INFORMATION試合情報

2022明治安田生命J3リーグ第12節
ギラヴァンツ北九州
VS
福島ユナイテッドFC

2022.6.12SUN14:00

ミクニワールドスタジアム北九州

HOME

試合終了

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

-

前半

後半

-

福島ユナイテッドFC

福島ユナイテッドFC

 

  • スタジアム
  • 入場者数
  • 天候/気温/湿度
  • 主審
  • 副審
  • 第四の審判員

MEMBERメンバー

REPORT試合経過

DATAデータ

COMMENT監督コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

[試合総括]
福島さんは現在5位の上位チームで、うちはなかなか勝てていない状況でしたが福島さんにチャレンジしていく、そういう精神で臨みました。少し早い時間に左サイドバックの裏に侵入されてクロスでやられたシーンは、少し戦術的に問題があったシーンで、改善していかないといけないと思っています。
攻撃に関して、前半は自分達が狙っていたスペースが取れそうで取れない状況が続いていて、例えば六平が右のスペースに流れ込んで藤谷がボールを入れるようなシーンがあったと思うんですけど、あの辺のスペースを取っていきたかったんですが、なかなか取れそうで取れないシーンが続きました。そこを改善すべく、後半はメンバーを少し変えてもう1度自分達がどこのスペースをとっていくかというのを確認しました。

守備に関しても相手は1-3-4-2-1でうちのシステムとはミスマッチ。ミスマッチはお互いにあるんですけど、少し変則的な形にして守備をするやり方にしました。前半の途中からそうしていたんですけど、その中で結構中盤で前向きで引っ掛けてカウンターになりそうなシーンもあったと思いますが、自分達がよかった時であればあそこから一気にカウンターに行けると思うんですけど、そこら辺が出せないのはもう一歩と言うか、もう少しトレーニングしていかないといけない部分です。
後半にもう1回取るべきスペースを皆で共有してプレーし、相手を押し込みながらコーナーキックで点を取れて、その後も中山が深い位置でスペースに入って他の選手が前向きでサポートしながらチャンスを作る、もしくは右サイドの佐藤のところに起点ができて、そこを追い越していく形からチャンスができる、あの辺は狙っていた形だったのでああいうところからもう1点取るような姿を次のゲームには見せられるように準備したいと思っています。
1-1なので残念な部分もありますけど、自分達が勝てていない中で勝点1を取り、攻守において少し自分達が良かった時の姿を取り戻しつつあるというところは前向きに捉えて、次も上位のいわきさんが相手なので、勝点3を取るべくもう1度準備したいと思っています。
いつもサポーターの方々には支えていただいて、本当に感謝しています。なかなかサポーターの方々に喜んで頂ける結果を出せずにやきもきさせてしまっていると思いますが、選手達は今日も諦めずに戦ってくれましたし、狙いを持ってやってくれています。日々のトレーニングにも真摯に取り組んでいますので、引き続きサポートしていただき、それに対して我々は結果を出してサポーターの方々と一緒に喜べるように準備をしていきたいと思っていますので、今後とも支えていただけるとありがたいです。

COMMENT選手コメント

PLAYER

藤谷 壮So FUJITANI

18

Q:試合を振り返って。

A:最近の試合の中では1番自分達がやりたいことができた試合かなと思ったので、少しですけど一歩良いサッカーに近づいたんじゃないかなと思います。個人としては、上がるタイミングと最後の質を高めていかないと得点できないと思うので、もう少しその点を前線の選手と練習で合わせていかなければと思います。相手に剥がせる選手がいて苦労したんですけど、(藤原)広太朗君もカバーしてくれましたし危ないシーンはそこまで多くなくいけたかなとは思うので、もうちょっと突き詰めて危ないシーンをもっと減らして失点ゼロで抑えていきたいです。

Q:次節に向けて

A:また1週間相手の戦術を全員で共有しながら、全員でしっかり頭に叩き込んで次の相手に臨みたいと思います。

PLAYER

佐藤 亮Ryo SATO

18

Q:試合の振り返り

A:勝てていない状況でもありますし、やっぱり勝ちたかった試合でした。自分達はまだまだできると思うし、まだまだやらなきゃいけないと思うし、1点取り返した後やその前にもチャンスはあったので、そういうところを追求していかないと、こういう試合で勝点3は取れないと思いました。

Q:得点シーンについて

A:練習では僕がターゲットになることはあまりなく、身長の高い選手にターゲットになってもらって自分は囮になる役割だったんですけど、あそこにスペースがあるのも自分の中で咄嗟に判断できましたし、マークも振り切ることができました。点を取りたいという気持ちもありましたし、うまく入っていけて合わせるだけだったので、決められてよかったです。
今年はサイドハーフをやらせていただくことが多い中で、アシストやゴールから遠ざかっていたので、今回こうして取れたのでこれをきっかけに自分が浮上していくきっかけになればいいし、自分がチームを浮上させる原動力になれればと思っています。このまま終わってしまっては意味がないですし、もっとチームを鼓舞しながら先頭に立って引っ張ってやっていきたいと思います。

Q:次節に向けて。

A:自分たちは戦術どうこうの前に闘う、走る、声を出すということを徹底しないと兆しは見えてこないと思います。例え勝てたとしてもそれは自信につながらないと思うので、サッカーのベースでもある闘う、走る、声を出すということをチームとして浸透させながら、その中で勝点3を拾う作業というのをしていくべきだと思います。また明日からチームに良い影響を与えられるようにやっていきたいと思います。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

HIGH LIGHTハイライト