NEWSニュース

スクール☆ギラヴァンツin清水小学校

2022.11.09

ホームタウン

今回のクール☆ギラヴァンツは、清水小学校へFW髙澤優也選手、GK後藤大輝選手と訪問しました。

開催日

11月4日(金)

開催校

北九州市小倉北区 清水小学校 (鍜治 孝校長)

参加選手

FW10 髙澤 優也 選手 、 GK 後藤 大輝 選手

スクール☆ギラヴァンツ5時間目

5時間目の体育はスクールコーチの末綱コーチ、小野コーチがメインを担当。
数集まりゲームや、試合などで体を動かしました。

授業の最後に、2選手にロングスローからのトラップとリフティングのパフォーマンスを披露していただきました。

6時間目は髙澤選手と後藤選手から「夢」についてお話をしていただきました。

髙澤選手

小学生の頃からサッカー選手を目指していた。体の一部に筋肉がつかない病気を持っており、小学生の頃に野球などのスポーツはあまりお勧めできないと言われたので、サッカーに専念していた。学生時代はサッカーしかしていなかった。大学卒業後にプロになり、群馬→大分→新潟とプレーし、現在北九州でプレーしている。学生の頃、プロには簡単になれると思っていた。今サッカーに関わらず様々な分野でプロを目指している子がいると思うが、強い気持ちを持っていれば、なれると思う。小学生のみんなには日々夢を大切に過ごしてほしい。甘い世界ではないということも知ってほしい。

後藤選手

埼玉県浦和市出身で、サッカーがとても盛んな地域だったので、学年の3分の1はサッカーを習っている状況だった。小さい頃の夢はサッカー選手だった。父親はサッカーに対して厳しく、学校から家に帰ると玄関におにぎりとサッカーボールが置いてあり、家に上がることなくすぐにサッカーしにいっていた。小学生時代はスイミングスクールにも通っていた。中学・高校は」大宮アルディージャのユースに所属、その後大学に進学しサッカーを続けていた。大学に入り様々な活動をしている同級生がいてとても刺激を受けた。小学生のみんなには、広い視野を持って人と接して欲しい。いままであまり喋ったことのない同級生と喋るなど、いろんな考えをもてる機会になると思う。今はいろんなことに興味を持って挑戦していってほしい。

清水小学校の皆様ありがとうございました!