ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2021明治安田生命J2リーグ
第3節

2021.3.14(日)

14:00KICK OFF

石川県西部緑地公園陸上競技場

試合終了

ツエーゲン金沢

ツエーゲン金沢

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  今節、チームは今季初勝利を懸けてアウェイでのツエーゲン金沢戦に臨みます。今季の金沢は5年目の指揮となる柳下正明監督の下、これまでと同様のスタイルで、しかし大幅な戦力入れ替えによって上位進出を狙えるチームとなっています。

                  金沢のチームスタイルはすでにご存じの方が多いとは思いますが、小林伸二監督の言葉でおさらいをしておきましょう。

                  「まず守備が堅いチームです。そのやり方が特徴的で、人がエリアを担当するのではなく、人が人につく、マンツーマン・マークをベースにしたディフェンスをします。マークする相手が決まっているので、フィジカルコンタクトが激しく、球際の争いを制して相手の攻撃をコントロールしてきます。堅守といっても、後ろに引いて守るのではなく、ボールホルダーに対して積極的にアクションを起こす守備ですね。やり方は異なるにしても、能動的な守備という点でわれわれと共通します。攻撃にはスピードがあります。守備から攻撃への切り替えが速い。そこから相手ゴールに向かってボールを運ぶスピードもあります」

                  戦術に違いはありますが、アグレッシブな攻守という点でギラヴァンツ北九州と共通するチームとの一戦はどんな戦いになるのでしょうか。小林監督は「どちらも自らがアクションを起こすサッカーなので、打ち合いという表現通りの結果になるかどうかは分かりませんが、内容的には積極性がぶつかり合う試合になると思っています」と言います。

                  前述したように今季の金沢は多くの新戦力が加入しています。2節を終えての成績は1勝1敗。第1節はV・ファーレン長崎を相手に1-2で敗れましたが、前節のファジアーノ岡山戦を1-0でものにして今季初勝利を挙げています。この2試合の先発メンバーは同じで、7人が新加入選手でした。

                  新戦力の中で注目したいのがオーソドックスな[4-4-2]システムの中で2トップとしてコンビを組む二人、横浜FCから加わった瀬沼優司選手と愛媛FCから加入の丹羽 詩温選手です。瀬沼選手は30歳というベテランの域に入りつつある選手ですが、ハードワークが武器の一つで、ディフェンスラインの裏を取る動きを繰り返しながら隙を突いてゴールに迫ります。昨季はJ1で19試合に出場しており、能力と経験を備える選手です。

                  その瀬沼選手とコンビを組む丹羽選手も同様に豊富な運動量が持ち味で、チャンスメイクはもちろんですが、高いシュート技術からの得点力も備えており、昨季21位と低迷した愛媛において6ゴールを挙げる活躍を見せました。走力が持ち味の2トップの対応に、特にセンターバックはかなり苦労させられそうです。先発が予想される村松航太選手は丹羽選手とは愛媛時代とは別に大学時代でも対戦した経験(村松選手が順天堂大、丹羽選手が明治大)を持っており「僕の方が学年は下ですが、大学時代にもマッチアップしています。よく動くし、ボールの引き出し方もうまいので警戒しないといけない選手。動きが大きい選手なので、自分の近くにいなくてもしっかり動きを見はっておく必要があります」と警戒しています。

                  小林監督は右サイドハーフでプレーする嶋田慎太郎選手が「非常に効いている」と警戒しています。大宮アルディージャから加入したレフティーは、第1節・長崎戦で唯一のゴールを挙げ、また前節・岡山戦では丹羽選手の決勝ゴールをお膳立て。確かに好調な様子ですから、警戒が必要ですね。

                  では金沢戦で勝利を挙げるポイントは何でしょうか。小林監督は「パスコースのつくり方とボールの動かし方」だと言います。金沢のマンツーマン・マークをいかに外してボールを前に運ぶかが攻撃のテーマになるわけですが、まずはボールホルダーの周りにいる選手が素早く、的確なポジションをとって有効なパスコースをつくることが大事。そして、そのパスも、守備をしている相手選手の視線をマークする選手ではなくボールに向けさせるような、いわゆる『ボールウォッチャー』になるような場所へのものとすることがポイントになるということです。

                  もちろん、メンタル面も大事でしょう。金沢は今節が今季初のホームゲームとなりますから、かなり気合を入れてくるでしょうから「積極的に来る相手の勢いを受けるのではなく、それ以上の積極性を見せて押し返す必要がある」(小林監督)のです。

                  さらに開幕2連敗という現実をどうとらえて試合に入るかも大事になります。その点に関して小林監督は選手にこんな話をしたそうです。

                  「新潟戦は負けたけど良い部分もたくさんあった。そして前節の水戸戦は新潟戦よりもさらに良い部分が増えた。特に先制点を取れたこと、そのゴールが前からかかってくる相手に正面から挑み、みんながしっかりパスコースをつくった上での組織的な、かつ意図的なゴールだった。組織で戦っていくんだ、というわれわれにとって待望の形のゴールが取れたことを大切にしよう。それから組織の中で生きる個人のインプルーブ(改善、進歩)も、それによってチームも間違いなくインプルーブしているから自信をもっていこう、という話をしました」

                  もちろん、反省もしっかりとしています。小林監督は続けます。

                  「水戸戦の1失点目はオウンゴールでしたが、仕方がない、で済ませてはいけませんから、みんな映像を確認しました。2失点目はわれわれのビルドアップ時にプレスバックを掛けられてボールを失ったところから始まりました。奪われた後に自陣に戻る選手の姿勢とポジションは適正でしたが、一度、ボールを自陣左サイドに振られた後のポジショニングは反省すべきものだったので、そこもみんなで情報共有しています」

                  選手は自信をもって前向きな姿勢で金沢戦に臨んでくれるはずです。では、最後にサポーターの皆さんも前向きな姿勢でサポートに回れるような情報を。昨季のギラヴァンツ北九州は開幕2連敗のあと、第3節のFC琉球戦で4-0の快勝を収めたことで一気に波に乗り快進撃を見せましたよね? もう一つ。過去6回金沢と対戦していますが、4勝2分けの負けなしです。さあ、初勝利だけをイメージして金沢戦のキックオフを待ちましょう!

                  [文:島田 徹]

                  【3/14金沢戦に向けて】岡村和哉選手 インタビュー

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  前半はものすごく厳しいゲームだったと思います。よくディフェンスとキーパーで0点で守ったという感じだったと思います。後半は裏を取ることと、裏を取ることによって攻撃の幅ができたので、後半は随分違ったなという感じがしています。その中で点が取れたというのは良かったんですけど、あそこから最後まで逃げ切れなかったというのは残念です。前半は再三ピンチを食らっていて凌いでいたのでどうにかと思いましたけど、まだ勝ち点3までは取れないという形で残念な結果です。
                  前半と後半でゲームを変えることができたので、そこは大事にしたいということと、3試合連続コーナーキックからやられているので、そこをどうにかクリアして乗り切りたい。次のホームでは頑張りたいと思います。
                   

                  Q:64分、右サイドバックの本村武揚選手に替えて、生駒仁選手を入れた狙いを教えてください。

                  A:今週はその形で練習をしていて、実を言うと、前回はワタル(野口航選手)が右サイドで入れていましたけど、練習ゲームでも生駒のサイドバッグというのはすごく良くて。センターバックというイメージがあるので、向こうは随分右サイドを仕掛けてきたと思いますけど、十分にやったなと思っています。結構高い位置で滑らかなパスも出せるし、タイミングよくバイタルにも入れられる、カットインで潜り込むということもできて器用な選手なんですね。ただ、1対1というところは中にいる選手なので、意外とそういうふうに見られていますけど、今日は十分にやったなと思っています。なかなか頭からというのは難しいかなというのがありましたけど、今日は本当に良い仕事をしてくれたなというふうに思いますね。
                   

                  Q:今日のようなアシストは予測していたと言うか、期待していたプレーだったということですか?

                  A:カットインで潜るということはできるし、今日はワンタッチでクロスを入れましたけど、サイドからダイナミックなプレーをワンタッチで入れるのがうまいんですよね。脚が長いのでシャープに、ぶれたボールも中に入れるというのは上手いので、そこは期待していました。良い感じでワンタッチのクロスを入れたなというふうに思っています。
                   

                  Q:西村恭史選手を初先発でトップ下に起用されましたが、その狙いと今日の出来について教えて下さい。

                  A:ボランチがワイドにつく傾向があるので、おそらくボランチ間が空くかもしれないという意味ではあそこでうまく機能してくれたと思います。ただ前半丁寧に後ろを取るので、サイドを飛び出してもらうというのが出来ればもっと早めにリズムを作ることができたかなというふうに思っています。後半はすごく起点になって、裏に飛び出すことを後半一発目にやって足元も良かったので、攻撃の起点にはなったと思っています。
                   

                  Q:開幕戦から3試合、前半に苦しめられている印象がありますが、原因についてどう考えていますか?

                  A:今日はものすごく金沢さんがパワーアップして入ったと思うんですよね。そこをサイドまでは行くんですけど、丁寧に後方にボールを回すとどうしても後方から飛び出すパワーというのをまともに受けてしまったと思うんですよね。逆にサイドから後半みたいに背後を取るということでひっくり返すことができれば、多分幅広い攻撃ができた。そこがちょっとできなかったなという、丁寧に自分たちが回すということと、逆にマンツーマンで来ているので、球際の勝負だったり、浮き玉の勝負で足を動かしてセカンドボールを拾うとか、球際を厳しくするというところは学ばなくちゃいけないと思います。そこはちょっと不足していたということ、もともとそこにめちゃくちゃ強い選手がいるわけではないので、どちらかと言うと持つ方が多いですから。でも、そこはやっていくということで後半ああいうふうになるので、そこは良かったなと思っています。3ゲームとも全然違うと思うんですよね。今日の入りは悪くなかったと思いますけど、こういうふうになってしまったというのと、今までは前からプレスをかけていたというところで違ってると思うんですよね。今日は押し込まれたから、逆に球際とシンプルに背後を取るということをもう少しできたら良かったなと。後半みたいなことができたら良かったと思っています。
                   

                  Q:次節のホームゲームに対する意気込みをお願いします。

                  A:今日は厳しいゲームを後半形を変えながら、もう少しのところまでいったと思うんですよね。勝点1しか取れなかったので、次のホームでは勝点3を取る努力と取るという気持ちで戦いたいと思います。なかなかサポーターに喜びを与えられずにいるので、しっかり準備をして勝点3を取りたいと思っています。

                  選手コメント

                  GK1 吉丸 絢梓 選手

                  Q:試合を終えて率直な感想をお願いします。

                  A:終了間際の失点、セットプレーでの失点ということで開幕戦から続いていることなので、改善していかなければいかないと思うし、自分自身ももっとできることがあったんじゃないかなと思っています。
                   

                  Q:前半かなり押し込まれる中で吉丸選手の好セーブが連発して無失点に抑えることができたと思いますが、そのような状況で守備の選手にはどういう声かけをしていましたか?

                  A:どれだけ押し込まれても耐えるというのは試合前から言われていることなので、そこは共通理解としてやっているので特別にこういう声をかけるとかはないですけど、集中を切らさないような声はずっと出し続けていたつもりです。今まで立て続けの失点が続いていたので、そこは失点した後でも切り替えて次の1点を取りに行くようにしようというのは全体で話していました。
                   

                  Q:今日は悔しい結果になったと思いますが、今季初の勝点獲得ですし、続いていた複数失点を回避したこともあり、収穫もあったゲームではないでしょうか?

                  A:アウェイで勝点を取れたのは大きいですけど、勝点3を取れたゲームだと思っているので、そこはもったいないかなというのが1番です。
                   

                  Q:この3試合、吉丸選手の好セーブで失点を防いだシーンが多々ありました。ピンチの場面ではどういう心がけをしているのでしょうか?

                  A:心がけと言うか、ピンチになっても慌てず冷静にというのは練習でも意識しているところです。
                   

                  Q:次節のホームゲームへの意気込みをお願いします。

                  A:ホームで勝点3が取れるように、また1週間改善していけるところは改善して、伸ばせるところは伸ばしてゲームに臨みたいと思います。

                  MF16 西村 恭史 選手

                  Q:今日はトップ下で初先発となりましたが自身のプレーの評価と、今日はどういうプレーをしなくちゃいけなかったのかというのを教えてください。

                  A:チームとして2連敗していて、1節はちょっとだけ出て2節は出られなかったので、少しでもチームに良い流れをと思ってプレーしていました。前半は結構押し込まれる時間が多くて、最初の方はなかなかボールに絡めなかったですけど、金沢が結構マンツーマンで来るので、相手のバックラインとボランチの間に自分が落ちればフリーになるというのは試合前からずっと言っていたので、そこを意識していました。前半の途中から後半にかけて、そこで受けられるようになってからはチームも押し込む時間が増えたし、それを前半の最初からやれれば、もっとチャンスも増えたと思います。個人的にも、もっとシュートとかゴール前のプレーを次は増やしていけたらと思います。
                   

                  Q:来週のホームゲームに向けて意気込みをお願いします。

                  A:今日は勝てなかったですけど連敗は止められたので、チーム全員が前向きに捉えていますし、次の週末の秋田戦に向けてまたチーム全員で準備して次は勝てたらと思います。

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop