ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2021明治安田生命J2リーグ
第25節

2021.8.15(日)

19:00KICK OFF

ニンジニアスタジアム

試合終了

愛媛FC

愛媛FC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  3連敗を喫して順位を19位から21へと落としてしまいました。厳しい現状と結果ではあるのですが、前節のFC琉球戦、皆さんは興奮しませんでしたか? 特に前半の戦いぶりに!

                  福森健太選手と椿直起選手の加入が及ぼすだろう影響については、琉球戦を前にしたこのコーナーで触れましたが、二人が揃って先発を果たした琉球戦で予想以上のプラス効果を確認することができましたね。

                  まずは相手陣内で何度もボール奪取を可能にしたハイプレス。「前の4人が連動できていた」と小林伸二監督が言う「4人」とは、1トップの佐藤亮選手、右サイドハーフの新垣貴之選手、左サイドハーフの椿選手に、トップ下に入った髙橋大悟選手のことです。

                  前回の記事でも触れましたが椿選手の連続性のある守備が4人による効果的なハイプレスを生み出す一つのポイントになっていました。もちろん、椿選手が思い切って相手選手やボールへ詰め寄ることができたのは後方にいる福森選手がしっかりとサポートポジションを取り、椿選手に『思い切って詰め寄っていいよ』というメッセージ込みの支援があればこそのものでした。

                  ハイプレスに関しては髙橋選手のトップ下での起用もカギになりました。髙橋選手の相手のボールの持ち方、ポジション、そして味方の距離感、位置を見て、プレスを掛ける際の方向、ボールに行くあるいはパスコースを限定する際のスピード調整ができる能力は小林監督も高く評価するところで、有能なコントロール役としてプレスの効果を高める仕事をしていましたね。

                  それとアタッキングゾーンに入っての崩しのパターンも非常に多彩でした。前記のハイプレスによるボール奪取からのショートカウンターを椿選手ら前線4人で完結することに加えて、椿選手と髙橋選手のあうんの呼吸で見せるスピード豊かなコンビプレー、そこに佐藤亮選手が絡み、逆サイドの新垣選手はボールを操る王様のごとき自信満々のプレーで、相手の裏を取る椿選手に絶好のパスを送りました。

                  そういう攻守の成果として前半だけで11本ものシュートを放つことに成功。4位・琉球を完全に圧倒した前半のサッカーは圧巻でした。しかし……。そうですね、それだけ素晴らしいサッカーを展開しながら前半は西村恭史選手のCKからのヘディングによる先制点を奪うにとどまったことは大きな反省点です。

                  後半は相手指揮官の言葉によれば、ギラヴァンツ北九州の選手の足が止まって、そこに乗じて琉球がプレーの強度を上げたことで主導権が相手に移行して2失点、逆転負けを喫しました。では、後半にも足が動けるようなペース配分が前半に必要だったのでしょうか?

                  琉球戦をベンチから見ていた岡村和哉選手はこう言います。

                  「そういう戦い方でここまでやってきたチームですから、あれでいい。もちろん、足が止まってきたなと感じたら、相手のどこに警戒を集めながら試合を運ぶのかをチーム全体として意思統一を図ることが必要です。そして僕らが目を向けるべき、改善すべきはまさにそういう点です。好機をしっかりものにするというところは突き詰める必要がありますが。前半から飛ばしていくこと自体は変える必要はないと思います」

                  小林監督も同様の考えでした。

                  「確かに後半に全体的なパワーが落ちたかもしれませんが、交代選手も絡んでチャンスをつくりましたし、そもそも前半にあれだけたくさんのチャンスをつくり、それを決めていれば試合はそこで決めることができたわけです。若いチームですし、後のことを考えてパワーを制御するのではなくて全開で行く。そういうスタイルは変えるつもりはありません。あとは、好機をモノにするための個人の質向上をこれまで通り追求していくだけです」

                  西村選手が自身J初ゴールを挙げて個人的な勢いを手にしただろうことに加えて、GK田中悠也選手が落ち着いたプレーでデビューを果たし、2失点については誰かのせいにするのではなく「自分の体の向きやポジショニングがもっと良ければ、1失点目のFKにも反応できただろうし、2失点目のクロスに対してもチャレンジできたと思います」と自己反省していることも、琉球戦での収穫と言えるでしょう。

                  そういう収穫を生かして勝利につなげなければいけないのが今節の愛媛FC戦です。勝点1ポイント差の19位につける愛媛に勝てば間違いなく順位を上げることはできますし、他チームの結果によってはJ3自動降格圏から脱出することも可能ですからね。是が非でも勝利を手にしなければいけません。

                  前回対戦は6月20日の第19節です。時間がそれほど経過していないので試合展開と結果を覚えている方もきっと多いことでしょう。ボールを握り、押し込む展開に持ち込みながら、縦1本のパスによるカウンター、小さなミスからのショートカウンターから見事なシュートを決められ、前半だけで2点のリードを許して敗れたのです。

                  その今季一度目の対戦も踏まえて小林監督は今節のポイントを次のように挙げています。

                  「前回2点に絡んだ藤本佳希選手のように前に個人の力が高い選手が揃うので、そこへのケアをしっかりすること。特にわれわれが押し込んでいる時のリスク管理を守備陣が徹底することは大事になります」

                  「愛媛は前節の群馬戦でCKの流れから1ゴールを奪っていますし、ウチも前節を含めてセットプレーでの失点があるので注意を。あとはクロス対応も大事で、特に愛媛は右サイドの小暮大器選手が良いクロスを入れてくるので、そこへのボールへの寄せと中央のポジショニングはしっかりとしなければいけません」

                  左からの攻撃も良いものがある愛媛ですが、小林監督の印象からすれば、相手の右サイド、ギラヴァンツ北九州にとっての左サイドの守備は注目点の一つになるということで、つまりは椿選手と福森選手の守備連係が見どころになるということですね。

                  愛媛はこの中断期間で、モンテディオ山形からの期限付き移籍でセンターバックの栗山直樹選手を、松本山雅FCからの期限付き移籍で左ウイングバックやサイドバックでプレーできる高木利弥選手を獲得。栗山選手は前節の群馬戦で3バックの中央に入り、先発フル出場を果たしています。

                  リーグ前半戦を苦しんだ愛媛は昨季までのボールを握りながら攻撃的に戦うスタイルから、堅守をベースにした戦いで勝点を重ねようとの考えがうかがえるスタイルに変えた印象ですが、戦力補強により守備力をさらに強化、堅く守って少ない好機をカウンターや手数を掛けない攻撃で得点に結びつけるスタイルをさらに追及しようとの考えが見て取れます。

                  つまり、ギラヴァンツ北九州の攻撃力がアップしたと言っても、簡単には得点を奪えない可能性もあるということです。できるだけ多くのチャンスをつくるために足を動かし、連動し、冷静さと思い切りの良さのバランスをうまく取りながら、ここぞという時に高い集中力を発揮して好機をモノにする。

                  言葉にすれば簡単そうに聞こえますが、現実的には非常に困難な仕事に向き合う攻撃陣の奮闘を心から願うばかりです。9試合ぶりの勝利を手にして北九州の街に帰って来てくれることをイメージしながら、アウェイの地で戦う選手たちにパワーを送りましょう!

                  [文:島田 徹]

                  西村 恭史選手インタビュー ~琉球戦振り返り&愛媛戦に向けて~

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  前からプレスをかける反面、上手く裏を取られたということと、ボールを持ち運ぶところがうまくはめられていたので運び方を工夫したところでボールが運べるようになってうまく点が取れたということ良かったと思っています。少し自陣に引き込んで守備をしながらというところは、うまく取れるような形で前半は終わったと思います。
                  後半は行く時としっかり守る時を区別するというところで、うまくショートカウンターを取れて2点目が入ったのは良かったと思います。ただ自陣での守備はバイタルをつかれたり、再三ポストに当たったりした不安定な中で、どうしても1点を守りきれない。しっかり守って奪ったボールをもうちょっとうまく繋げるときつい中でもいいんでしょうけど、早い攻撃なのか、しっかり繋ぐのかというところが上手く舵取りができない後半の途中だったと思います。そういうところを落ち着ければピントがあってもチャンスも増えるのではないかなと思います。そこがなかなか上手くいかなかったと思います。
                  2点取ったというのは良いことで、前回1点だったところを2点取ったというところはうまくできたので。どうしても2点取られるというのが続いているので、そこはどうにかクリアしたいと思います。アウェイで勝点1を取っているので、次に繋げて前に進みたいと思っています。
                   

                  Q:次のホームゲームに向けて一言お願いします。

                  A:厳しいところもありましたけど、随分自分たちの良いところも出ているので、点取れているということを考えると、ホームで2戦続きますので良い形で勝てるように進めていきたいと思っています。ホームのサポーターの力を借りて積極的なサッカーをやりたいと思っています。
                   

                  選手コメント

                  MF10 髙橋 大悟 選手

                  Q:今日は勝ちたかった試合でしたが、振り返っていかがですか?

                  A:自分たちのミスだったりで、もったいないゲームだったかなと思います。
                   

                  Q:髙橋選手のゴールは、ご自身がゴールキーパーにプレッシャーをかけてからの展開だったと思いますが、ゴールシーンを振り返ってください。

                  A:やっぱり僕が前で出ているということはスイッチを入れなきゃいけないと思っているので、あのプレーがあの場面で良いのか分からないんですけど、ゴールにつながったということは全体としてよかったかなと思います。
                   

                  Q:2ゴールということでチームとして最近点が取れてきています。それに関してはどのように思っていますか?

                  A:いつか点は入ると思っていたので、ただこれをしっかり勝ちに繋げないと意味がないので。勝つためにはもっと点数を取らないといけないなと思います。
                   

                  Q:次節のホームゲームに向けて意気込みをお願いします。

                  A:ホームでたくさんの人が勝点3を待っているので、期待に応えられるように頑張りたいと思います。
                   

                  Q:この夏に椿選手が戻り左サイドに入って、チームでの変化と高橋選手の個人的なプレーがどう変わったかという点はどう感じていますか?

                  A:チームとして左サイドが詰まっていた部分があったので、(椿)直起が帰って来て、相手が嫌なところまで入り込むことができるようになりましたし、僕としてはよりゴール近くで仕事ができるようになったというのは練習からも感じています。
                   

                  Q:椿選手と福森選手が加入したことで攻撃に明らかな変化が出てきていると思いますが、一方今日は守備でバタつくところがありました。もうひとつ耐えきれない部分というのはどういうところを感じていますか?

                  A:相手が修正してきた部分に対して、僕らがピッチの上でまたそれを上回る修正をできるかという。それは1人1人が色々なことを感じていると思うので、それを表現できるかどうかが大事になってくるかなと思います。それをチームで、やっぱり個人じゃなくて、個人が表現した上でチームが1つの方向を向ければなと思うので。守備の部分はもっともっと考えてやらないといけないかなと思います。
                   

                  Q:後半にプレーが止まった時にみんなで固まって話をしていましたが、どんなことを話していたのですか?

                  A:守備のプレスをかける位置だったり、後ろの状況を確認したかったということもあったので。前は行きたいけど後ろは行かないで欲しいというような場面が、やっぱりどのチームもそうですけどあると思うので、それをどっちに合わせるか、中間を取るのかというのはチームとして大事なので。そこはコミュニケーションをとりながら、それも健太くんが入って変わってきたところなのかなと思います。
                   

                  Q:より積極的にコミュニケーションが取れるようになってきたということでしょうか?

                  A:健太くん自身もそこを意識してくれていると思いますし、ゲームの中で変えていかないといけない部分がたくさんあるので、悪いところを悪いままにせずに全体で変えていけたらなと思います。
                   

                  MF14 新垣 貴之 選手

                  Q:今日はどうしても勝ちたかった試合かと思いますが、振り返っていかがですか?

                  A:言われたようにどうしても勝ちたい試合だったんですけど、今年のチームの課題が出てしまった試合かなと思っています。
                   

                  Q:左サイドで崩して中央からミドルという形でしたが、ゴールシーンを振り返ってください。

                  A:あそこは中を、マイナスを見てくれたというのもあって絶対に決めなくちゃいけないところだったので、集中してふかさないようにというのを意識して、うまく点が決まって良かったと思います。
                   

                  Q:左サイドに椿選手と福森選手が帰って来て、チームの攻撃にどういう変化を感じていますか?

                  A:(椿)直起も(福森)健太くんも前に強いと言うか無理が利く選手なので、そういった意味では前に早めに相手の嫌なところを取れるようになったし、押し込めるようになったので攻撃の時間も増えてきて得点シーンに繋がっているのかなと思っています。
                   

                  Q:次節はホームゲームとなりますが、意気込みをお願いします。

                  A:次はギラフェスということもあって本当に勝たないといけない試合ですし、応援してくれているサポーターの方々にも勝利を届けたいので、絶対に勝点3を取りたいと思います。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop