ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2021明治安田生命J2リーグ
第14節

2021.5.16(日)

15:00KICK OFF

味の素スタジアム

試合終了

東京ヴェルディ

東京ヴェルディ

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  前節のバトルオブ九州、V・ファーレン長崎との一戦は惜しいゲームとなりました。前々節の栃木SC戦とは逆と言いますか、後半アディショナルタイムの失点による敗戦はやはり相当な悔しさが残りましたね。今季初の連勝とホームゲーム勝利を実現できなかった選手たちも相当に悔しかったことでしょう。その思いは今節からの戦いにきっと生かしてくれるはずです。

                  その長崎戦で気になったのはシュートが1本に終わったことです。ボールを保持する時間が長かっただけに、公式記録上の数値を見て意外に感じた方も多かったのではないでしょうか。小林伸二監督も同様な感想を持っていました。そして「1本」についてこう話しています。

                  「私も記録を見て『1本?』と、正直驚きました。シュート1本というデータだけを見た人に『攻撃がダメだったんだね』と言われてもしょうがないでしょう。でも、あとで試合の映像を見返すと、裏を取るアクションもできているし、シュートチャンスをつくる一歩手前までは行っているので、私はそこまで悪かったと思わないし、不安視もしていない。もちろん、修正が必要なところはありますけどね」

                  長崎戦から今節の東京ヴェルディ戦まで、久しぶりに1週間の準備期間が取れたので、練習ではかなり細かく戦術の確認をし、小林監督とそのほかのコーチングスタッフから個人プレーにまで及んだ細かいアドバイスが飛んでいました。

                  「連戦が続いていたこれまでは体を動かすこと、体のコンディションを整えることを優先する練習となっていましたが、久しぶりに1週間の準備期間ができたので、少し細かいことを教えておきたいと考えました。攻守において、うまく行っていない部分があるので、そこを調整するために、です」(小林監督)

                  日曜日の東京V戦で、細かい修正がどのように生きてくるのかを見るのが楽しみです。さて、その東京Vですが、19年の途中から指揮を執る永井秀樹監督の下、“ヴェルディらしい”個の技術を生かした攻撃的なサッカーを基本スタイルとして昨季も、それから今季も戦っています。

                  しかし、昨季の主軸だったMF藤田譲瑠チマ選手(→徳島ヴォルティス)やMF井上詩音選手(→ヴィッセル神戸)らの若手、またベテランで守備陣をまとめていたDF高橋祥平選手(→FC町田ゼルビア)などクラブ生え抜きの選手たちが移籍したことも大きく影響してか、攻撃力がパワーダウンしている印象です。

                  攻撃力で相手を押し込みたいのに、それができないから、現在はリーグ最多となる26失点を喫する状況になっているのだと想像できるわけですが、だからといって、前節の長崎のように、まずは守備から立て直そう、という考えには至らないのではないか、というのが小林監督の見方です。

                  「失点数が多いから守備を意識した戦いをする、そういう考えをするクラブではないと思います。良い攻撃ができれば失点数も減るという考え方をするでしょうから、丁寧にボールをつなぐサッカーを継続するのではないでしょうか」

                  攻撃と守備の関係性という面での考え方はギラヴァンツ北九州と東京Vは共通しているように思えます。だから今節のゲームは壮絶な打ち合いになるのでは、という予測も立つわけですが、小林監督は「われわれの攻撃的に戦うという姿勢は変わりませんが、ちゃんとした守備も大事だと思っています」と、言います。

                  小林監督が言う「ちゃんとした守備」とは、自陣に引いて守りを固める、ということではなく、前から圧力をかけて“ちゃんとボールを奪う”ための守備、ということでしょう。それは「東京Vの失点場面を見ると、パスをインターセプトされて、あるいはミスをした場合が多い。高い位置でボールを奪って素早く攻めればチャンスができるんじゃないか」という言葉から推測できます。

                  東京Vの攻撃の起点はベテランの佐藤優平選手や、北九州から移籍した加藤弘堅選手です。そういう球の出所をいかに抑えるかがゲームのポイントの一つになりそうです。ちなみに、「北九州を出ていった選手は気になるのでチェックしています」と言う村松航太選手のチェックは加藤選手にも入っていて「コウケンさん(加藤弘堅)の配球はエグい。あそこは抑えないといけない」と話しています。

                  球の出所を抑えると同時に、当然ながらフィニッシャーへの警戒も必要です。昨季のアウェイゲームで決勝ゴールを決められた小池純輝選手は今季も好調で8得点を挙げてチームの最多得点者ですし、小池選手に次ぐ5得点の佐藤凌我選手にも注意が必要です。

                  佐藤凌我選手は今季加入の新戦力ですが、北九州のルーキー狩土名禅選手とは明治大のチームメイトです。つまり前節・長崎戦で第2節以来の先発を果たした佐藤亮選手にとっては直属の後輩にあたるわけです。後輩にゴール数で負けている状況に先輩が奮起しないわけはありません。そして佐藤亮選手にとって東京Vは特別な相手ですから、今節のゲームで何か大きな仕事をしてくれそうな予感がプンプンと漂います。

                  「僕はFC東京のアカデミーで育ったので、強いライバル関係にあったヴェルディには負けちゃいけない、という気持ちが今でも強くあります。去年のアウェイでのヴェルディ戦は西が丘(味の素フィールド西が丘)でしたが、今回はFC東京アカデミーの一員としてよくプレーしていた味スタが会場です。帰って来た、という気持ちにもなるだろうし、きっと、FC東京のサポーターの方も僕が点を取ってヴェルディに勝てば喜んでくれるはず。ギラヴァンツ北九州のサポーターとFC東京のサポーター、両方の力を借りて良いプレーをしたいと思います!」

                  ちなみに東京Vの佐藤凌我選手と大学時代に対戦した経験がある村松選手に、その特徴を聞くと「右利きの亮って感じです。亮よりも上背はあるけど、とにかく走りまくって頑張る選手。僕らDFにしたら嫌なタイプのFWです」という答え。「右利きの亮」と聞くと、興味がわきますね。

                  新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下にある東京での今節・東京V戦はビジター席の設置はなく、現地での応援はできませんが、北九州の街から勝利のための後押しを!

                  [文:島田 徹]

                  【5/16東京V戦へ向けて】本村 武揚選手インタビュー

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  立ち上がりにサイドに限定するということ、逆に逃げられるとプッシュアップするということを使えたので、ちょっとラインを落としてボールをサイドで奪うというところは随分取れていたと思うんですね。取った後にシンプルに背後をつくというところはイメージがあったと思いますけど、そこがかなり単調すぎて中間層でボールを回せなかったので、後半はそこを取れているので高い位置じゃなくて、取りつつラインを落としていってサイドでボールを取るというところ。取ったら少しボールを回すということで送り出しましたけど、やっぱり失点のところがうまく背後をスルーパスで通されたというところがありますけど、そういう1点が痛かった。その後少し自分たちの時間を取れましたけど、ゴールまでは行けなかった。カードを切りながら1点を取りたかったんですけど、最終的には2点目を取られて終わってしまった。
                  やっぱり良い形を作れなくて、失点が複数になってしまったというのは残念なので、また切り替えて次はまた相手が違うので準備をしていきたい。今週の準備は悪くなかったと思うんですけど、そういう意味でも残念だというふうに思っています。
                   

                  Q:今日は前節から先発を3人入れ替えています。両サイドバックとキーパーの加藤有輝選手を入れた狙いを教えてください。

                  A:まず加藤についてはトレーニングが充実してきたという事と、1対1というのが多いので、(吉丸)絢梓も悪くないんですけど、声が今週すごく出ていてコーチングが良かったので、そこを思い切って使ってみようという判断をしたというところが1つです。サイドバックについては連戦だったので、この形に戻すべきというところで戻して臨んだというところです。
                   

                  Q:これで連敗になってしまいましたが、次の大宮戦に向けて1番修正したいポイント教えてください。

                  A:まず現実にこういう形に直面しているので、早くリカバリーしてチャレンジするということですね。高いところで取ろうとしたんですけど向こうも準備をしてきた。そういう意味ではラインを落としたらうまく取れた、取れて攻撃が単調になったのをもう少し自分達の形で攻撃ができなかったというのは、そういう練習もしていたのでちょっと残念だった。後半はそういうのをできればいいなと思った矢先に2失点というところで、やろうとすることが出る前にやられてしまったという感じなんですよね。残念だなと思うんですけど、現実にチームのところとグループのところと個人のところがちょっと出てきたりしていると思うんです。そこをどうにかもう1回繋げて個人がグループ、グループがチームになっていくというふうになればいいなと。強い気持ちで戦っていく、早くリカバリーをするというところと、大宮についても同じ勝点なのでそこに向けて良い準備をして戦うということが必要になってくると思います。そこがまず1番大事なことで、切り替えて準備をしていきたいと思います。
                   

                  選手コメント

                  GK21 加藤 有輝 選手

                  Q:ご自身は今季初出場初先発でしたが、どういう気持ちで試合に臨んだか教えてください。

                  A:今シーズン初出場でしたけど、チームが勝つ機会が少ない中で、絶対に勝たせてやろうという強い気持ちでピッチに入りました。
                   

                  Q:攻守で良いプレーができたのではないかと思いますが、ご自身の評価はいかがですか?

                  A:攻撃面は自分の長所でもありますし、そこは上手く関われたかなと思います。自分が止めてもチームは負けてしまったというのが現実なので、そこはしっかり反省して次に活かしていきたいなと思います。
                   

                  Q:2つの失点シーンは今後に活かすとしたらどう活かしますか?

                  A:自分たちがハイプレッシャーで行っているチームなので、そこの後ろのリスクマネージメントというところは、しっかりセンターバック・サイドバックとコミュニケーションを取って改善していきたいと思います。
                   

                  Q:試合を通して東京ヴェルディの攻撃の圧力を感じていたと思うのですが、ピッチの中では守備陣でどういう話をしていましたか?

                  A:ヴェルディさんは足元が上手で技術が高いチームというのは知っていたので、押し込まれることも多少は予想していて。センターバック2人とは自分たちの時間が来るまでしっかり耐えて、後ろは0で守って攻撃につなげようという話はしていました。
                   

                  Q:今日の試合で得た収穫はありますか?

                  A:自分自身は初の移籍でこのクラブに来て、今日初めて試合に出場したので、得たものはすごく大きいですし、色々あります。やっぱり試合に出てチームを勝たせるということが1番大事なことなのかなと思うので、チームを勝たせるということにこだわってこれからもやっていきたいと思います。
                   

                  FW7 佐藤 亮 選手

                  Q:今日の試合を振り返ってください。

                  A:東京ヴェルディの方が後ろからうまくボールを繋いでくる中で、前半は前から行こうと試合に入ったのですが、なかなかそれがはまらずに、守備の形を変えてある程度引いた状態から相手が入り込んできた時にフォワードからプレスをかけてやっていこうというところで、守備から入りました。相手のうまさとかにもやられながら、ただやっぱり前半は焦れずに戦えたと思いますし、前半は後ろが0で抑えてくれたので、フォワードが点数を取らなければこういう結果になってしまうんだなというのを本当に痛感した試合でした。
                   

                  Q:練習の時からボールの追い込み方など守備練習していたと思いますが、今日はうまくプレスがかからなかった理由はどこにありますか?

                  A:相手が後ろからつなぐ時に1枚アンカーの選手を下ろして、サイドが高い位置を取ってきた時に、相手の両センターバックがある程度幅を取りながら、自分たちがプレスをかける前に相手の高いところにパスを供給されて、そこを起点に前に進入されていたというところもあります。チームの考え方として、そこに入れさせてそこから奪えばというところはあったので、そこまで後ろの選手はストレスはなかったと思いますけど、やっぱり守備の1番スタートのフォワードのところはなかなか体力を奪われるきつい展開にはなったかなと思います。
                   

                  Q:東京ヴェルディの監督も北九州の選手を走らせられたと言っていましたが、走らされたという感覚はあったのでしょうか?

                  A:そうですね。走らされた感じはありましたけど、自分の特徴はそこの走るところではあるので、自分が走るところと味方と合わせながらどこで本気で行って、ある程度どこで回させてという共通認識というのは、試合を追うごとに整理していかなければいけないところです。途中からはうまくいきましたけど、やっぱりそういうチーム戦術云々ではなくて、出ている1人1人がどれだけ戦えるか、球際の所で相手に勝るか、より走れるか、セカンドボールをどれだけ取れるかというサッカーの基本の部分で、守備でそういう基本のところができなければ、こういう厳しい状況を打開するということはできないと思います。ましてや自分たちがどんなに相手を圧倒するような戦術を用意したとしても、結局サッカーというのは1対1が基本にはなってくるので、攻守においてそういう1対1で勝てなければ、勝てなくても挑戦しなかったら相手に怖さを与えることはできないですし、ゴール前まで運んでくるということも絶対にできないと思うので。今自分達はどこにフォーカスを当てるかというのは戦術ではなくて、個人個人がどれだけ目の前の相手に負けたくないという気持ちを持って目の前のボールに食らいつけるかというところだと思います。本当にそれは今に始まったことではないですし、こういう状況になって自分は大卒2年目で引っ張ってもらう存在ではないと思うので、1番前でそういう姿勢を見せなければ周りもついて来ないと思うし、自分がまずはそういう姿勢を見せて、自分が声を掛けて奮い立たせるというそこまでやっていかなければ、こういう状況を打開できないと思います。
                   

                  Q:後半にボールを保持するようになってからビッグチャンスを複数回作りたかったと思うのですが、できなかった理由はそういう基本的なベースの部分にあるのでしょうか?

                  A:ベースのところで負けていることが多かったですし、セカンドボールも拾われているから、1回目の攻撃で相手に引っかかって、そこでセカンドボールを拾う準備ができていない、相手より走れてないから二次攻撃に繋がらない。ただ二次攻撃に繋げられないんだったら、自分たちが最初の攻撃でどれだけ相手にボールを失わずにクオリティの高いパス回し、縦パスを差し込むところ、そこからのゴール前でのクオリティを上げていかないとどっちつかずでうまくいかないと思うので、本当に基本の部分とあとはボール保持者がどれだけ丁寧に最後のパスを前の選手に出す時に意図を持ったパスを出せるかというのは、中でやっていて1番前でボールを待つ側としては感じました。
                   

                  Q:ここ2試合、チームとしてシュート数が少ないというのが気になりますが、佐藤選手はそのあたりをどう考えていますか?

                  A:なかなか前線までボールを運んで来れないというのは、チームとしてはそういう課題があるのかなと思いますけど、その中で自分が全くボールを触っていないのかと言うとそんなことはないと思います。自分がボールを持った時に、ある意味仲間を使うのではなくて個人で打開して貪欲にゴールまでドリブルで運んで自分でシュートまで持っていくというところを追求すれば、シュート数が少ないという原因の1つを改善できるんじゃないかなというのは思います。仲間を信頼しない訳ではないですけど、仲間を使うよりも自分でどんどん仕掛けて、失ったら自分でファーストディフェンダーになれば良いと思うので、もっと貪欲に自分がドリブルから行くべきなのかなとは思います。
                   

                  Q:次節大宮戦に向けての意気込みを聞かせてください。

                  A:今日の試合は自分のせいで負けてしまったので、自分が点数を取っていればこういう展開になっていなかったと思います。自分の力不足、それに尽きると思うので、本当にどれだけ自分がこれから気を引き締めて、チームを勝たせるためにもっと走らなきゃいけないし、もっとボールを呼び込んでゴール前でハードワークをしてもっと貪欲にゴール前に飛び込んでいって、そういう姿勢を仲間に見せて自分が点数を取らなければこの順位から抜け出すことはできないと思うので、本当に明日から自分としては最高の準備をして、次の大宮戦に向かって仲間を奮い立たせるような準備をしていきたいなと思います。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop