ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2020明治安田生命J2リーグ
第36節

2020.11.25(水)

19:00KICK OFF

ケーズデンキスタジアム水戸

試合終了

水戸ホーリーホック

水戸ホーリーホック

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  前節のFC琉球戦は多くのチャンスをつくりながら1ゴールを奪うにとどまって1-1の引き分けで終えました。攻守ともに悪くはない内容だっただけに、どこかモヤモヤ感が残りませんでしたか? 小林伸二監督にゲームを振り返ってもらいましたが、やはり言葉にするのが難しそうでした。

                  「試合にはうまく入れたと思うんです。確かに、先取点を取れなかったのは惜しい点ですが、失点後のリカバリー(同点ゴール)は早かったですし、その後もチャンスはつくりましたから、内容的には悪くなかったと思います。ただ、意外に相手のプレッシャーが緩くて個人でボールを持つとか、打開することができたんです。ですが、その分、連動性が低下したように思います。ゴールを奪った場面のように、全体でつながっていくようなシーンが続けばよかったのですが、気温が高かったせいか、誰かが前に行ったときに休む選手が出てきて、チームとしてどこかぎくしゃくした感じになったんですよね。それでも、どうにかなっている、そんな試合だったように思います」

                  個人が意欲的に、積極的にプレーすることはとても大事なのですが、同時にチームとしてつながっていくことも大事。特に攻守で組織的に戦うスタイルのギラヴァンツ北九州にとって、そのバランス感覚は非常に重要になってきます。試合後の会見で小林監督が「交代カードを切ったけれども、有効なカードにはならなかった」と話していましたが、それも個人と組織のバランス感覚の話につながるように思います。

                  「途中出場の選手は当然、良いプレーをしようと気合いが入ります。でも、それによって意識が個人のプレーに傾いてしまうことがあるんですよね。例えばゴール前でボールを持ったら自分がシュートを打つ意識を持つことは大切ですが、周りにいる選手が自分よりもゴールを奪える可能性が高い位置にいるのであれば、やはりそこへのパスも考えなくちゃいけない。だからといって、シュートを打っちゃダメ、というのも違う。だから、その感覚を選手に伝える私たちのアプローチは大事だし、工夫が必要なんです」

                  このあたりのバランス感覚の難しさについては選手も実感しているようです。ここ4試合連続で途中出場を果たしている佐藤亮選手もこう言います。

                  「試合の流れによって求められることも変わってくるので、途中から出てプレーすることは『難しい』の一言に尽きます。それでも個人としては結果を出していかないと、出場時間は伸びませんから」

                  佐藤亮選手は特にメンバー外となった長い期間を経て出場チャンスをつかんでいるだけに、個人として結果を出すことに懸命になるのは当然の姿勢でしょう。その上でチームの一員としての役割も果たして行くというのはとても難しい作業であることは理解できます。おそらく、そうやってもがきながら、難しいバランス感覚は養われていく、ということなのでしょう。そういったメンタル面での葛藤、調整作業といった部分を理解した上で、選手たちの姿を追うと、また違った試合の見方ができるのかもしれません。

                  さて、今節の水戸ホーリーホック戦について話を移しましょう。水戸は現在、ギラヴァンツ北九州とは勝点9ポイント差の10位につけるチームですが、特徴は何と言っても、その攻撃力です。第35節時点での総得点「61」はリーグ最多、攻撃が売り物の首位・徳島ヴォルティスが55点ですから、その威力が分かります。特に、山口一真選手がチームトップの14得点、その相棒の中山仁斗選手が13得点と、2トップは爆発力を備えています。

                  「2連勝しているから勢いがあるでしょう」と小林監督が言う通り、第34節で京都サンガF.C.に2-1、前節の栃木SC戦を3-1と、難敵を下した勢いはもちろんですが、今季ここまで果たせていない3連勝を今節で収めようとのモチベーションも加わるはずなので、とてもやっかいな相手と言えます。もちろん、今季一度目の対戦、ミクスタで行なわれた第21節で0-3のスコアで敗れた試合をご覧になった皆さんなら十分に理解していらっしゃるでしょう。あの敗戦が9戦未勝利の始まりとなったことも含めて、何とか今節でリベンジを果たし、リーグ最終盤に向けた勢いにつなげたいところです。

                  そんな水戸の印象とゲームのポイントを小林監督に聞いています。

                  「得点力が高くて、選手層も厚い。そして2連勝中と、今は乗っている状態だと思います。ただ失点が多い(54失点、リーグ・ワースト3位タイ)。後ろからしっかりつなぐことと前にシンプルにボールを運ぶ、その両方を意識した攻撃をするし、最近はボールをつないでいて仮に相手に引っかけられて奪われても焦らないようになっているように思います」

                  「前回対戦では立ち上がりの入り方が悪かったので、今回は前節の琉球戦以上に立ち上がりを意識してプレスをかけたいですね。前回対戦でウチがチャンスをつくったときは、1対1の駆け引きをしながら目先を変えてコンビネーションを使った時にチャンスをつくれていたので、そこは今回も意識したいところです。また、水戸のプレースピードは早いので、それを上回る判断のスピードを上げることも重要になると思います」

                  当然、山口選手と中山選手の強力2トップをいかに抑えるかも大事なポイントになります。センターバックとして先発が予想される村松航太選手にその点と、前回対戦で出場した経験から考える今回の試合のポイントを聞きました。

                  「二人がともに前線に張っているときは、センターバックの二人がチャレンジとカバーをしながらの対応になるので、やりやすいのですが、実際には、どちらかが引いて、もう一人が前線に残る形になると思います。そうなると、トップに残る選手はセンターバックのどちらかが引いてケアして、トップ下の位置に降りた選手をもう一人のセンターバックとボランチで見ることになります。二人をケアするのに僕たちは3人から4人がかかわらないといけないので連係がとても大事になってくるということです」

                  「前回、ピッチの中で相手の監督や選手の声を聞いていたら、相手のプラン通りに進んだイメージがあるんです。今度はそうさせないようにしたい。恐らく今回も相手は先制点を取るところにかなりのエネルギーをかけてくると思うので、そこは絶対に阻止する。それから向こうもボールを持つチームなので、ウチがボールを持つ時間を増やして、かつシュートまでいけるチャンスをつくれれば。特に前半はそこを意識してプレーしたいです」

                  村松選手は敗れた前回対戦でピッチに立っており、その時の悔しさを十分に感じている選手です。では、その試合をスタンドから見ていた佐藤亮選手は何を感し、今回のゲームにつなげたいと考えているのでしょうか。

                  「前回の試合は外から見ましたが、その時に感じたのは水戸の個人能力の高さです。特にフォワードの決定力や縦への推進力は自分が追求したい部分でもありますが、そこも含めて、水戸のサッカーは見ていて気持ちが良いサッカーでもありました。だから、もし自分が出場できたとしたら、そういうプレーをやれば水戸も苦しむと思うし、そこで自分が結果を出せたら個人としても変われる良いきっかけになるのでは、と思っています」

                  個人の意欲と組織力のバランスをうまく取りながら、あの悔しい敗戦の借りをきっちりと返してくれることを期待しましょう。

                  [文:島田 徹]

                  前節のハイライト

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  前回の対戦と同じく入りがなかなかうまくいかず、失点から入ってしまったということ。ただ慣れてくると、テンポと切り替えが良くなってボールサイド、バイタル、少しずつボランチの立ち位置が変わって、幅広い攻撃ができたと思います。後半はそういうことをしっかり意識して、繋がってやっていこうという意味では1番逆サイドの藤原(奏哉選手)得点を取ったということはすごくよかったなと思っています。ゴールサイドから大外のカットインのところまで意識がつながっていて、素晴らしいプレーをしてくれたなと思っています。あと2回くらいありましたけど、それが入ればもっと面白かったなと思います。
                  もう1つ交替の亮(佐藤選手)が点を取ってくれたということ、バックラインを飛び出してくれたのも良かったと思います。合わせて加藤弘堅も途中出場でパス出しをしてくれたというのも良かったと思っています。全体でまず諦めずに1点を取るということが、うまくいって繋がってプレーできたのはすごく良かったなと思っています。
                  勝点1を取れたということもすごく大きいですし、ひょっとしたらひっくり返すこともできたかもしれないというところで、選手には良い経験になったと思います。素晴らしいゲームにしてくれたと思っています。勝点3を取れなかったのは残念ですけど、ホームでしっかり勝点3が取れるようにしっかり準備していきたいと思います。
                   

                  Q:2点ビハインドで迎えたハーフタイムで、特に選手に協調をしたことはどんなことでしたか?

                  A:ファウルをしたのはもったいなかったですけど、アンラッキーと言うか仕方ない失点だということで割り切れということ。ボランチが横で繋がると中間層で回せるということで、ボールサイド、バイタルで幅広い攻撃ができているのでそれを引き続きやっていくということで、落ち着いてまず1点取れ、1点取れるということを言って送り出しました。そういう意味ではすぐに点が取れたので、もっとエンジンがかかったと思っています。
                   

                  Q:次は3試合ぶりにホームでの試合ですが、サポーターに向けての意気込みを聞かせてください。

                  A:良い入りができて、まず自分たちのテンポでサッカーをして得点をするということをホームで見せたいと思っています。引き続き応援よろしくお願いします。

                  選手コメント

                  MF33 針谷 岳晃 選手

                  Q:佐藤亮選手はほぼ針谷岳晃選手の得点だと言っていましたが、手応えはいかがでしたか?

                  A:そうですね、あそこ以外は逆にないかなと思っていたので、センターバックとサイドバックの間も結構空いていましたし、亮くん(佐藤選手)がいいタイミングで動き出してくれたので、あとは僕が出すだけだったのでそれがゴールにつながったのは良かったかなと思います。
                   

                  Q:アシストの場面以外でも何度も良い縦パスを入れていましたが、今日の試合では縦パスは狙いとしてあったのでしょうか?

                  A:そうですね、向こうもどういうかけ方をすればいいかわかっていなかったと思うので、中途半端に引っ掛けてきたところで空くので、そこは自分のプレースタイルもそうですし、それは常に狙っているので、あれをどの相手でも出来れば良いかなと思います。
                   

                  Q:先ほど小林監督の会見で、ボランチの立ち位置が少し変わって攻撃にテンポができたという話をされていました國分伸太郎選手とのポジションバランスは後半に入って変えたんですか?

                  A:ハーフタイムにシンくん(國分伸太郎選手)ともうちょっと繋がってちゃんとボランチでパス交換を増やしていって、僕の位置も前半はちょっと低かったのをそれをもう1個上げて横でサポートできるようには意識しました。押し込める時間も多かったですし、相手を揺さぶって走らせて、間をと言うのはうまくいっていたと思うので、良かったと思います。
                   

                  Q:守備でもかなり走っている感じがしますが、この連戦の中コンディションはいかがですか?

                  A:そうですね、前節途中で交代させられたのでもっともっと走らなきゃいけないなと思いましたし、もっとハードワークをして90分フルでタフに戦えるようになっていかないといけないので、もっともっとやれたかなというのが今日の印象です。
                   

                  Q:次すぐにホームゲームが控えていますが、意気込みを聞かせてください。

                  A:ホームでは絶対に勝たないといけないと思っているので、サポーターの方々もたくさん来てくれると思うし、そういったのを感じながら、自分たちらしくハードワークをして勝てればいいかなと思います。
                   

                  FW7 佐藤 亮 選手

                  Q:第4節以来16試合ぶりのゴールとなりましたが、長かったのではないでしょうか?

                  A:そうですね、本当に長かったの一言に尽きると思うんですけど、このゴールにつながるまでの自分の練習だったりとか、周りのサポートをもあったので、これだけ時間がかかってもそれだけ貴重なゴールだったと思います。
                   

                  Q:針谷岳晃選手のスルーパスを褒めていましたけど、シュートもなかなか難しかったのではないでしょうか?

                  A:まだ映像で見返していないんですけど、あまり難しいゴールではなかったかなというのが率直な感想です。本当にスルーパス、あれが全てだったかなというくらい完璧なパスだったので。僕もトラップはしていないですし、出てきたキーパーをただワンタッチで振り切ってシュートを打つだけだったので、本当に針谷選手のゴールかなと思います。
                   

                  Q:次は久しぶりのホームゲームで相手が岡山、前回のゴールは岡山で相性の良さもあると思うので2試合連続ゴールを期待してしまいますが、意気込みを聞かせてください。

                  A:岡山は監督が僕がユース時代のコーチだったので、そういった今までお世話になった人の前で結果で恩返しするというのはサッカー選手として醍醐味みたいなところもありますし、前期に自分がゴールを決めてチームの勝利に貢献できていたところもあったので、やっぱり同じように結果を出して、そして今度こそはチームを勝利に導けるように頑張りたいなという気持ちが今は1番強いです。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop