ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2019.08.05

ホームタウン

スクール☆ギラヴァンツin八屋小学校

少し時間がたってしまいましたが、今回は豊前市の八屋小学校で行われた

スクール☆ギラヴァンツの模様をご報告します。

スクール☆ギラヴァンツin八屋小学校

開催日:2019.6.27(木)

開催校:豊前市立 八屋小学校

参加選手:MF7 茂 平 選手、DF26 打越 大樹 選手

 

5時間目は体を動かす授業

まずはゲームで子供たちとの距離を縮めます。

スク☆ギラ初体験で、最初は緊張気味だった打越選手も段々調子が出てきましたよ!

八屋小のみんなは元気いっぱいで、選手も楽しそうにサッカーをしていました。

6時間目は、ゆめ授業 選手による道徳の授業です。

『サッカーを始めたきっかけ』は、

茂選手は、ご両親は野球とバスケットボールの選手だったそうですが、本人がサッカーを初めてやってハマってしまったそうです。

打越選手は、3兄弟の真ん中で、お兄ちゃんや友達の影響で始めたそうです。

質疑応答のコーナーでは、事前に質問をたくさん考えてくれていたようで、たくさんの質問を頂きました。

その中からいくつかご紹介します。

『プロになって一番大変だったことは?』という質問に

茂選手:それまでは遊びだったことが仕事になる。応援してくれる人やスポンサー様に応えないといけない。

そういった意味で責任感が強くなり、一つ一つのプレーを大切にするようになった。

打越選手:「プロは頭を使わないと全く通用しないと感じた。」そうで、現在格闘中だそうです。

 

『プロになるのに一番大切なことは?』

茂選手:自分よりうまい人がたくさんいる中で、プロになるのはほんの一握りなので努力し続けることが大切。

打越選手:気持ちが一番。思い通りに行かない時に「もういいや」と諦めてしまったら成長できない。

と、心構えを教えてくれました。

 

今回の八屋小学校は、大分県との県境の町だったので、大分トリニータとギラヴァンツ北九州のどちらを知ってるか聞いてみましたが、

ギラヴァンツ北九州を知っていると答えてくれた子の方が多く選手も喜んでいましたよ!

今度は是非スタジアムでお会いしましょう!!

pagetop