ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2020明治安田生命J2リーグ
第32節

2020.11.8(日)

14:00KICK OFF

デンカビッグスワンスタジアム

試合終了

アルビレックス新潟

アルビレックス新潟

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  前節の大宮アルディージャ戦で久しぶりの『連勝&ホームゲーム勝利』を期待しましたが、叶いませんでした。内容は決して悪くありませんでしたが、負傷者続出、7戦未勝利と苦境に立たされた大宮の必死さに押される格好で敗戦を喫することになりました。二つの失点はビルドアップ時に大宮の激しく継続性のあるプレッシングに“ハマった”結果でしたが、ここに注目した小林伸二監督は今後の戦いに向けてこんなことを話していました。

                  「ビルドアップについては自分たちの立ち位置が悪いことと、相手がわれわれのやり方を十分に研究した上でハメに来ているので、われわれの色を変える、ということをしないといけない時期に来たなと感じています」

                  特に、ボランチへの圧力を強めているのが大宮を含めた最近の対戦相手に見られる傾向でした。その対策を上回るような変化を加える時期が来たと指揮官は言うのですが、9戦未勝利と苦しんでいる最中にも変化を加えるべきだったのではないかとの考えを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、その疑問に対しての小林監督の答えは明確です。

                  「形がないのに変化を加えるとチームはバラバラになります。個人が好き勝手にやってうまく事が運んでいるんじゃなくて、周りが合わせてくれているからうまくいっている部分もたくさんあるんだということを選手みんなが理解した状況で、変化を加えないといけない。つまり、ベースがしっかりしていないのに変化を加えると、個人の判断で好き勝手にやる部分が出てきてチームがやろうとすることにバラつきが出るもの、形がないのに変化を加えるとバラバラになるものなんです。それから、変化を加えるといっても、あくまでチームとして追いかけている(目指している)形に則った変化でなければいけません」

                  変化を加えてもバラバラにはならない時機が今やって来た、というのが小林監督の判断ということになります。さて、どんな変化が加えられるのか、これからの戦いに注目しなければいけませんね。もちろん、前節で移籍後2試合目の出場を果たした針谷岳晃選手の加入、来季からの加入が決まったばかりのDF前田紘基選手の特別指定選手認定によるリーグ戦出場が可能になったことも、変化の一つになるのかもしれません。ちなみに前田選手の基本ポジションは左サイドバックです。

                  さて、今節のアルビレックス新潟戦の話に移りましょう。この新潟戦の話をする小林監督がどこかうれしそうだったのはなぜでしょうか。もちろん勝つために戦うわけですが、その相手が好敵手であれば戦うこと自体が楽しみになる、そんな感覚があるのだろうと推測しました。

                  皆さんも記憶に新しいと思いますが、第19節の新潟との今季一度目のゲーム、互いに攻め合う激しい展開の中で、福森健太選手が約30メートルからのFKを直接沈めるスーパーゴールで先制、後半序盤にはディサロ燦シルヴァーノ選手の左からのクロスを野口航選手がコントロールされたヘディングシュートでネットを揺すりました。

                  終盤に1点を返されましたが、両サイドバックが、ともにJ初ゴールを挙げるという事実も加えて、ハイテンションで非常にエキサイティングな内容でした。出場機会はありませんでしたが、その試合をベンチで見ていた池元友樹選手も「ベンチから見ていてもすごく面白い、興奮する試合でした。それといま思い返しても、新潟は前半戦で戦ったチームの中でも一番、二番くらいに良いチームだと感じました」と、今季随一とも言える好ゲームだったと話します。そういう感覚で見ていた方なら「今回も」と同様な戦いを期待してしまうのではないでしょうか。きっと小林監督も同じ気持ちなのでしょう。

                  「前回同様に“打ち合いの試合”になると思いますよ!」と言う小林監督は「いまの新潟は5戦負けなし(2勝3分け)と、調子は悪くないんですよね。しかも、前回対戦の時と比較すると前への圧力が強くなっているんです。相手ボールを追う時は、まるでマンツーマン・マークをしているかのように激しく執拗に追って圧力を掛けてくるんです」と強い警戒心も露にします。

                  新潟は前回対戦でゴールを奪ったFWファビオ選手が酒気帯び運転で書類送検され、クラブとの契約が解除されるなどピッチ外での騒ぎがあるにも関わらず、しっかりと勝点を積み上げています。それはきっと小林監督が言う『形=チームとしてのベース』がしっかり構築されていたからでしょう。だから、システムや選手配置を代えてもそれまでと同様な攻撃的なサッカーを継続、実践できているのだと思います。

                  では小林監督も予想する『打ち合い』を制するには何が必要なのでしょうか。池元選手はこう言います。

                  「やり切ること、決めるべきところで決める。それはどの試合でも言えることではありますが、新潟のような攻撃的なチームを相手にしたときは特に大事になると思います。その裏返しと言いますか、新潟はボールを奪ったあとの攻撃がものすごく速いので、それに対応できる準備をしておくことも大事でしょうね」

                  ゴール前に進入したらシュートで終わる、攻撃をきちんと終結させることが必要になるということですね。それと『決め切る』という点で言うと、いまチームとしてクロスからのゴールに手ごたえを持っている、というのは大きなプラス材料でしょう。前節の大宮戦で奪った1ゴールを思い返してください。福森健太選手が左サイドをドリブルでえぐって入れたクロスをファーサイドで押し込んだのは、右サイドバックの藤原奏哉選手でした。この得点シーンを振り返った福森選手はこう解説してくれました。

                  「あのソウヤ(藤原選手)のゴールは、まずレレ(ディサロ選手)がニアでつぶれているからこそのゴール。それとソウヤがあそこに勢いを持って入っていたから生まれたゴールです。クロスからのゴールを奪うために大事なのは、クロスの質ももちろん大事ですが、中に入る選手の勢い『点を取るんだ』という強い気持ちが大事。大宮戦のゴールはレレとソウヤの強い気持ちで取ったゴールだと思います」

                  藤原選手のゴールを「素晴らしいゴールだし、とてもうれしかった」と小林監督が喜んだのは、第28節の京都サンガF.C.戦と続く松本山雅FC戦をともに無得点の0-1で落とした後に選手に意識させた『クロスに対しての入り方の工夫とパワー』を形として表現してくれたからでしょう。その小林監督がクロスに対するゴール前の入り方で強調したのは福森選手の言う『強い気持ち』の別表現である『本気』でした。

                  「クロスに対して『本気で入っていく』ことが大事。ニアでつぶれたレレの本気、一番遠いサイドに勢いよく入っていった藤原の本気があって生まれたゴールなんですよ!」

                  それにしても左サイドバックのアシストで右サイドバックがゴールを奪うなんて、まるで昨季のUEFAチャンピオンズリーグを制したイングランドのリバプールのようではありませんか! それはもう超攻撃的チームの証と言っていいでしょう。そういう成功体験を収めた後のゲームで見せる攻撃がどんなものになるか。それを思うだけでも、小林監督と同じく頬が緩んできますね。

                  5位の新潟とは勝点差わずかに1ポイント差です。結果次第では順位が入れ替わる可能性があります。負けられない、という精神的プレッシャーがかかる試合にもなりそうです。しかし池元選手はこう言います。

                  「僕らは勝つことだけを考えなければいけない状況なので、後ろから追いかけてくるチームとの勝点差を気にするのではなく、前にいるチームの背中だけを見て追いかけていかなければいけないんです」

                  ギラヴァンツ北九州の良さを引き出してくれるチームとも言える新潟との一戦で、内容と結果の両方を満足いくレベルで出すことができれば、きっと再浮上へのエネルギーになると思います。今週日曜日の新潟戦はアウェイでのゲームですが、見逃したら後悔する一戦になるかもしれませんよ!

                  [文:島田 徹]

                  前節のハイライト

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  前半は少し(相手の)前線のプレスが強くて、特に両サイドハーフの脇からのプレスが強くて、同じプレスの仕方で同じ形をしているので、練習の時にそういうのには慣れていると思っていましたけど、意外と縦も入らないというところで逃げ道をサイドバックにぶつけたりして、少しサイドハーフのプレスがゆるくなればいいなというところで、後半の展開に持って行きました。前半よりも後半は少しずつ両ボランチも慣れてきて、ボールを運べるようになってきたと思います。そういう中で点が取れなかったのは残念だと思います。点を取られた後に点が入ればまた状況は変わるんですけど、なかなかそこまでは行けなかったという風に思っています。少しずつ縦と幅広い攻撃は出始めたと思いますけど、個の突破だけでなかなかその先がなかった。突破した後にピンポイントのクロスだったりというところまではいかなかった。そういうところの質を上げていく必要があると思います。
                  ただ、点を取られた後、ああいう風に押し込んだ状態は悪くはないし、新潟さんも結構ばたついていたので、あの辺で押し込んだ中で点が取れるようになればまた1つチームが成長するのではないかなと思います。そういう意味では残念だったと思います。もう1つ、残念な判定でテンポが速いサッカーは今の状態だときつい、両方ともすごくテンポが速いサッカーをしていると思いますけど、ラインが見られないのであれば、ちょっときついなという思います。ラインが高くて状況に応じてラインを押し上げたり、ハイプレッシャーをかけるとラインが高いというところで、サイドのレフリーの方も足を動かして行かなくちゃいけないというのは大変だと思いますけど、もう今のサッカーはそういう風になっているので。監督としてはあの状況の説明を聞きたいというところなんですけど、ああいう状況でイエローをもらってしまうと…。あれでゲームが始まってしまうと得点になるんですよね。ちょっと残念だなという風には思っています。なかなか真意が伝わらないというのと、自信があればオフサイドじゃないと言ってくれればそれでいいと思います。それもなくて始まるので、抗議している訳ですからそこは残念なんですよね。こういう主張が通らないので、ゲームは勝ちたいと思うんですけど、残念ながら勝てるところまでの力が今日はなかったなという風に思っています。
                   

                  Q;針谷岳晃選手が初スタメンなりましたが、期待していたことと評価をお願いします。

                  A:立ち上がりはポジション取りが少し遅かったんですけど、段々慣れてきて、やっぱり収ままったところでもらうと効果的なパスを簡単に出してくれていました。うちでのスタメンで90分やったのは初めてですけど、随分慣れてきたのと、やっぱり質の高いパスを供給するという感じがします。ゲーム体力だったり、ゲームのスピードに慣れてきたら、もっと違う事がやられるんじゃないかなという感じを受けました。90分は初めてなので、うまくリカバリーをさせて良い形で使えれば良いなと思います。
                   

                  選手コメント

                  DF6 岡村 和哉 選手

                  Q:今日の試合を振り返ってください。

                  A:やっぱり前からのプレスが新潟さんは強かったので、割り切ってというのもありましたが、繋ぎながらでもゴール前まで行けるチャンスもあって。けど、その後新潟さんの圧力に負けてゴール前で守備をする時間も長かったかなという印象です。
                   

                  Q:後半は少し落ち着いて動かせるようになったのかなと思いますが、その辺りはいかがですか?

                  A:スタイルはうちと似ていたので、後半にちょっと強度が下がってくるだろうなというのはあったので、足元足元にならずに前半からフォワード陣や前の選手は裏を狙ってくれていたから、そういうので新潟さんも足が止まってくるだろうなというのはあったので。あと監督がハーフタイムの指示で、良い位置に立つことが大事という話もあったので、それをみんな実行できたという感じはありました。
                   

                  Q:今日は悔しい失点になったと思いますが、あの場面はオフサイドという感じだったのでしょうか?

                  A:映像を見るとオフサイドに見えますけど、どうしようもないので。悔しいですけど、新潟さんの方だったらあれはオフサイドじゃないと言うだろうし、こっちからしたらオフサイドというだろうし。映像を見てもらえたら分かると思いますけど。こっちも点を取っていないので、こっちが2点を取っていればあの失点1点あっても勝っていたし、その辺は自分たちの力の無さというのもあるので真摯に受け止めて、これもサッカーと思って前に進んでいかないといけないと思います。
                   

                  MF33 針谷 岳晃 選手

                  Q:今日は加入後初先発でしたが、どのようなことを意識して試合に臨みましたか?

                  A:自分に求められている縦パスだったり、チームの循環役と言うか良いテンポで回せるようにというのを意識してやりました。
                   

                  Q:特に後半は針谷選手から良い攻撃が始まっていたと思いますが、前半から後半にかけて修正した部分はありますか?

                  A:修正と言うか、相手も前半あれだけ来ていて後半も来るというのは多分無理だと思っていたので、そこのプレスが弱まったかの違いだと思うので、特別変えたことはあまりないです。
                   

                  Q:相手の背後にうまく配給できたていたと思いますが、そのあたりは狙いとして持っていたのでしょうか?

                  A:そうですね。左サイドの背後がすごく空いていたので、椿(直起選手)もそうですし、ケンタくん(福森健太選手)もそうですし、あとはレレくん(ディサロ燦シルヴァーノ選手)が前半から抜け出しができていたので、そこは意識して蹴るようにはしていました。
                   

                  Q:次の試合に向けて意気込みをお願いします。

                  A:連敗したので次は勝たないといけないですし、まだ昇格も諦めていないので、しっかりリカバーして次の試合に100%で向かえればと思います。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop