NEWSニュース

旦過地区復興に際して

2022.08.16

ニュース

4月の大規模火災から復興の矢先、再び前回を上回る火災に襲われた旦過地区の皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

火の手は前回、被害を逃れた食料品店、飲食店なども呑みこみ、20日に創業83年を迎える予定だった映画館「小倉昭和館」を焼失させ、大学生が運営する交流拠点「大學堂」にも襲いかかりました。

いずれも、被災者や支援者に場所を提供してサポートしてきました。余りに非情な惨禍に言葉もありません。

ただ、人情と活気があふれる市場と、映像文化の価値を発信して続ける小倉昭和館などを有する旦過地区は、北九州のかけがえのない財産です。

クラブは最初の被災後から実施してきた方針通り、シーズン終了までホームゲームでの募金活動や、復興支援Tシャツの販売などを継続します。

さらに21日のギラヴァンツ サマーフェスティバルの売上の一部を復興支援に寄付するとともに、先着10000人の入場者に、袖に旦過のロゴ入りのベースボールシャツを無料配布する予定です。ギラヴァンツ北九州はこれからも、旦過の人たちの想いに寄り添いながら復興をサポートしていきます。

もう一つ、胸に刻み込まなければならないのは、Y.S.C.C.横浜が示してくれたリスペクト。対戦相手のチームが大切にする地域への想いを尊重し、復興支援Tシャツを着用して入場してくれたことです。本当に感謝にたえません。サッカーというスポーツの素晴らしさを伝えつつ、これからも旦過、この北九州に寄り添っていく覚悟を新たにしています。

2022年8月15日
ギラヴァンツ北九州
代表取締役社長
玉井 行人