ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2014.03.30

チーム

【第5節 讃岐戦 選手コメント】

【第5節 讃岐戦 選手コメント】MF28 風間 宏希選手
s140330kazama-goal.jpg
Q:プロ初ゴールになりましたが、決めた瞬感の気持ちはいかがでしたか。
A:相手に当たって気づいたら良いところに入っていたのですが、すごく嬉しかったです。

Q:あのシーンを振り返ってみて、原選手からのボールでしたが、どんな気持ちで動き出したのですか。
A:原くんからボールが回る前に、前のスペースが見えていたので、そこにうまくトラップできればと思って動き出して、そこにボールが来たのでそのまま蹴りました。

Q:それが結果的に決勝ゴールとなりましたが、いかがですか。
A:僕のゴールですけれども、やっぱり勝つためにみんなで試合を戦っているので、始めからみんなでゴールを狙っていきました。

Q:最初コンディションが悪いからなのか、嫌な空気が続きましたが、それを振り払えたことについてはどう思いますか。
A:相手のプレッシャーというのはあまりなかったので、しっかりボールを動かしていけばチャンスはあると思っていました。自分たちが思っていた通りに試合を進めることができたかなと思います。

Q:前節からどういう修正をして試合に臨みましたか。
A:札幌戦は本当に不甲斐ない試合でしたし、切り替えの部分ができてないことによる失点だったので、今週は監督は切り替えの部分に集中していたので、今日はそれが修正できて、勝ちに結びついたと思います。

Q:ホームでの2連勝ということになりましたが、次はどういう風に勝ち点をとっていきたいですか。
A:1試合1試合すごく大変な戦いになってくると思うので、アウェーも勝ち点をとっていかないと、1年後、難しい戦いになってしまうと思います。絶対勝ち点3、少なくとも勝ち点1をとっていきたいと思います。


【第5節 讃岐戦 選手コメント】DF17 星原 健太選手
Q:ゴールシーンを振り返ってみていかがですか。
A:宏基(小手川宏基選手)のパスが適度な感じできたのと、相手が飛び込むしかないみたいな感じだったので、それで蹴らないといけないと思いました。
Q:これで移籍後初ゴールになりますが、実感はありますか。
A:実感としては90分できたということが自分的には嬉しいです。初スタメンでやりきれたのがやっぱり一番嬉しいです。

Q:前半の失点シーンについて、あの時クリアされたのは星原選手でしたが、自分が失点に絡んだということで、やり返してやろうという気持ちはやはりありましたか。
A:チャンスがあったらシュート打とうと思っていました。みんなからは「(点取って)チャラやからな」と言われました。

Q:前節完敗してからの今回でしたが、修正した点はどういうところですか。
A:戦術というよりも、基本的な切り替えとか、球際激しくいくこととかを話して、練習に取り組みました。でもまだ全然出てないなと思います。これからだと思います。

Q:ホームでは2連勝となりましたが、次節にどう繋げていきたいですか。
A:それこそ切り替えを早くして、1対1で負けないとか、基本的なところをやっていくことが結果に繋がると思うし、普段通りだけどもっと意識を高くやっていけるようにしたいです。

Q:今日の試合の感想をお願いします。
A:2点とった後に3点目ももっと狙っていけばよかったと思います。結構受け身になってバタバタしてしまったので、あれでもう1点取りにいけたらいいかなと。でも失点しなかったのは集中していたからだと思います。




pagetop