、またグループとして別の選択肢を考え、トライしようとすることが必要になります」

                  「そういう選択肢は練習の中でも準備してきているので、当初の狙いがうまくいかなくても焦らず、練習でしてきたことを思い出して表現すれば解決できるはず。頭を働かせ、足を動かせば打開策は見えてくるはずなので落ち着いてプレーしてほしい」

                  今季一度目の関門海峡ダービーはスコアレスドロー。ボールを支配し攻め込み、山口の4本に対して14本ものシュートを放ちましたが、相手守備陣、特にGK関憲太郎選手の再三の好セーブに遭って無得点に終わっています。

                  ダービー過去5戦の戦績は1勝1分け3敗。今節で2勝目を挙げて残り試合への勢いをつくり出したいところです。アウェイでのゲームですが、皆さんの力を選手とチームへ!

                  [文:島田 徹]

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  まず守備の方は1度前線からプレスがはまらなくても次からはうまくはまったと思いますし、うまく連動してボールを奪えたと思います。ショートカウンターがいくつかあった中で決められれば良かったと思います。そう言いながらも大きな展開、左から右への展開がチームとしてダメージが大きくなってきたと思うんですよね。素早くスライドするというところが段々難しくなったなという中で、カードを切ってもう1つトップとトップ下にパワーを入れてと思ったんですけど、今度はなかなか良い形で収まらなくなって少ししんどいところもあったと思います。3枚目のカードをすぐ切って椿が中を締めながら上手く守備をしてくれたというところで、うまくカウンターから椿のスピード、クロスオーバーをトップ下に置いた(髙橋)大悟が動いてくれて得点につながったという意味では良かったと思います。最後に逃げ切るためにシステムを変えましたけど、ホームで2回勝利を逃しているので選手もきつかったと思いますけど、今回はよく乗り切ってくれたと思っています。
                  2ヶ月ぶりの勝利になるのでこれを大事に、次も同じ5枚の守備をするチームでボールを持ち出すのも慣れてくると思うので、千葉の戦いに向けていい準備をしたいと思います。
                   

                  Q:絶対に欲しかった勝点3を取れた率直な気持ちと、山口まで足を運んでくれた多くのサポーターへのメッセージをお願いします。

                  A:本当に嬉しく思っています。ゴール裏のスタンドが全部埋まったということで、山口の試合で良かったと思っています。スタートの時から多くのサポーターの応援をもらいながら選手達は戦えました。10月は勝ちを逃してきたので、今日は共に喜べたということ、我々を信じて応援してくれているサポーターにはとても感謝しています。次の千葉戦についても勝って帰れるようにしっかり準備をしたいと思っています。サポーターには本当に感謝しています。


                  Q:新井博人選手が初のメンバー入りとなりましたが、その狙いとピッチに送り出す時にどういう役割を期待しましたか?

                  A:実は練習試合ですごく良くて、練習の時もすごく良くて。2日前も紅白ゲームで大活躍したんですね。サイドバックの選手ですけど、前で使うというところで思い切ってメンバーに入れて、動けて調子がよいので使うということと、シンプルに縦パスがシャドーに入るのがうちとしては1番ダメージが大きくて、相手はそこが狙いなので。とにかく走れるので1度中を締めて外に誘導してプレスをかけるというところ。サイドバックの野口航がボールを持つ時に広がっていることが多かったんですけど、少し中でももらえるようになって、練習の時はそういうことができているので立ち位置が変わるともっと良いプレーができるなと思っていました。
                  戦略的に途中で入れて途中で代わることになりましたけど、彼が入って点が取れたというのは十分仕事をしてくれたと思っています。

                  選手コメント

                  MF10 髙橋 大悟 選手

                  Q:試合終了の瞬間はいろいろな感情が湧き上がったのではないかと思いますが、率直にどういった気持ちでしたか?

                  A:まずはやっと勝ったということでちょっとホッとしたというのもありますし、みんなで絶対に勝とうと1週間しっかりやってきたので、まだ終わっていませんけど1試合報われて良かったなと思いました。
                   

                  Q:決勝ゴールはご自身が開幕前に目標としていた10点目のゴールとなりましたが、ゴールシーンを振り返ってください。

                  A:(椿)直起の選択肢を増やすためにあそこは走ったんですけど、タイミングよく出してくれたので、あの瞬間はめちゃくちゃ考えてキーパーと駆け引きをして、思ったところに蹴れたので良かったです。
                   

                  Q:大事な試合があと3試合残っています。サポーターへのメッセージと意気込みを聞かせてください。

                  A:すごくパワーをもらいましたし、今日の得点はみんなの想いが乗ったのかなと思います。やっぱりこのチーム・クラブは素晴らしいと思いましたし、まだまだみんなのために戦って絶対に残留したいなと思いました。頑張ります!
                   

                  Q:髙橋選手がゲームでキャプテンマークを巻いたのはこれで4試合目かと思います。その中での初勝利についてはいかがですか?

                  A:まあ、そうですね。キャプテンマークをつけたからという訳ではないと思いますけど、やっぱり色々な選手の思いだったりというのは見てきたつもりですし、色々な選手と関わることによって感じてきたつもりなので。まずは僕自身のゴールがどうこうというよりも、チーム全員もがきながら頑張っているので、そこが報われて良かったなと思います。みんな本当に頑張ったとしか僕は言えないですね。
                   

                  MF36 井澤 春輝 選手

                  Q:4ヶ月ぶりの出場となりましたが、今日はどんな気持ちでピッチに入りました?

                  A:絶対に勝ちが欲しい中で4ヶ月ぶりにスタメンに選んでもらって、自分の役割を全うすることと、結果勝点3を北九州に持ち帰ることを強く意識して試合に臨みました。
                   

                  Q:今日のプレーの自己評価はいかがですか?

                  A:もっとボールに関わる事や、ピンチも結構あったのでその芽を摘むことをもっと徹底することができれば、もっと楽になったのかなと思います。
                   

                  Q:今日ボランチでコンビを組んだのは西村選手でしたが、特に何か意識しましたか?

                  A:ヤス(西村恭史選手)は結構ボールを動かせたりする方なので、そこら辺はヤスに任せつつも守備の面でサポートできたら良いなと思いながらやりました。
                   

                  Q:最後5バックにして守り切りましたが、あの時に意識したことや周りの選手にかけた言葉など教えてください。

                  A:ここ数試合は点を取った後の失点だったり、ロスタイムでの失点というのが続いていて、自分たちで勝点3を手放すことが続いていたので、点を取った後にもう1回締め直そうという声だったり、絶対にやらせないという気持ちで最後はやりました。
                   

                  Q:久しぶりの先発で、チームとして10試合ぶりの勝利をつかみましたが、そういう意味で充実感は大きかったのではないでしょうか?

                  A:怪我をしてまたピッチの外から試合を見る形になって、結果も出ない中で試合も出ていないという歯がゆさがあったので、今日は勝点3が取れたので次につながればいいなと思います。
                   

                  Q:3試合大事な試合が残っていますが、そこに向けての意気込みを聞かせてください。

                  A:絶対にこのクラブをJ3には落とせないと思っているので、それは僕だけじゃなくて全員が思っていることだと思います。全員の力で残り3試合しっかり結果を残して、J2に残したいなと思います。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop