ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2017.09.19

ブログ

スクール☆ギラヴァンツ in 香月小学校

夏休みの終わり、2学期が始まり、スクール☆ギラヴァンツも再開です。

2学期最初の訪問校は、八幡西区の香月小学校です。

ここは、スクールを行っている香月中央公園のすぐ隣りですので、5時間目は上村コーチと鍬塚コーチが担当してくれました。

まずは、軽い準備運動からスタートです。

香月小学校を訪問してくれたのは、楽しそうに準備運動をしているGKの高橋拓也選手です。

Y.S.C.C.横浜のときにスクールの手伝いをしていた高橋選手は、子どもたちとのふれあいを楽しみにしていたそうです。

集合ゲームでもコーチのお題に、子どもたちと一番になってグループをつくっていました。

次のゲーム「手つなぎナンバーコール」でも、フライング気味にやる気をみなぎらせていました。

 

試合ではなかなか見られないGKの高橋選手のドリブル!

フィールドプレイヤー顔負けのドリブルテクニックを見せてくれていました。

デモンストレーションでは、プロならではのキックに子どもたちは感心しきりでした。

 

6時間目の授業では、高橋選手にいろいろな話を聞きました。

サッカーを始めたのは、高橋選手には3歳年上のお兄さんがサッカーをやっていて、お兄さんのシュート練習の手伝いにGK役をしていたのがきっかけなんだそうです。

小学校の頃は、とにかく暗くなるまでサッカーをしていた。

プロになろうとブレずに他人よりも強い思いをもっていた。夢をあきらめてやめる理由はいくつもあるけど、本当に好きならやり続けること。やり続けたからプロになれたと思う。

プロになったときはうれしかったけど、すぐに次の大きな目標(夢)に向かっていた。

 

小学校のときは野菜が嫌いだったが、スポーツ選手は体づくりが大事なので、バランス良く食べることを心がけている。今では嫌いなものはない。

普段は揚げ物や甘いものを食べないようにしている。勝ったときだけご褒美に少しだけ食べる。

北九州は好きです。公園もあちらこちらにあって、生活しやすい。

 

GKはゴールを守るためにとにかく頭が疲れる。

尊敬する選手は、中村俊輔選手。練習開始の2時間前に練習場に来て準備をしていた。

サッカー選手以外ではイチロー。

中学でもサッカーを続けるなら、

サッカーを楽しむこと。小さな目標の積み重ねが大きな目標への道。

サッカーだけでなく、学生生活もきちんとすること。勉強・食事・挨拶・規則正しい生活リズムなど。

 

最後にみんなへのメッセージ。

今、夢を持っている人やこれから夢と出会う人もいると思うけど、

夢を叶えたい強い気持ちをもってほしい、そしてあきらめないこと。

 

高橋選手から子どもたちにサイン入りのクリアファイルがプレゼントされました。

授業が終わっても、何度も握手をねだったりして高橋選手のまわりから離れようとしないこどもたち。

ぜひ、ミクスタに応援に来てくださいね。

pagetop