ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2019.05.02

ホームタウン

スクール☆ギラヴァンツ in 敬愛小学校

春の訪れとともに、今シーズンも選手による小学校訪問授業「スクール☆ギラヴァンツ」が始まりました。

今年も第1回目は門司区の敬愛小学校からスタート。

ステキなウェルカムボードで迎えていただいた当日の様子をお伝えします。

スクール☆ギラヴァンツin敬愛小学校

開催日

2019.4.25(木)

開催校

北九州市門司区 私立敬愛小学校 (堀 奈緒美 校長)

参加選手

DF4 川上 竜 選手、 DF20 河野 貴志 選手

 

スクール☆ギラヴァンツ5時間目

体育館で待つ子どもたちに迎えられ、本日のスタッフ紹介をしていただきました。

5時間目のコーチは平井コーチと末綱コーチが担当。

皆さんにどんなゲームで楽しんでもらおうかな?と始まる直前まで悩みながら準備をしました。

まずは「集合ゲーム」にチャレンジ。

「せーの!」とコーチが笛を吹く数をみんなで拍手しながら体を動かし「集まれ!」の合図で笛の回数分の人数で素早く集合。

同じ誕生月、誕生日付で集まったり「ぞうさんの歌」ゲームでは2人組、4人組、6人組・・・と数が増える毎に難しくなります。

集合ゲームは、体を動かしながらお友達としっかりコミュニケーションを取ることが成功のコツのようです。

ここで、練習後のミーティングのため遅れて到着した川上選手、河野選手の登場。

さっそく選手も加わり「だるまさんが転んだ」ゲームを男女チームに分かれて対決。

みんなでしっかり手を繋いで、息を合わせて動かないと崩れてしまいます。

いつの間にか誰かがリーダーシップを取って声を出し、動きを統制している様子も見られました。

みんなと一緒に体を動かすことって楽しい!という気持ちが伝わってきます。

5時間目の最後は選手によるリフティングパフォーマンス。

川上選手、河野選手2人でプロの技を披露してくれた後は、子どもたちの中からも挑戦者が!

一緒に参加した友だちも周りで応援する友だちも、みんなで盛り上がりました。

スクール☆ギラヴァンツ6時間目

6時間目は、選手によるゆめ授業です。

「プロのサッカー選手」というゆめを叶えた選手たち。

今回が初めてのスクール☆ギラヴァンツとなった宮崎県出身:河野選手から子どもたちへ語り始めました。

[河野選手のお話]

▪幼稚園に通っていたころは野球をしたかったが、2002年日韓ワールドカップを観て「サッカーをしたい!」と父に伝えたのがきっかけ。 

▪それから17年間サッカーを続けてきた中で心に残っているのは、高校1年生の時、全国高校サッカー選手権で優勝したこと。出場機会はなくベンチで試合をみていたけれど、チームの一員として優勝したことが大切な思い出。

▪サッカーを始めた時から将来のゆめは「プロのサッカー選手」。

でもプロになるのは簡単なことではないから、小学校の頃からサッカーの練習後に自主練習をして、父と二人三脚で誰よりも練習をしてきたそうです。

 

ここで河野選手から子どもたちへ質問。

「ゆめのある人!」

これには多くの子どもたちが手を挙げてくれました。

そんな子どもたちへ河野選手は、

「ゆめのために精一杯頑張ってほしい。努力は必ず糧となるから自分が出来ることを考えて努力をしてほしい」というメッセージを送りました。

[川上選手のお話]

・2歳~3歳からすでにボールを蹴り始め、幼い時からサッカーばかりしていた毎日。

・小学生の頃は休み時間、放課後はもちろん、夜も公園でサッカーボールを蹴っていたけれど、サッカーチームの監督をしていた父からすごく怒られて、辞めたいと思った時期もあった。

・それを乗り越えたのは「父を見返してやろう!」という反骨心を持って頑張ってきたから。

・「プロ」はサッカー選手だけではなく、野球選手も小学校の先生もどんな仕事も「プロ」であり、簡単になれる仕事は一つもない。

「ひとつのゆめを叶えるために上手くいかないことがたくさんあるけど、そんな時でも常に楽しんで諦めないこと。目の前のことを1つずつ地道に取り組むことが大切。もしそのゆめを叶えられなかったとしても、何に対しても真っすぐ取り組める人になれる」

という言葉を伝えてくれました。

質問タイムでは子どもたちからたくさんの質問があり、いつの間にか河野選手が肉体美を披露する一幕も・・・。

6時間目も終わりが近づき、先生からのご挨拶と子どもたちへ記念品贈呈。

敬愛小学校からは選手にお礼のお花をいただきました。お心遣いありがとうございました。

最後は子どもたちから明るい笑顔と元気なハイタッチでお見送りしていただきました。

敬愛小学校の6年生は1年間を通じてキャリア教育を学び、学習発表会で自分たちの将来像を発表するそうです。

今日の授業が子どもたちのゆめに向かって歩んでいける一歩へと繋がることを願っています。

ハイライトムービー

pagetop