NEWSニュース

「吉富町」×「ギラヴァンツ北九州」特産品開発企画会議を実施しました

2022.03.08

ホームタウン

フレンドリータウン協定を結んでいる吉富町とさつまいもチップスの今秋商品化に向けて、開発企画会議を実施しました。
長引く新型コロナウイルスの影響で2度延期になりましたが、昨年のホームゲームで実施した試食会のアンケート結果を踏まえ、更に味の改良を重ねたさつまいもチップスを本会議にエントリーいただいた女性サポーターの皆様にご試食いただきました。
商品名やパッケージデザイン、PR方法等、たくさんの貴重なご意見をいただくことができましたので商品化に向けてブランディングを進めてまいります。
ご参加いただいたサポーターの皆様、誠にありがとうございました。

日時

2022年3月4日(金)18:30~19:30

会場

ミクニワールドスタジアム北九州

吉富町/花畑町長コメント

今年度から、吉富町内でさつまいも「紅はるか」の生産がスタートしました。
吉富町では、農家さんが大切に育てられた「紅はるか」を多くの方に愛される町の特産品にしたいと考え、フレンドリータウン協定を結んでいるギラヴァンツ北九州とのコラボ商品の開発プロジェクトを立ち上げていただきました。
甘くて美味しい、紅はるかという商品をどうすれば、皆様に愛される商品にブラッシュアップできるのか。町のふるさと納税返礼品も視野に入れ、地元を盛り上げる名物商品にするには、どうすればよいのだろうか。
吉富町は、ギラヴァンツ北九州をはじめ関係者や専門家、サポーターの皆さんなど多くの協力者とともに模索しながら、共働で創造していくことを望んでいます。
みなさんのお力をお借りし、多くの方に愛される町の特産品がうまれることを楽しみにしています。

ギラヴァンツ北九州/玉井社長コメント

ギラヴァンツ北九州がフレンドリータウンの吉富町と取り組む「紅はるか(サツマイモ)」を原料にした特産品開発企画は、女性のファン・サポーターの皆様が参加したことで、実現に向けた動きは新たな段階に入りました。
コンセプトの一つである「女性集客のまち」「皆様に愛されるサツマイモチップス」をめぐり、参加者の皆様から提案された貴重な意見を踏まえ、新たなブランドとして協働で育てていくことができればと考えております。
私たちが昨年から取り組む「WITH!! KITAKYUSHU SDGsプロジェクト」はクラブの社会連携活動の中軸と位置付け、吉富町の企画実現を弾みに、今後も多彩な展開を計画しています。