ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2013.02.17

ニュース

【PSMvs仁川ユナイテッドF.C.】柱谷 幸一監督コメント

■柱谷監督
【PSM vs 仁川ユナイテッドF.C.】柱谷 幸一監督コメント

まず始めに、とても寒い中、多くのサポーターの皆さんとファンに来ていただいたことに感謝しています。本当に期待の表れだという風に理解はしていますけど、こういうゲームで勝てなかったことが非常に悔しいです。ただ、強豪の仁川相手に、うまくいかなかった部分もありあしたが、自分たちもやれてた場面も数多くあったので、ポジティブにとらえて、2週間後の開幕戦に向けて修正していきたいと思います。

s130217hashiratani1.jpg

Q.1: <韓国メディア>仁川の選手で印象的な選手は?またどの部分が印象的でしたか?
まず、一人一人球際が強くて、ウチの選手が2,3人でいってもかわされる場面が多くあったので、フィジカルの差は感じました。特に、デフィンスラインの4人は1対1も強い上に組織的にディフェンスし、素晴らしい守備力だと思いました。
また、キム・ナミル選手がアンカーの位置から短いパスや裏へのパスなど、うまく配給されてしまいました。両ワイドの選手も非常にスピードがありましたが、我々のサイドバックも粘り強く戦えていたと思います。

Q.2: 試合前に選手に伝えた今日の狙いと、試合後に得た課題は?
試合に臨むにあたって、キャンプで取り組んできたことをこのゲームでトライしようと伝えました。相手は強いので上手くいかない部分もあるでしょうけど、怖がってやらなかったら自分たちの悪いところが出てこないので、今日はチャレンジしていようと選手たちには話しました。

Q.3: 新体制で臨んだ試合でしたが、課題や問題点は?
本当に新しいチームなので、少し時間はかかるのは仕方ないこと。大学からの新卒の選手も多いので、彼らにとっては大学の時に局面局面で勝てていた部分というのが、やはりJリーグというカテゴリーになると、そういう場面で苦戦するものです。ただ、その経験を重ねて乗り越えていくことが成長になるわけで、元々持っているポテンシャルは高いので、どんどん良くなっていくと思っています。
特にゴールキーパーの松本は3年目ではありますけど、Jリーグの出場経験が少ない中で、非常に落ち着いてプレーしてくれたと思います。右サイドバックの田中、センターバックの左をやりました市川、松本陽介も地域リーグの関西リーグで1年の経験しかないので、ほぼ新人だと思いますし、途中から入った新井純平とか柿本とか、それぞれの選手が特徴は出せたんじゃないかと思います。

Q.4: <韓国メディア>20年前の韓日のサッカーと、違いは感じましたか?
昔と比べるとパススピードも速いですし、あの頃よりコンビネーションを使ってくるなという印象です。20年前は、個の力で圧倒されましたけど、グループでボールを動かしたり組織力というのは確実に上がっているとおもいました。

Q.5: 強い相手にやれてた部分とやれなかった部分をもう少し詳しくお願いします。
やれてたという部分は、自分たちが速いテンポでボールを動かしていた部分、自分たちのリズムで試合を運ぶことできたこと、守備の部分でも、前から奪いにいった部分はいくつか取れていました。
サッカーっていうのは、点を多くとった方が結果として勝つ。相手に失点されない、点を相手より多く取らなきゃいけないスポーツなので、やはり失点の場面というのは、時間帯も含めてもったいなかったです。しっかり抑えて、自分たちも3,4回あった決定的なシーンをしっかり決めきらないと、結果として自分たちに勝ちというのは転がってこないので、そこはしっかりやっていかないといけないところだと思います

Q.6: 攻撃は、選手たちの特性をいかしたいという話でしたが、今日の前線の2人、大島選手、池元選手には、どの様な評価をしていますか?
2トップの距離感がちょっと遠かったと思います。もう少し近い距離でやって欲しかったですし、中盤の選手たちも距離が空いてて、全体的に距離感が悪く、お互いの特徴を引き出すことはできませんでした。ただ、前半の大島のヘディングシュートなど、惜しい部分もあったので、もう少しコンディションが上がってくれば、開幕まであと2週間あるのでお互いの良さをもっと引き出せると思います。

Q.7: 今日の試合前の仕上がり具合と、あと、どの部分を上げて行きたいですか?
今日は富山からも観に来ていたので、全てを出すというのは当然できません。特にセットプレーとかはほとんどやってないので、残り2週間の中で、守備も攻撃もしっかり仕上げていきたいです。攻撃と守備のベースになる所をもう一度しっかりとやり直すということと、あとはコンディションですね。多少疲れも残っていると思うので、コンディションを整えて行きたいと思います。
pagetop