INFORMATION試合情報

2022明治安田生命J3リーグ第16節
ガイナーレ鳥取
VS
ギラヴァンツ北九州

2022.7.9SAT18:30

Axisバードスタジアム

AWAY

試合終了

ガイナーレ鳥取

ガイナーレ鳥取

-

前半

後半

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム
  • 入場者数
  • 天候/気温/湿度
  • 主審
  • 副審
  • 第四の審判員

MEMBERメンバー

REPORT試合経過

DATAデータ

COMMENT監督コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

[試合総括]
今日は環境的にすごく暑い中で、お互いに過酷な環境だったと思います。ゲームは立ち上がりから思った以上に間延びした状態になって、うちがカウンターに出て行けそうなシーンもあるんだけど、途中で取られると向こうのカウンターになるという少しオープンな展開が続きました。それで少し嫌な感じがしたというか、もう少しチーム全体がコンパクトの中でゲームをしたいというのは途中で感じました。その辺は選手に伝えながらゲームを進め、結局はカウンターで1点を取れたのでそこは良かったと思います。

後半に入ってチーム全体が攻守にコンパクトにプレーしようということで送り出しましたけど、相手が1点負けているということでかなり前がかりに来たところを受けるような展開になったとも思いますし、我々が意図的に攻撃に出られないシーンが多くなってしまい、その中でコーナーキックのセカンドボールから失点したという流れだったと思います。少し疲労が見えた選手もいたので5人の選手交代をうまく使いながら、チーム全体をフレッシュにしていき決勝点を取れたのはすごく良かったと思います。チーム全体がサブの選手も含めて繋がりながら1点を取り、同点に追いつかれたけれども勝ち越すところまで持っていくこういうゲームはなかなかなかったので、そういう意味では成長も見えたかなと思います。ゲームの内容としては私自身もそうだし、選手達もまだまだ改善の余地があると言うか、納得していない部分もありますので、こうやって勝った状態の中で改善できるというのは素晴らしいことではないかと選手達には話をしました。来週はホームで岐阜とのゲーム、前半戦最後ということで、自分達のゲームをして勝って、後期のリーグにつなげて逆襲していきたいと思います。

Q:後半はなかなかパスのテンポが上がらなかったように見えましたが?

A:前半からの疲労感が強かったような感じはしました。今日は実際には立ち上がりから重い感じがあって、少しゲームを進めるには難しいという感じはしました。もっとボールに対してサポートプレーヤーをしっかり作って前進したいというところが我々の狙いでしたけど、ちょっと重さがあったとは思っています。

Q:髙澤選手が終盤のチャンスをしっかりと決めました。

A:誰がということではなくてチーム全体として相手の守備をしっかり見ながらチャンスメイクをしていく。その中で髙澤のところでゴール前のチャンスを作れるシーンはある中で、決められる試合と決められない試合というのは当然あります。なかなか決められない試合もありましたけど、今日はチームのためにしっかり走りながら結果を出してくれたというのは私自身も嬉しく思うし、チームのために走る姿勢があるからああいう得点が生まれると思うので、そこを評価したいと思います。ただ髙澤が点を取ったんですけど、みんなで作り出した得点だと思うのでそういうことを誇らしく思います。

COMMENT選手コメント

PLAYER

加藤有輝Yuki KATO

18

Q:試合を振り返ってください。

A:チーム一丸となって戦えた試合だと思います。攻め込まれる時間もありましたけど、皆が体を張ってくれたから抑えられた部分もありましたし、失点のシーンは自分が防がないといけないシーンだったので、そこはまた練習からしっかり見つめ直してやっていきたいと思います。本当にフィールドの選手に助けられて勝つことができたので、感謝したいと思います。

Q:1年ぶりの出場となりましたが、違和感なくプレーしているように見えました。

A:リハビリの時から哲平さん(上杉GKコーチ)にも見てもらっていましたし、練習に合流してからも自分の中ではスムーズに入れていた感触もあったので、そこまで不安はなかったです。クロスのところは北九州のキーパーは4人全員とも強みの部分でもあるので、そこはファーストのプレーで出られたので自分も落ち着いてプレーできました。クロスの部分は北九州のキーパー陣全員が意識して強みの部分なので、しっかり判断できてやれたかなと思います。

Q:次は前半戦最後の試合となります。

A:試合には勝ちましたけど、自分が引き続き試合に出られるという保証はないですし、そこはトレーニングからしっかり切磋琢磨して、フィールドの選手ともしっかりコミュニケーションをとってやりたいです。この1勝でもう1回後半戦に向けて流れをつかむためにも、岐阜戦にしっかり勝って、まだみんな昇格は諦めていないので、そこに向けてしっかりやっていきたいと思います。

PLAYER

佐藤 亮Ryo SATO

18

Q:今日の試合を振り返ってください。

A:前節ホームで鹿児島とやって逆転負けしてしまったので、今回は何としても先制点を取って、その後追加点を奪って勝とうという話をしていた中で、先制点は上手く取れましたけど、なかなか追加点が取れず相手に押し込まれる時間が続き相手に1点取られてしまいました。ただ、今回はチームとしてなんとしても1点取って勝点3を拾って帰ろうという話をしていたので、その中で髙澤選手がああやって得点を取ってくれてチームに勝点3をもたらしてくれたので、本当に出ている11人と途中から出る選手、北九州で待ってくれている選手、サポーター、チームスタッフを含めて勝ち取った勝点3だったので、価値ある試合だったと思います。

Q:ゴールシーンですが、「(髙澤)優也」と何度も走りながら呼んでいる声が聞こえましたが、パスを出してくれということだったのでしょうか?

A:藤川選手からだと思うんですけど、髙澤選手にパスが出た時に多分誰も追いつけないくらいカウンターが速くて。自分も自陣のゴール前まで戻っていたので正直きついかなとは思ったんですけど、あそこで髙澤選手が自分でゴールに持っていくにしろ、やっぱり囮だったりとかは必要だと思いましたし、元々フォワードの選手なので逆サイドにスペースがあることも把握していました。あとは自分が日頃積み重ねている頑張る部分だったりとか得点への思いというものを、あそこで僕が行ったらもしかして得点につながるんじゃないかなという思いで。間に合わなくてもいいからとにかく声を出して全速力で走って行ったら髙澤選手が見てくれていたので、走って良かったと思いますし、半分以上はうまく合わせてくれた髙澤選手のゴールだったと思うので、髙澤選手に感謝しないといけないゴールだったと思います。

Q:後半はなかなかテンポが上がらなかったように見えました。

A:ここ最近先制点を取ることができているというのはポジティブな部分ではあるんですけど、その1点を守ろうという姿勢が前回も今回も相手を押し込ませてしまう部分に繋がってしまいました。1点取った後の戦い方はチームとしてぶらさずに、もう1点取りに行くんだという姿勢を見せながら自分達が後ろから繋げながらゴールに迫っていくことをやっていけたら、押し込まれる部分はもう少し減ったのかなと思うので、得点を取った後も落ち着いてボール回しをできればよかったというのは反省としてあります。

Q:次節が前半戦最後のゲームとなります。

A:やっぱり是が非でも勝点3を取ること。今年連勝は1回しかできていないですし、うまく波に乗り切れない試合が続いていた中で、次節ホームで戦うことができるので、サポーターの後押しを受けながら自分達が泥臭く後ろから繋ぐ、このチームのコンセプトとサッカーの基本の部分を照らし合わせながら勝点3だけを取りに行ければ後半戦にもつながります。自分達のサッカーは徐々に良くなってきているしチームとしてのまとまりも見えてきていますし、それを示すのは結果だけだと思うので、次節は結果だけを求めて頑張っていきたいと思います。

PLAYER

髙澤 優也Yuya TAKAZAWA

18

Q:今日の試合を振り返ってください。

A:先制点を取ってチームとしては良い流れで前半を終えることができました。ただ、その中で1点追いつかれてしまって、相手のペースになりがちかなと思いましたし、1失点目は自分のポジショニングのミスから失点してしまったので、仲間には「俺が取り返す」という風には言っていたので、それが結果につながって良かったと思います。

Q:ゴールシーンは髙澤選手の特徴でもあるヘディングでの得点となりました。

A:気持ち良かったですね。追いつかれて相手のムードになっている中、しかもサポーターの前で得点を取れたというのはすごく嬉しかったです。(ゴール後倒れこみながら叫んでいたのは)色々ありましたね(笑)。疲れももちろんありましたし、疲れプラス嬉しさというような感じです。

Q:次節は前半戦最後の試合となります。

A:J2復帰に向けて1試合1試合絶対に無駄にできないので、次の試合も勝ってホームでサポーターと喜び合えたらなと思います。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

HIGH LIGHTハイライト