ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2017
第19節

2017.8.19(土)

18:00KICK OFF

ミクニワールドスタジアム北九州

試合終了

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

-

-

-

藤枝MYFC

藤枝MYFC

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  A:最初にサポーターの方、ギラヴァンツを支援して頂いている皆さんに本当に申し訳ないと思っています。ゲームに関して言うと敗因は3つあると思います。1つ目は立ち上がりの時間帯で点が取れなかったこと。2つ目がセカンドボールでの戦いに負けてしまったこと。3つ目がアタッキングサード、点を奪いにいくところでのミス、ボールロスがありチャンスができなかったのかなというのが大きな敗因だと思います。

                   

                  Q:厳しい結果になりましたが、敢えて収穫を挙げるとすればなんでしょうか?新加入の選手の評価もお願いします。

                  A:そうですね、なかなか評価がしづらい内容ではあったので、今日のゲームだけでの評価は難しいと思います。ただ、これまでのトレーニングだったり彼らが持っているポテンシャルを含めて非常に期待値は高いです。ただサッカーは11人でやるスポーツですので、1人ではなかなか難しいと思います。チームが上手く機能した時に彼らの力も発揮されると思いますので、次のゲームに期待をしていきたいなと思います。

                   

                  Q:山藤選手と安藤選手獲得の意図

                  A:まず安藤に関して言うと、前に出る推進力や突破のところ、またチャンスメイカープラス決定力という部分を期待をして取りました。山藤に関して言うと、中盤でのバランスを含めて質のところ、若干うちのチームでは質のところが足りない部分があったので、中盤での溜めプラスゲームコントロールの部分を期待しています。

                   

                  Q:J2昇格に向けて不安な内容になってきていると思うんですけど、ここからJ2昇格に向けてのチーム間で共有しているようなJ2昇格のプランをあれば教えて下さい。

                  A:今日のミーティングでも話をしたんですけど、まず残りの15試合を戦っていく上で今の順位だと私達のできることは1つ1つ勝っていって積み上げていくしかないと。きっちりやってきたことをしっかり表現できれば自ずと結果は見えてくるという話はしました。ただ、ゲームの内容から言うとプラン通りできなかったというところはあります。ただJ2というところでは難しい状況ではあるんですけど、私達ができることというのは勝っていくしかないということを選手達には伝えました。

                  選手コメント

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:残念な結果になりました

                  A:本当に大事な試合だと思って臨んだ試合でしたし、結果が出せなくて残念です。

                   

                  Q:中断期間にやってきたことは出せましたか?

                  A:立ち上がりは狙い通りだったと思いますし、そこからチャンスがあった中で決めきれなくて徐々に相手の流れになったと思いますし、まだまだそこから自分達のペースに持っていくだけの力がないなと思ったし、悪い流れの中でなんとか自分達の流れに持っていかなきゃいけないなとは思いながらも、そこら辺の力不足だと思います。

                   

                  Q:来週はミクスタ満員大作戦ということで1万5千人を目指してチームは集客していますが、修正していくべき点はどういったところですか?

                  A:まだ終わったばかりなので、映像を見て感じる部分も違うと思うので一概にどれっていうのは今はわからないんですけど。ただ、もっとセカンドボールのところだったり、プレー以前の問題、気持ちだったり。改めて変えていかなきゃいけないのかなと再確認しました。

                   

                  Q:試合が終わった後のゴール裏からの拍手はどうご覧になりました。

                  A:シーズン最初にサポーターの方たちと話す機会があって、自分達を信じて最後まで応援してくれうということを言ってくれてましたし、そういう気持ちを強く感じたので僕達は結果で返すしかないし、良い準備をいていきたいです。

                  MF10 井上 翔太 選手

                  Q:3バックのプレスのかけ方は特に後半は難しそうに見えたんですけど。

                  A:ワイドがいるのでそれをサイドバックとどっちが行くかという間にポジションを取られた時に、3バックに対して上手く行けなかったりとか、遅れて行ってワイドに出されてというのが結構あったので。全体的にもう1個ラインを下げてから3バックに僕らがもうちょっと行きやすいようにしてから行った方が良かったかなと思います。

                   

                  Q:後半苦しんだのはその辺が主な要因ですか?

                  A:それもあります。ボールの失い方も悪かったし、前半と比べて距離感が良くなかったので。ボールを取った後とかにうまく前に人数をかけるのができなかったので、守備の時間が多くなったかなと思います。

                   

                  Q:立ち上がりは凄く良かったと思いますが、やはりあの時間帯で点が欲しかったですか?

                  A:そうですね、監督もいつも言ってるし、最初取れるところで取っておかないと結局最後にやられてというのが今年結構あるので。選手も分かってやっていますけど、もっとシュートの部分だったりを練習からやるしかないので、そこは今年の課題だと思ってるのでしっかりやっていきたいと思います。

                  MF22 山藤 健太 選手

                  Q:移籍後初の公式戦でしたが

                  A:結果的に負けてしまったのでそれが非常に残念です。個人的にも今日の試合は勝ち点3を絶対に取りたかったので、それが0で終わってしまったので残念です。

                   

                  Q:今後出していきたいというのはどうでしょう。

                  A:やっぱり基本的な球際とかそういうところで負けないとことか、あとはセカンドボールを拾って自分達の流れに持っていくとことか色々やることはいっぱいあるますけど、まずはしっかり今日みたいなゲームだったら、あれだけチャンスがあったので決めるところを決めてもっと楽なゲームにできたと思うので。その辺をしっかりやっていかないと厳しい試合になるので。

                   

                  Q:北九州のサポーターの印象はいかがですか?

                  A:あれだけ熱く応援してくれているので結果で応えることができなくて凄く申し訳ないです。来週はまたホームであるのでそこでしっかりいい試合を見せれるようにしたいです。

                   

                  Q:来週までに修正したい点はありますか?

                  A:最後の決めきる精度だったりとか、あと守備の面でももうちょっと修正するところはあるので。課題はいっぱい出たと思うので、同じ課題がまた出ないようにしっかり修正したいです。

                  MF31 安藤 由翔 選手

                  Q:移籍してはじめての公式戦でしたがいかがでしたか?

                  A:全くなんにもできなかったです。特にボールコントロールのところですかね。

                   

                  Q:ゴール前に迫っていってると思いましたが。

                  A:ボールに対する動きとかはもしかしたら、そう思われたかもしれませんが、ボールが入った時の扱い方が雑というか。

                   

                  Q:連携がまだ完全ではないかなという感じですか?

                  A:そうですね。もっと良くなると思います。

                    練習は守備のことが多かったですし、攻撃に関しては自由にみたいな感じだったです。

                   

                  Q:後半戦の抱負を聞かせてください。

                  A:チームの勝利に貢献できるプレーをやりたいです。

                  DF13 浦田 樹 選手

                  Q:ゲームを振り返って

                  A:相手はサイドが特長だというのは分かっていたので、そこは練習中から意識してやっていたので、トレーニングでできてたこと、意識していたことは試合中も何回か見えたので良かったなとは思いますけど。やっぱり後半になってボールを取られた後に上手く展開されてサイドで数的不利になって、味方が翔太くん(井上選手)が下がる形になって5バック状態になったのは試合中に嫌だなと思っていた時にやられてしまったので。やりきるところとクロスに対しての対応とセカンドボール、そこですね。

                  序盤は右サイドを結構崩せていい感じだなと思っていたんですけど、そこから大地くん(川島選手)も中に行ってて、結局右サイドでやっていたんですけど真ん中に行ってもうまくいかなくて。結構呼んでいたんですけど。今日はなかなかボールが来なかったイメージですね。

                  pagetop