ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2017.11.24

ブログ

スクール☆ギラヴァンツ in 大里南小学校

選手による小学校訪問授業「スクール☆ギラヴァンツ」

11/16(木)北九州市立大里南小学校6年生を対象にDF前田 和哉(まえだ かずや)選手が訪問しました。

教頭先生が授業の趣旨やギラヴァンツ北九州について詳しく説明して下さいました。

前田選手と平井コーチの紹介も終わり、早速5時間目スタート。

まずは「集合ゲーム」から。

平井コーチが笛を吹いた数だけ人が集まればOK。

次は「手つなぎゲーム」

前田選手と子供たちが徐々に打ち解けてきました。

続いてスクギラ鉄板メニューの「ナンバーコールゲーム」が始まろうとした頃…。

盛り上がっていた子供たちに6年2組担任の中島先生が一喝‼

ピリッとした空気が流れた瞬間をパチリ。

力強いドリブルで子どもたちを蹴散らす‼…様なことはしていません。

女子には優しいジェントルマンな前田選手でした♠

子どもたちと一緒に喜び、一緒に笑う!

常に会場の雰囲気を盛り上げてくれました♪

プロの技を見せるデモンストレーション。

まずは定番の「リフティング」

ギラヴァンツサッカースクール生とリフティングでキャッチボール。

続いて「ボールキープ対決」4本勝負。

まずはギラヴァンツスクール生との1対1。

イエローカードギリギリのプレーです(笑)

1対2でも負けるわけにはいきません。

スクギラ史上初…⁈

6年1組担任の古賀先生が前田選手との勝負に名乗りをあげました‼

最後の1対5では女子チームが新しい戦術を考えました(笑)

楽しかった5時間目も終わり、平井コーチはここでお別れとなります。

 

そして6時間目。

「夢を持つことの大切さ、夢を叶える為に努力することの大切さ」を伝える授業。

前田選手の自己紹介とチームのPRから始まります。

質問タイム。

「どんな質問でもいいよ。何でも答えるから!」と子どもたちに。

子どもたちの聞く姿勢も素晴らしかったです♪

Q:サッカーとは?

A:サッカーは団体スポーツで「仲間と協力する」ことや「練習時間に遅れない」等、サッカーを通して様々なルールを学んだ。

Q:セレッソ大阪時代の香川選手はどんな選手だったか?

A:何かを掴みたい気持ちが強い選手で常に努力をしていた。努力をしていたからこその結果だと思う。

質問タイムが終わった時、生徒を代表して3名からお礼のメッセージ♪

参加してくれた子供たちへ直筆サイン入りクリアファイルをプレゼント。

担任の先生方にもプレゼントしました‼

クラスごとの記念撮影。

6年1組

6年2組

6年3組

最後はハイタッチでお別れ。

記念品としてサイン入りプロマイドを校長先生に贈呈しました。

前田選手からのメッセージ

「努力をする。それをした先に結果がついてくる。夢があって叶えたいのなら忘れずにやって欲しい。ギラヴァンツは今年J2に昇格できなかった。皆の応援がもっと必要。是非スタジアムに来て応援して欲しい。」

 

全ての質問を「夢」に繋げていき、とても話が上手な前田選手。

質問の中で「サッカーをしていて一番辛かったことは…?」と聞かれ、

「今シーズンはケガの一年となった。試合終わったらケアをする、練習後に回復させることが大切だったと改めて気づかせてもらった一年にもなった。若いうちにもう少し知識があれば今回のケガもなかったかもしれない。ただケガをするのも自分の責任。プロとはそういうもの。ケガをしてサッカーできなかったことが一番辛かったが、今はもう復帰してトレーニングに参加している。頑張るので応援して欲しい。」

とてもプロフェッショナルな選手だと感じました。

前田選手が1日も早くミクスタのピッチに立つことを応援しましょう‼

 

次回ホームゲーム最終戦となります。

11/26(日)14:00 K.O

vs アスルクラロ沼津

ミクスタでの応援よろしくお願いします!

 

pagetop