ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2017.11.22

ブログ

スクール☆ギラヴァンツ in 木屋瀬小学校

いよいよスクール☆ギラヴァンツも残り3校となりました。

11月16日(木)は八幡西区の木屋瀬小学校のFW25小松塁選手が訪問しました。

ちょうどこの日は、新1年生の健康診断が行われていて、5時間目の体育は運動場となりました。

 

快晴のとても気持ちのいいお天気で、タケコーチの指導で5年生といっしょに数集まりゲームなどを行いました。

身長の高い小松選手が目印となり、みんなをリードしています。

最初緊張気味だった子どもたちも、あっという間に打ち解けあって大盛り上がりとなりました。

 

木屋瀬小学校には、東海大学付属福岡校のときの弓崎選手の1年後輩の佐藤先生がおられて、デモンストレーションでは小松選手のロングキックのお相手をしてくれました。

6時間目、教室に戻って小松選手にたくさん話しを聞きました。

2歳年上のお兄さんの影響で保育園の時からサッカーをしていた。

チームには小学校1年の時にはいった。

小学4年のとき、Jリーグが始まってプロになりたいと思った。

時には実演を交えて質問に答えてくれました。

強いボールを蹴るには、毎日練習すること。

リフティングは、永遠にできます。

毎日たくさんボールに触っていた。

あこがれは、三浦カズ選手。

勉強もサッカーも両立していた。高校は学力推薦だった。

 

練習がきつかったり、監督に怒られたりしてやめたいと思ったときもあるが、サッカーが好きだからやめることはなかった。苦しさの先に喜びがある。ゴールを決めたり、勝ったときたくさんの人が喜んでくれる。

サッカーをしていて後悔はない。

子どもたちに、サイン入りのクリアファイルをプレゼントしました。

 

最後に小松選手からメッセージ。

夢を持ったら、自分なりの努力をしてほしい。

絶対に叶うとは限らないが、努力しないと叶えることはできない。

大きな夢をもって成長してほしい。

 

子どもたちとハイタッチでお別れしました。

11月26日は、今季のホーム最終戦です。たくさんの応援を待っています。

木屋瀬小学校の皆さん、ありがとうございました。

pagetop