NEWSニュース

【10/9vs.八戸/ホームゲーム】【健康・福祉】With!! KITAKYUSHU ~SDGsプロジェクト2022~分身ロボットOriHime(オリヒメ)プロジェクト

2022.10.05

ホームタウン

距離や障害を乗り越え孤独を解消するために開発された分身ロボット「OriHime」。
昨年実施した実証実験から当プロジェクトを進化させ、このたび株式会社オリィ研究所(代表取締役CEO吉藤健太朗、東京都)と一般社団法人先天性ミオパチーの会(代表理事伊藤亮、北九州市)との協働により、スタジアムでの受付業務として本格導入することになりました。

■趣旨・目的

スタジアムに設置した「OriHime」を通じて、障害や療養、介護や育児等により外出困難な方に自宅等の遠隔地から来場者の受付等の業務にあたっていただきます。当プロジェクトを通じて、外出困難者の就労機会の創出と社会参画の促進を目指します。

■OriHimeでの受付業務

①ファンクラブブースでの受付(1階にぎわいプロムナード)
②VIPフロアでの受付と試合終了後のお見送り(3階VIPフロア)

■当業務の実施期間

10月9日(日)vs.ヴァンラーレ八戸戦
10月23日(日)vs.ガイナーレ鳥取戦
11月6日(日)vs.SC相模原戦
11月13日(日)vs.カターレ富山戦

■分身ロボットOriHimeとは

子育てや単身赴任、入院など距離や身体的問題によって行きたいところにいけない人のもう一つの身体、それが「OriHime」です。
「誰かの役に立つことをあきらめない」
「寝たきりで声を失っても会話できる」
「今の自分に合った働き方ができる」
OriHimeは距離も障害も昨日までの常識も乗り越えるための分身ロボットです。

※「OriHime」は株式会社オリィ研究所の登録商標です。
「OriHime」プロダクト元:株式会社オリィ研究所