ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2020明治安田生命J2リーグ
第42節

2020.12.20(日)

14:00KICK OFF

フクダ電子アリーナ

試合終了

ジェフユナイテッド千葉

ジェフユナイテッド千葉

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  前節のモンテディオ山形戦は前々節のジュビロ磐田戦と同スコアの2-0でモノにして2連勝を達成、今季の5位以上を確定させました。同じスコアではありますが磐田戦と山形戦の内容は大きく異なりましたよね。

                  磐田戦は守備時に選手配置を変えて磐田の攻撃中枢をうまく抑え込んでボールを長く保持して自分たちのペースで試合を進めました。しかし山形戦は2点をリードした後半になって完全にボールを支配されて自陣に釘付けにされる時間が続きました。この山形戦を、磐田戦で右サイドバックから中盤の一角にポジションを移して勝利のキーマンとなった藤原奏哉選手は次のように振り返っています。

                  「山形戦の後半は確かに苦しみました。いつも自分たちのサッカーができるわけではなく、この前の試合はどうしても勝ちたい試合だったので、ああなるのは仕方がないというわけではないんですけど、もちろんボールを持てれば良かったとは思いますが、それでもああいう苦しい展開でも無失点に抑えられたのは良かったと思います」

                  髙橋大悟選手の先制ゴールとディサロ燦シルヴァーノ選手のゴールで前半だけで2点をリードしたことで、どこか構えるような姿勢になったのが後半でした。普段なら3点目を取りに出るのでしょうが、この試合は特別なものでした。

                  今季ホーム最終戦であり、今季限りで現役引退を表明している池元友樹選手のミクスタでのラストプレーを可能とする点差を維持しながら、勝利で華を添えたいとの思いが、つまりは藤原選手が言う「どうしても勝ちたい試合」という位置づけになったのでしょう。

                  しかし45分間も押し込まれ続けた中で見せたあの集中力は見事でした。それは「どうしても勝ちたい」という思いがいかに大きいものであるかの証でもありました。

                  87分にピッチに入った池元選手もその思いを感じたのでしょう。試合前には自らのミクスタでの最後のプレーを意識していたようですが、いざピッチに入ると、ただみんなが望む勝利に向けて普段通りにプレーしている自分がいたと振り返っていました。

                  少し不格好な勝利試合となりましたが、熱い思いが詰まった素晴らしいゲームでもあったと思います。試合後の池元選手の引退セレモニー、そこでの言葉、深く胸に染みました。とても素晴らしい2020年最後のホームゲームになったと思います。

                  しかし今季まだあと1試合が残っています。アウェイでのジェフユナイテッド千葉戦には4位浮上がかかっています。勝点で並ぶ4位・ヴァンフォーレ甲府は得失点差「2」で北九州を上回っています。千葉戦に勝って、甲府が最終節のファジアーノ岡山戦で引き分け以下の結果に終われば逆転で4位に浮上できます。ともに勝つ、あるいはともに負けた場合は得失点差が勝負となります。

                  では、千葉に対する印象を小林監督と千葉県出身の加藤弘堅選手に聞いたので紹介します。

                  「まず選手層が厚いチームですね。攻撃はロングボールを入れた後にセカンドボールを拾って、そこからクロスを入れてくる形が多いのと、攻撃全体の印象は連動性より個人の技量が先行しているということ。得点パターンはクロスと後方からのワンタッチクロスからのものが多いという印象ですね。ビルドアップはうまいのですが、ボールを動かす時に個々の選手の立ち位置があまり変わらないので、守備側が連動すればハマりやすいのかなと思います」(小林監督)

                  「しっかり後ろでブロックを組んで守って、点が取れる前の選手の個の力を生かしてくる、というイメージです。実際、今季一度目の対戦(第15節、3-2で勝利)では、そのイメージ通りクレーベ選手に先制ゴール決められました。個の能力が高いことは分かっているけど抑えるのは簡単ではない。クレーベ選手はそれができる選手だし、サイドには船山貴之選手や堀米勇輝選手など、アシストやゴールという数字を残せる選手がいるので、そこにも注意が必要です」(加藤選手)

                  2人の言葉からすると、千葉の攻撃陣の個の能力を組織として抑え、またギラヴァンツ北九州の武器であるハイプレスで千葉のビルドアップを分断してショートカウンターや、ボール保持からの形も含めて、じっくり攻撃の時間を持てそうだとのイメージがわいてきますね。

                  小林監督の言葉にもありますが、千葉の割り切ったロングボール主体の攻撃にも気をつけなければいけません。これに関しては藤原選手が次のように話していました。

                  「前回対戦で僕は後半からの出場(67分から)となりましたが、千葉は前線に櫻川ソロモン選手のように高さがある(190センチ)選手を入れてパワープレーをしてきました。そこでの競り合いで勝てず、その後のセカンドボールもなかなか拾えず苦労した記憶があります。もし今回、僕らがリードしたら千葉はそういう展開に持ち込んでくるかもしれません。僕らは高さがあるチームではないので、そこで勝負するのではなくて、チャレンジ・アンド・カバーなどグループとしてしっかり対応することと、個人の予測とポジションどりが重要になると思います」

                  千葉は現在15位ですが、今節はホーム最終戦であり、田坂祐介選手が今季限りでの現役引退を発表していて、前節のギラヴァンツ北九州と似た状況での一戦になるので、勝利に向けた強い意欲を持って試合に臨むはずですから簡単な試合にはならないでしょう。それでも、4位浮上、それによる自分たちの価値向上というところに焦点を向けて千葉を上回るパワーを発揮して3連勝で今季を締めくくってほしいですね。

                  前節の勝利で終盤に設定した「6位以内」という目標は達成ずみです。これは2014年に始まったJ3リーグからJ2へ昇格したチームが昇格初年度に挙げた成績として過去最高順位だった、16年のFC町田ゼルビアの7位を上回るものであり、十分な健闘と賞される成績です。

                  しかしもし4位という位置に登ることができれば、大健闘という形でギラヴァンツ北九州のサポーターの方々の語り草になるばかりではなく、サッカーファンの頭の中にも長く記憶に残るのではないでしょうか。ぜひ、そうなることを願って、今季最終戦、千葉との一戦に皆さんも参戦しましょう!

                  [文:島田 徹]

                  前節のハイライト

                  監督コメント

                  Q:今シーズンを振り返って、うまくいった点と、後半はなかなかうまくいかず成績が下がってしまいましたが、再浮上できなかった要因を教えてください。

                  A:我々が去年からやっていることがうまく機能したということは良かったと思います。後半戦については少しそういうところで(相手に)戦略を練って来られた中で、それに対して対応が難しくなったということですね。その2点だと思います。
                   

                  Q:良かった点をもう少し掘り下げるといかがですか?

                  A:我々が去年からやっている前線からのプレッシャーということですね。プレスの方法も違いますし、そういうところでおそらくちょっと度肝を抜かれたというところがあると思います。それをやらせてもらえるチームというのはそこでチャレンジできますけど、戦いですからそこを回避して逃げてロングキックということになると対応が難しかったと思います。そういうところで、今度は中盤のディフェンスや最終ラインのディフェンス、どうしてもサッカーがテンポ良くならなくて、ロングボールとスローイン、リスタートというまったりしたゲームになるとなかなかテンポがでないので、今年はそういうサッカーになると苦手になってしまう。それは我々が、個人の力が優れてフィジカルが強いわけでなくて、テンポよくボールを回すというところがあるので、そこでうまくいかなかったですけど。見てて面白い切り替えの速いサッカーをやってくれるチームとは、うまくいったり、当然負けることもありますけど、そういうサッカーができたと思います。その中で当然我々のいいところとそこを回避してウィークなところがある訳で、そこを突かれないようによりプレスがかかるか、プレスが甘かったらそこを突かれるというところになると思います。そういうところが後半はうまくいかなかった。当然サッカーなので攻撃と守備があって、守備が上手くいかなかったら落として守備をすればいいじゃないかというのはあります。それは当然なんですけど、そうすると速攻をできる能力もいるし、やっぱり良いものは何かということで出していっているので、できないからそういう風に良いものをできるようによりしていくというところには、まだ精度と言うか個人のところともっと組織的に連動するという、上には上がありますけどそれをやり続けて、もっと質が上がっていくということができれば良いのではないかと思います。そこは後半戦に学んだことです。
                  ジュビロ戦から戦い方を変えて、今日も変えて、今日は失敗しましたけど少し形を変えても答えが出ているので、そういうのも来季には引き出しの1つになっていけば、もうちょっと違うのではないかという感触は出ています。
                  10月がちょっときつかったですね。勝ちゲームを勝てなかったりとか、引き分けが多くて10月は1勝もできなくて、ああいうところの振り返りだったり、チームがやっぱり経験していて選手の底上げと言うんですかね、疲れた時に選手を替えた時にやっぱり勝ちきれていないというのが10月で、その辺りに底上げがあってもう少し何勝かできたらまた違った形で後半戦はより集中して戦えたかなと思います。そういうところは良い経験をしましたし、経験をすることによって個人が伸びていったり、レベルの高い選手が少しずつ入ってくるとまた変わっていくと思います。そういうことを感じました。個人もそうですけどチームにとっても素晴らしいシーズンだったと私は思っています。

                  選手コメント

                  DF29 佐藤 喜生 選手

                  Q:今日は初スタメンで90分プレーして手応えや課題が見つかったと思いますが、そのあたりいかがでしょうか?

                  A:自分的には手応えというよりは課題の方が多いですね。
                   

                  Q:具体的にはどういうところですか?

                  A:もう全てです、自分的には。ひとつのパスもそうですし、競り合いもそうですし、自分的には全部納得いかないプレーでした。
                   

                  Q:今日の90分を今後どのように活かしていきたいですか?

                  A:練習から意識を変えて、自分が将来どうなりたいかというのは自分にしか分からないので、そのための第一歩として今日は試合に出たんですけど、自分の思う通りにいかないことばっかりだったので、一からまたやり続けていこうかなと思います。
                   

                  FW28 鈴木 国友 選手

                  Q:今日のご自身のゴールと試合の振り返りと、今シーズン全体の総括をお願いします。

                  A:今日の試合は少し僕らもいつもと形を変えて、相手のサッカーに合わせて前からしっかり守備をはめれるようにと臨んだ試合だったんですけど、今シーズン初めての形をとってその中で立ち上がりはイマイチ自分たちもはめられずに、少しを押し込まれる展開になってしまいました。そこは自分たちの力不足をすごく感じました。その中で、少し良い時間帯に点を取ることができて、もう少し前半我慢できれば良かったんですけど、1失点してしまいましたけどまだ時間もあったので、もう少し落ち着いて試合を運べればという中でイージーなミスも多くて、なかなか僕らに時間が来ないような試合展開になったと思います。
                  今シーズンは前半戦は僕たちの色を出すことに全員が集中して、いつも通り練習でやってきたものを出すだけで、それが結果に直結していたんですけど、後半戦は相手からも対策して警戒される中で、その対策を僕たちが自分たちのサッカーで上回れない時期も増えてしまったんですけど、少し盛り返しながら自分たちのやり方も変えながらできたシーズンではあったので、シーズン通してJ1昇格という目標は達成できなかったですけど、チームとしては決して悪いシーズンではなかったと思っています。
                   

                  Q:リーグ後半戦のことを伺いたいのですが、印象としては成績が下がってくる中で踏ん張れず再浮上できずという印象もあったのですが、その要因はどういった点にありましたか。

                  A:先ほども言ったように、相手の対策を僕たちが上回れなかったのが1番大きかったなと思います。自分達も前半戦の結果で少し満足していた部分もあると思いますし、そこにやっぱり隙だったり慢心みたいなものもあって、やはり1度失った流れというのは取り戻すこともすごく難しいというのは肌で感じました。その中でやり方を変えながら個人のレベルアップも図りながら、少しずつ盛り返せたかなと思ったところで、少しまたこけてしまったり、最後は正直踏ん張れなかったなという印象は僕もあります。
                   

                  Q:小林監督も似たようなことをおっしゃっていましたが、具体的に相手チームの対策というのはどう感じたのでしょうか?

                  A:やはり僕達が前からハメてくるチームというのは分かっている中で、前半戦はそれでも僕たちのプレスのスピードに相手がなかなか対応できていないということが多くて、すごくはめれた部分もあったんですけど、少し相手が立ち位置だったり、僕達は前からハメて行くので後ろが同数になっていることもあるので、徳島戦もそうですし今日も僕達が前からいく中で3バックの1枚が食いつくとその背後を突かれてセンターバックがつり出されるシーンが何度もあったと思います。そういう風に、僕らに合わせてくる相手に対して、後手を踏んでしまうということが対策されたなと感じるところだと思います。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop