NEWSニュース

スクール☆ギラヴァンツin富野小学校

2022.09.14

ホームタウン

今シーズン第2回目のスクール☆ギラヴァンツを富野小学校で実施しました。同校への訪問は2018年以来。5時間目はスクールコーチによる運動教室、6時間目は選手2名による「夢」授業を実施しました。

開催日

2022年9月9日(金)

開催校

北九州市小倉北区 富野小学校 (田邊伸三 校長)

参加選手

MF6 西村 恭史 、 DF20 長谷川 光基 選手

スクール☆ギラヴァンツ5時間目

5時間目はつなこーち、あやとコーチの2名が担当し、45名の児童たちと一緒にボールを使ったゲームで体を動かしました。数集まりゲーム、ボール渡しゲームなどを実施しました。コーン増殖ゲームでは先生方も加わり、大盛り上がりの5時間目となりました。

6時間目は西村選手と長谷川選手から「夢」について話を聞きました。

西村選手

サッカーは小学4年生から習い始めた。それ以前は空手と水泳を習っていた。
中学時代は怪我もあり、試合に出場する機会にあまり恵まれなかった。しかし、サッカーが好きな気持ちが強くやり続けた。高校を卒業しプロになることができとても嬉しかった。親にもたくさん迷惑をかけたので、感謝の気持ちを伝えた。親には何かあったらすぐに話し、いろんなことを相談して欲しい。夢がある、ない関係なく、学生時代は好きなことをやって色んな経験をして夢に繋げてほしい。

長谷川選手

サッカーは兄の影響で習い始めた。小学生から選抜に選ばれ、プロになりたいと思っていた。
小学生時代は楽しいことを優先し、どんなことも楽しくなるように生活していた。中学、高校とFC東京のユースに所属。学生時代は練習を怠らなかった。その結果、大学時にプロへのオファーがきた。
大学生時代は夢をあきらめようと思い、就職に向け少し動いていた。しかし、もう一度プロサッカー選手になりたい気持ちを思い出し、続けることができた。
嫌な事でもやり続けること、達成するまで諦めずに続けることが大事。

西村選手も長谷川選手も初めてのスク☆ギラでしたが、しっかり児童に向けてメッセージを伝えてくれました。
今回のスクギラを通して夢に向かう、叶えることへのきっかけに繋がれば嬉しいです♪
最後は記念品のサイン入り選手パネルを進呈しました。
富野小学校の皆様ありがとうございました!