ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2017明治安田生命J3リーグ
第7節

2017.5.7(日)

13:00KICK OFF

栃木県グリーンスタジアム

試合終了

栃木SC

栃木SC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  まず勝てなかったのは非常に残念だと思います。ただ最後まで選手達はハードワークをしてくれて前向きに戦ってくれた点は評価していますけども、選手達伝えたのは、ああいうゴール前のシーンで点が入らないっていうのは、最後は本当にチームとして勝ちたいのか、点を取りたいのかっていう、ゴールラインを割るか割らないかは気持ちの部分が足りなかったのかなということは伝えました。僕らは引き分けでOKではないので、勝っていかなきゃいけないので最後にそういうところを形としては見せなくてはいけないのではないかということを伝えました。ただこれは必ず次のホームゲームに繋がるゲームだと思いますし、次はしっかり結果に結び付けられるようにしていきたいなと思いました。

                   

                  Q:今気持ちの部分と言われましたが、一方でハーフタイムのコメントではテンポアップ、積極的に動かす、背後を取るといったコメントが出ていますが、もう少し多彩なパターンが出てこないかなという思いが見ている側としてはあるのですが監督はどうお考えでしょうか。

                  A:そういった狙いを持ってトレーニングをやって来たのですが、やっぱり栃木SCさんは守備の堅いチームですし、なかなか思い通りに動かなかったというのは事実だと思います。ただもう少し自分達の方で主導権を持ってスペースに抜け出すということをハーフタイムに伝えて、あとは両ワイドのポジションを従来のポジションに戻して、サイドバックのスペースのところに入って行こうという狙いを持って、少し前半と変えて入ったつもりなんですけど。今日はそういったところもテンポアップも含めて攻撃のスイッチが入りづらかったかなというのはあります。

                   

                  Q:5月はホームでの試合が2試合ありますが、サポーターに向けてチームのどういったところを見て欲しいというようなメッセージはありますか。

                  A:まずはやっぱり勝つ姿をファンの人達に見せたい。その中で今後、先に繋がるゲーム、一人一人のパフォーマンスを見てもらいたいなと思います。

                   

                  Q:守備の評価はいかがですか。

                  A:まず最初に私達が予想していたメンバーやシステムとはちょっと変わっていたので、ただ4-4-2の可能性も持ちながら準備はしてきたつもりですので、そういった意味では守備に関して言えば非常に集中して狙い通りできたかなというのはあります。

                  選手コメント

                  FW25 小松 塁 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:お互いにチャンスがあったんですけど、勝てた試合だったかなという印象です。

                   

                  Q:当然ゴールのラインを割ったかどうかという話になると思うんですが。

                  A:シュート打った瞬間にこぼれてくるかなという予測の中で、あの時は自分で足で行った方が反応が早かったと思ったので足で押し込もうとしたんですけど、キーパーも反応していたので、その後ゴールラインを割ったかなと自分では思ったんですけど、結果は割ってなかったのでそれはしょうがないと思います。

                   

                  Q:監督から気持ちだろうという強く言われたと聞いていますが。

                  A:強めに言われましたし、やっぱりゴールするかしないかという紙一重のところでは、そういう思いというか強い気持ちの方に傾くということだと思うので。どんな1点でも1点は1点なので、どっちかに転ぶというところを自分達の方に持ってくるということが大事だと思います。やっぱりそこで勝ち点を実際に取りこぼしている訳なので監督の言う通りじゃないかなと思います。

                   

                  Q:ゴールへの思いを聞かせてください。

                  A:やっぱりゴールは自分が欲していますし、結果は自分が自分で持ってくるしかないと思っていますし、コンディションはすごくいいと思っているので、いつも使ってくれてるのでなんとか結果で返したいなと思います。

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:試合の感想は

                  A:やはり勝ちきれなかったという印象ですね。立ち上がりからボールは持てていたと思いますし、その中で持たされている感じもありながら、なかなかいい形で自分もボールを引き出せなかったので、ゲームに上手く入れなかった感じもあります。チームとしてはチャンスもありながら勝ちきれなかったので、あと本当にちょっとのところですけど、そこがまた大きな課題でもあるかなと思います。

                   

                  Q:もう少し多彩な攻撃のパターンが欲しいという印象も見ている側にはありますがいかがですか。

                  A:ピッチの中でも試合前でもそうですけど、いろいろな話をしながら立ち上がりは特に狙うところをきちんと統一して狙ってやっていましたし、そこである程度主導権を握れたと思いますし、ある程度時間が経って自分達の時間帯になったときにどういう形でボールを動かしていくのがいいのかっていうのは話をしていて、後半いい形で何度かボールを運べたと思いますし、そういう時にもう少し決定的な場面を作り出せたらいいのかなと思います。

                  MF24 小野寺 達也 選手

                  Q:楽しめましたか?(※小野寺選手は2010年から2015年まで栃木所属)

                  A:楽しむというよりは、懐かしいという気持ちの方が強かったです。

                   

                  Q:ゲーム自体は4-4-2同士で小野寺選手がパスを散らしたり、上手くやれていたのかなと思いましたがいかがですか。

                  A:前半にチャンスをもっと多く作りたかったんですけど、前半は相手も足が動くし、後半はもっとスペースが生まれてたりしたので、でもその中でも前半にもっとチャンスを作れるようにやっていきたいです。

                   

                  Q:後半はお互いにチャンスがありましたが、あの時間帯のチームの狙い等はどうだったのでしょうか。

                  A:ディフェンスラインにボランチとか、特に僕とかはとりあえず先にやられないようにっていうポジショニングと、攻めてる時のリスク管理、ちょっと1個落ちた位置の選手とかを僕個人としては気にしてて、その中で1点取ることができればなという感じだったんですけど取れずに残念です。

                   

                  Q:今日は守備面では栃木がカウンターで攻めてくる中でゴール前で絞る意識が高く見えました。それは今までの試合と比べるといかがですか。

                  A:今までの試合よりもそういう部分では良くなっているので。

                   

                  Q:そこは結構意識しましたか。

                  A:いや、毎回そうやろうと思ってるんですけど。やられてたので、そこが改善できたらなと思います。

                   

                  Q:0-0のドローという結果はどういう風にとらえていますか。

                  A:お互いチャンスがあったし、とりあえず得点を1点取って勝ちたかったです。

                   

                  Q:栃木と優勝争いをすると思っていますので。

                  A:お互い上がることができれば理想だと思うので。そうなることを願っています。

                  DF3 福森 健太 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:勝ちきりたかったですね、というのは率直な感想です。チームとしては自分達でボールを持ってチャンスを作り出せていたと思うんですけど、できなかったところはゴールを決めきるところですかね。やっぱり僕はいいボールを供給できるように、普段から練習しているんですけど、それを今日は発揮できなかったのでまた練習して次の試合で決定的なボールを送れるようにしたいと思います。

                   

                  A:次のホームゲームに向けて意気込みをお願いします。

                  Q:チームとしても個人としても良い準備をしてベストなプレーができるように1週間過ごしていきたいと思います。

                  GK21 高橋 拓也 選手

                  このようなシチュエーションで出場する機会はなかったのですが、それでもしっかりと入れたと思います。ベンチからも試合は見ていましたし、途中、非常にオープンな展開になっていたので、その点も対応できるように気を付けながら入りました。フィードの部分では自分の特徴でもあるスローイングを生かして、カウンターをしっかり狙っていくことを意識していました。次はホームゲームですし、勝点3をしっかり取れるように、全員でまた一週間いい準備をしていきたいと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop